SEO対策

no image

2021/9/12

【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法

SEO対策とは何か Google検索エンジンで自社サイトを上位表示させる技術です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します   SEO対策はなぜ必要なのか 企業が売上を継続的に伸ばすために必要です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO会社の具体例はなにか SEO対策が得意な会社はこちらです。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策の最新状況はどんなものなのか 2020年現在、最新のSEO対策について、海外事例も踏まえて解説します。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策では具体的に何をやるのか 順番に①目標設定②コンテンツ作成③内部対策④外部対策⑤効果測定⑥リライト   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する     Google検索エンジン以外のSEO対策とは何か ECサイト(楽天/Amazon)、SNSなど   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策の最新の成功事例はどんなものか 具体的な成功事例を紹介しています。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策で失敗する理由は何か 結論は3つです。   ❶素人が自分でやるから ❷粗悪な業者に頼むから ❸結果が出るまでに諦めるから   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策と他の施策の違いとは 広告より低予算で長期的に売り上げが伸びる上に、会社の資産になるからです。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策が向いてるのはこんな場合 本気で売上を伸ばしたい方に向いています。時間はかかりますが着実に売上を伸ばせます。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策はいくらで実現できるのか 月額契約ですと、最低月30万円~が目安です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】   SEO対策の結果はいつ出るのか Google検索エンジンが評価するまでに最短でも3か月、遅いと半年かかります。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策ならWeb本舗に今すぐ相談してください   SEO対策でお悩みの場合は、下のリンクから詳細をご確認下さい。Web本舗が責任をもってご対応させて頂きます。 Web本舗のSEOコンサルティングプランを解説します     また、今すぐ始められるSEO対策サービス「パワーリンク」も、ぜひご確認ください。初期費用無料でいつでも解約OKです。下のバナーより詳細をご確認ください。 初期費用無料のSEO対策サービスを見てみる

no image

2021/9/2

中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します

    アクセス中古ドメイン 高級で品質の高いドメインをたくさん扱う業者です。圧倒的に予算をかけてでも、最高のドメインを取得したい方におすすめです。ただし、個人や予算が少なめの会社様向きではありません。コスパはやや悪いと言わざるを得ません。 中古ドメイン本舗 日本最強水準のコスパを誇る業者です。とにかくお手軽価格でいいドメインが欲しい場合はおすすめです。 ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメイン販売屋さん 昔からある業者です。ドメイン数は多いものの、ドメイン名が隠されていたり、初心者向けとは言い難いです。また、ドメインの評価基準があいまいで、不安要素があります。サテライトサイト向けに大量のドメインを仕入れたい場合にはおすすめかもしれません。  

no image

2021/9/2

中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します

順に解説します。 ネームサーバーを変更する 目的のサイトやページを表示するために、ネームサーバーを設定し直しましょう。   何もしなくてもドメイン名で検索すると、以前のサイトが表示される場合があります。この場合も、必ずネームサーバーを設定し直してください。 サーチコンソールで手動ペナルティの確認 中古ドメインの場合は、取得したらすぐにサーチコンソールに登録して手動ペナルティの有無を確認しましょう。弊社は、仕入れの際に手動ペナルティを確認してます。しかし、中にはチェックが漏れているものもないとは言い切れません。   利用直後やサイトとして運用開始していないのに手動ペナルティが確認された場合は、ドメイン納品時点より5日以内にご連絡頂ければ返品いたします。   この際に、手動ペナルティの警告が出ている証明としてキャプチャ画像が必要です。必ずご用意ください。

no image

2021/9/2

中古ドメインの効果はあるのか検証してみた

中古ドメイン 探す

2021/8/24

【コスパ最強】中古ドメインを探して、格安で買う方法とは

中古ドメインを探したい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの探し方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに見つけることができ、サイト運営に役立ちますよ。 中古ドメインの探し方はこれです<おすすめショップを大公開> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 そもそも中古ドメインの効果はあるのか?検証してみた 結論として、中古ドメインには高いSEO効果があります。 こちらについて、詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインの効果はあるのか検証してみた 中古ドメインの手動ペナルティの調べ方とは 手動ペナルティとは、Googleスタッフが目視で確認し、判定して与えるペナルティのことを呼びます。悪質なスパム行為を行っているサイトが対象で、一度受けてしまうと、なかなか解除が難しいのが実際のところです。 中古ドメインも例外ではなく、前の使用者がスパムをしたせいでい、手動ペナルティを受けている場合があります。このとき、ドメインを取得する前に調査することは不可能です。取得したあとで、Google Search Consoleに登録することでペナルティの有無を調査できます。 中古ドメインを購入した後に何をすべきなのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   中古ドメインの『当たり』の見分け方とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。 中古ドメインの選び方とは 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 目視チェックは外せません かつては私も、スコアが優秀な中古ドメインを買ったら手動ペナルティの「悪質なスパム」を受けていた経験があります。プロの我々でも油断して調査項目をゆるめると、ひどいドメインを引いてしまいます。ましてや、初心者の方にとっては、中古ドメインを自分で仕入れるのは不可能なのです。私達のようなプロにまるごとお任せください。   中古ドメイン本舗のご利用を検討ください 今回は「中古ドメインの探し方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 当店は、品質にこだわった中古ドメインを取り扱っています。 ラインナップする前に、商品はすべて手動ペナルティの確認を行っています。 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す   Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

SEO対策業者の見積もり内容とは?依頼時の5つの注意点も解説!

2021/8/17

SEO対策業者の見積もり内容とは?依頼時の5つの注意点も解説!

