代表のプロフィール

簡単な自己紹介

 

 

はじめまして、新井と申します。
Web本舗の代表を務めています。

 

 

経歴としては下記のとおりです。

 

神戸大学法学部⇒P&G社でマーケティングのインターンを経験⇒東証一部上場企業(売上4000億)で経営管理・新規事業企画・マーケティング戦略に携わる⇒Webマーケティングを学ぶ⇒Webマーケティングコンサルとして独立開業⇒現在に至る。

 

 

詳細経歴

 

下記のとおりです。

 

2014年
神戸大学法学部に入学

2016年
P&Gジャパン社にて、マーケティングのインターンシップに参加
(選考難易度は倍率1万倍前後)

2014年
神戸大学法学部に入学。
在学中にwebマーケティング関連事業を立ち上げる。

2017年
神戸大学法学部を卒業。

2017年
東証一部上場企業 (売上規模4000億円程度)に入社。
経営企画部に配属。主に海外及び国内の販売会社の管理に携わる。

2018年
事業戦略部に配属。新規事業の立ち上げ、マーケティング戦略立案、海外買収先会社の収益改善に携わる。

2019年
Webマーケティング・コンサルタントとして独立。

現在に至る。

 

 

資格/スキルなど

法律の基礎的な知識があります。条文の法的解釈、判例の読解が可能です。法曹関係者の友人が多くいます。具体的には、裁判官・弁護士・検察官・裁判所事務官などです。

 

 

 

英語での実務経験があります。ビジネス英語なら「話す・書く・聞く」がひと通り可能です。「英語が苦手だから、新事業に着手できない」「ある事柄について、最新の海外情報を入手したい」といったニーズにもお答えします。お気軽にご相談ください。目安として、TOEICは800点を取得済です。

 

 

お仕事のご依頼について

 

下記の3つのプランをご用意しております。お気軽にご相談ください。

 

⑴無料でWebサイト作成プラン
⑵SNSプラン
⑶新規事業立案プラン

 

 

順にご紹介します。

 

⑴無料でWebサイト作成プラン

初期費用無料で「売上があがる」Webサイトを作ります。

 

✔ご提供するもの
・独自ドメインの取得代行
・サーバーの契約代行
・WordPressサイトの作成
・SEO最適化
・サイト高速化
・下記5ページを作成
⑴トップページ
⑵事業紹介ページ
⑶採用ページ
⑷お問合せページ
⑸プライバシーポリシー

 

✔料金
初期費用は完全無料です。

管理費用が下記の通り発生します。
スタートプラン:毎月7800円(税別)
ベーシックプラン:毎月9800円(税別)
プレミアムプラン:毎月12800円(税別)

 

✔受注実績
嵐山一級建築士事務所様
「嵐山 一級建築士」という検索ワードで「検索結果1位」です。

 

 

詳細は下のリンクよりどうぞ。

 

⑵SNSプラン

SNSを用いた「売上の最大化」を実現します。

 

✔ご提供するもの
・SNSのアカウント開設
・SNSの運用方法のマニュアル
・SNSとWebサイトの連携設定
・プロフィールサイトの作成
・「Webサイト更新のSNS自動投稿システム」の導入

 

✔費用
初期費用:無料
管理費用:毎月3000円(税別)

 

✔手順
⑴メールでお問合せ頂きます。
⑵メールにてご要望をヒアリングいたします。
⑵お受けする場合、契約書をお送りします。
⑶契約書にご記入のうえ、ご返信ください。
⑷施策を実行し、ご報告します。
⑸料金のお支払いをお願いします。
⑹お支払いが確認され次第、SNSアカウント情報をお送りします。

 

 

 

 

⑶新規事業立案プラン

 

10年後を見越した「新規事業」をご提案します。

 

✔ご提供するもの
新規事業の立案
・現状の分析
・目標の設定
・戦略の策定

 

✔手順
⑴メールでお問合せ頂きます。
⑵メールにてご要望をヒアリングいたします。
⑶お受けする場合、契約書(秘密保持契約含む)をお送りします。
⑷契約書にご記入・捺印のうえ、ご返信ください。
⑸実際にご訪問させていただき、現状を分析し、ご報告します。
⑹このまま進めてもいい場合は、料金のお支払いをお願いします。
⑺お支払いが確認され次第、新規事業を提案させて頂きます。

 

費用:50万円~

 

※案件の難易度、工数、調査費用によって変動いたします。
※長期の実行支援が必要な場合、別途の定期契約を結ばせていただきます。

 

 

 

お仕事のご依頼される際の注意点

 

下記の通り、ご承知おきください。

 

✔反社会的勢力とは、一切の取引をお断りします。
✔不当要求、不法行為、犯罪行為(料金の未払い含む)に対しては、警察に通報のうえ、法的措置を取ります。

 

 

お仕事のご依頼は、下の問い合わせフォームからお願いいたします。
https://web-honpo.com/inquery/

 

 

生い立ち

 

 

情報価値は低いですが、生い立ちを記させていただきます。

 

 

⑴起業家の息子に生まれて

私の父は起業家です。私が10歳のころ、すでに関西初のビデオレンタルビデオ店を起業していました。まだ日本でレンタルビデオが「うさんくさい」「ヤクザのする商売だ」と嫌煙される中、父はビジネスチャンスを見出しました。

 

 

なけなしの資本金を入れて、お店を開業。はじめは誰も来ませんでした。しかし「ホームシアター」「自宅で映画が楽しめます」といったキャッチコピーを打ち出し、粘り強い広告宣伝を行った結果、徐々にお客さんが来るようになりました。

 

 

ある日、突然父にお店に呼ばれました。行ってみると、物凄い数のお客さんがお店にいました。目をキラキラさせながら、映画を借りていく人たち。今でも覚えています。

 

 

その時、子供ながらに思いました。「父は人に夢を与えているんだ」ということを。名作の映画が家で楽しめる、今では当たり前かもしれません。しかし、その当時はこれほどの贅沢はありませんでした。

 

 

そして、なんと2年で年商10億円を達成しました。その後も複数の事業を立ち上げ、現在は60歳を迎えました。しかし、今でも現役バリバリです。

 

 

私は、そんな父の背中を見て育ちました。沢山のお金を稼ぐ父。しかし、その裏側には多くの困難がありました。資金繰りに悩まされ、従業員に売上を持ち逃げされ、共同経営者に裏切られたことは2度や3度ではありません。しかし、父は何度でも立ち上がりました。

 

 

いつしか、私も「父のような起業家になりたい」と強く望むようになりました。

 

 

⑵マーケティングとの出会い

神戸大学法学部に入った私は、正直退屈していました。なぜなら、法律学は「すでに決められたルールを守る学問」だからです。しかし、私が求めていたのは「ルールの枠組みを壊して、新しい価値を生み出すこと」です。

 

「じゃあなぜ法学部に入ったんだ」と聞かれると、当時は「ビジネスをする前に社会のルールを知っておくべき。法律を体系的に学ぶのは悪くないはず。」と考えていました。半分正解ですが、経営学部に入った方が良かったかもしれません。

 

そんな中、大学3回生の夏から就職活動を始めました。同級生が外資系金融や外資系コンサルに内定を決める中、「もっと面白い会社が見たい」と感じていました。

 

そんな時、P&Gジャパンに出会いました。P&Gと言えば、世界最強のマーケティングカンパニーです。実際、海外MBAや超一流企業の研修で、P&Gの事例が取り上げられているくらいです。マーケティングで最強の会社、それがP&Gです。

 

「面白そうだ」と感じた私は、P&G社のインターンシップに応募しました。選考は極めて難関でした。日本でもトップクラスの大学生しか参加できないばかりか、選考の一部が英語で行われるため、倍率は1000倍を超えました。

 

そんな中、私はなんとか選考に通過することができました。「秘密保持契約」を書かされているため、詳細は書けません。しかし、凄まじいレベルの高さだったのを覚えています。周りの学歴は東大生、京大生、帰国子女。神戸大学生は私1人でした。超優秀なライバルたちに揉まれながら、世界No1のマーケティング戦略を学ぶことができました。

 

⑶心の師匠との出会い

「もっとマーケティングについて学びたい」と感じた私は、寝る間も惜しんで書籍を読み漁りました。経営学部のマーケティングに関する講義に忍び込むこともありました。最終的に、1人の人物に行きつきました。名前は「森岡毅」先生。私の心の師匠です。

 

 

 

 

 

森岡先生は、私と同じ神戸大学出身です。新卒でP&Gジャパンに入社。その後複数のブランドを経営した後、USJ社の幹部としてヘッドハンティングされました。今でこそテーマパーク界の雄として名高いUSJですが、当時は大赤字で倒産寸前でした。

 

 

そんな中、USJをV字回復させた伝説のマーケターがいました。そう。そのマーケターこそが森岡先生なのです。少ない予算の中で、次々と革新的なアイデアを実行し、そのすべてを成功に導いてこられました。
(参考:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/14/news019.html

 

 

ユニバーサル・ワンダーランドウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターなどなど、
は伝説的なアイデアのうちの「ごく一部」に過ぎません。

 

 

 

結果、USJは関西で最強のテーマパークに育ちました。業績は強烈なV字回復、来場者数は700万人から1460万人まで急成長しました。その後、森岡先生は、株式会社刀という「マーケティングコンサル会社」を起業され、日本の未来を担うプロジェクトに参加されています。

 

 

参考書籍:
確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド

 

 

⑷会社での経験

新卒の就活では複数の大手企業から内定を頂きました。そんな中、最も伸びている会社に入社しました。この会社では大きく3つの仕事を経験しました。経営企画、新規事業企画、マーケティング戦略です。

 

 

経営企画は、「会社のお金に関する動きを把握し、経営層に報告する仕事」です。PL、BS、CFを観察し、会社の血液であるお金が正しく回っているか、常に把握しておきます。他にも、商品セグメント毎に在庫が溜まってないか、売掛債権の支払い遅滞がないか、海外販売会社の経営状態は悪化していないか、といった要素を分析していました。

 

 

新規事業企画は、「会社の将来を担う新規事業を立ち上げる仕事」です。新規事業と聞くと「ふわっ」としたイメージかもしれません。しかし、やることは決まっています。まずは市場分析をします。そして、顧客分析です。次に、競合分析をします。

 

 

これを受けて、「新規事業の仮説」を作ります。この仮説を、実際に検証して磨きをかけていく必要があるのです。検証には調査会社への調査依頼や、実際にエンドユーザーへのインタビューも行います。「仮説が正しそうだ」となれば、ようやく開発に入ります。

 

 

同時に、商品のサポートサービスを作る必要があります。しかし、リソースは有限です。予算、開発者の人員、工場のキャパシティなどなど、考えるべき要素は無数にあります。これらを繰り返しながら、新規事業を生み出していきます。

 

 

マーケティング戦略は、「自社商品が自然と売れるような仕組みを作ること」です。具体的には、自社商品のブランド強化、Webサイトの制作、展示会の運営、既存商品の販売強化などです。

 

 

特に、「売れなくなった商品をどうやってテコ入れするか」は重要です。まずは売れない原因を分析します。そもそも時流に合わない、顧客が求めてない場合はテコ入れは不可能です。

 

 

しかし、「あるソフトウェアと抱き合わせれば付加価値が生まれる」といった場合があります。こういった場合、抱き合わせ販売のプロジェクトを立ち上げ、営業部と組んで売り込んでいくこととなります。

 

⑸「Webマーケティングで中小企業を助けたい」という思いから独立

現在、日本の会社のほとんど多くが中小企業です。しかし、業績はとても順調とは言えません。なぜ中小企業は元気がないのでしょうか。内需が減っているから?後継者がいないから?様々な答えが返ってきそうです。しかし、私は1つの確かな答えを持っています。

 

 

それは「Webマーケティングができていない事」です。「Webマーケティングとは何か?」といいますと、「Webを使って売上をアップさせる施策」を指します。例えば、下は全てWebマーケティングです。

 

■Webサイト施策
・Webサイト
・社長ブログ
・オウンドメディア

■メール施策
・メルマガ

■SNS
・Twitter
・Facebook
・Instgram
・Tiktok

■動画
・Youtube

 

「よくわからない・・・」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし、ご安心ください。

 

 

 

Web本舗がついています。

 

 

 


我々は関西最強のWebマーケティングカンパニーなのです。

 

 

 


お客様の売上をアップさせる「最高のご提案」をお約束いたします。

 

 

 

 

Web本舗と共に、売上をアップさせませんか?

 

 

 

無料お問合せは、下のリンクからお待ちしております。

 

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