Web集客を行う際に必ず必要になるSEO対策ですが、自社にノウハウがない場合はSEO対策業者に依頼することが多いです。 しかし、 「SEO対策に見積もりを依頼する際の注意点ってなに?」 「SEO対策業者はどういった料金形態なの?」 「SEO対策業者に依頼する流れを知りたい」 といった疑問が出てくるでしょう。   そこで本記事では、SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことや、SEO対策会社の料金体系、依頼する際の注意点を解説していきます。 SEO対策とはなにか   Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「SEO対策を外注する際の見積り」について解説します。 「そもそもSEO対策とはなにか」については下の記事をご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します   SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきこと SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことは、大きく分けて以下の5つです。 効果が出るまでに最短で3か月かかる SEO対策業者に依頼しても必ず結果が出るわけではない 上位表示を100%保証できる業者は1社も無い事を認識する ペナルティになる可能性がある事を認識する アルゴリズム変動の影響を受ける可能性を認識する 順に解説していきます。 効果が出るまでに最短で3か月かかる SEO対策を依頼したからといって、すぐに効果が出るわけではありません。SEOは依頼してから最短でも3ヶ月間は、効果が現れる可能性が低く、早くても2週間程度は時間がかかります。 また、SEO対策を行なってから数日間で成果が出ると言っている業者は詐欺の可能性が高いため、騙されないよう注意しましょう。   そのため、最初の数ヶ月間は成果が出ない場合でも、コツコツとコンテンツを公開していく必要があります。 SEO対策業者に依頼しても必ず結果が出るわけではない SEO対策は専門業者に依頼したとしても、必ず結果が出るわけではありません。悪質な業者でない場合は、結果を出せるように業者もSEO対策を行いますが、結果として狙ったキーワードで上位表示を獲得できなかった例も数多く存在します。   また、SEO対策を依頼して効果がない場合は、依頼者側にSEOに関する知識がないことが多いです。   そのため、依頼者も必要最低限SEOに関する知識を身につけておくことで、打ち合わせの際にスムーズに課題を解決できるでしょう。 上位表示を100%保証できる業者は1社も無い事を認識する SEO対策は検索エンジンの判断基準で結果が表示されるため、上位表示を100%保証できる業者は1社も存在していません。どれだけ質の良いコンテンツを作成しても、上位表示が獲得できない場合もあるため、必ず依頼前に100%ではないことを認識しておきましょう。   SEO対策を依頼したら100%上位表示できる認識でいると、結果が出ない場合に業者とトラブルが発生する可能性がありますので注意が必要です。 ペナルティになる可能性がある事を認識する 依頼業者が誤ったSEO対策を続けている場合、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。万が一サイトがペナルティを受けてしまった場合、著しくコンテンツの検索順位が降下してしまい、インデックス削除になる場合があります。   そのため、SEO対策業者に任せっきりになってしまうと、ペナルティになる可能性があることを認識しておきましょう。 アルゴリズム変動の影響を受ける可能性を認識する 検索エンジンにはアルゴリズムが存在しており、大きなアップデートが行われると検索順位に大きな影響を与えます。アルゴリズム変動が起きると、昨日まで1ページ目に表示されていなかったサイトが上位表示されることがありますが、上位表示されていたサイトが1ページ目から消えてしまう可能もあります。   そのため、検索エンジンにはアルゴリズム変動の影響を受ける可能性があることを認識しておきましょう。 SEO対策会社の料金形態 SEO対策会社の料金形態は、大きく分けて以下の3種類です。 月額固定型(推奨) 成果報酬型・キーワード課金型(非推奨) 払いきり型(推奨) 順に解説していきます。 月額固定型(推奨) 月額固定型とは、半年〜2年程度の契約期間を設けて継続的にSEO対策を行なっていく料金体系です。クライアントのビジネスモデルや方向性を定期的に確認しながらSEO対策を行うため、長期的なスパンで対策を施すSEO対策と相性が良いといえるでしょう。   また、様々な視点でSEO対策を行うため、順位変動のリスクが少ない点もメリットです。   しかし、SEO対策の成果が出ていない場合でも、毎月費用を支払う必要があります。上記でも解説している通り、SEO対策は必ず結果出るわけではありませんので、結果が出ないリスクも踏まえて依頼しましょう。 成果報酬型・キーワード課金型(非推奨) 成果報酬型・キーワード課金型とは、依頼したキーワードが上位表示された際のみ料金が発生する場合や対策するキーワードによって費用が異なる料金形態です。上位表示されなければ依頼費用は安くするため、費用面でのリスクが少ない点がメリットです。   しかし、一時的に上位表示されてしまい、すぐに検索順位が下がってしまう場合や大量のキーワードを対策して依頼費用が高額になるケースがあります。また、競合が多く上位表示が狙えないキーワードに関しては、そもそも対策してもらえない可能性があるため、施策内容や対策費用の確認が必要です。 払いきり型(推奨) 払いきり型とは、サイト構成やコンテンツ内容、内部対策を一つのセットとして提供する料金形態です。自社にSEO対策に関するノウハウが全くない場合は、上位表示に必要なことを全て提供してくれます。   また、依頼費用も払いきりのため、依頼しない限り追加費用がかからない点がメリットです。   しかし、自社内にSEO対策のノウハウがある場合は、自社で対応した方がコストを抑えられる可能性があります。 SEO対策の見積もりのカラクリ SEO対策には項目としての費用は定められていますが、細かい部分の費用は見積もりに表示されていないケースが多いです。   続いては、SEO対策の見積もりのカラクリについて解説していきます。   基本的には「原価=人件費」 SEO対策費用の原価は、施策を実行するスタッフの人件費です。SEO対策の根幹として、業者スタッフがクライアントの意図に沿ったキーワードを洗い出し、状況に応じてSEO対策を実行していきます。   そのため、キーワード選定やコンテンツ制作など、業者スタッフの時間と労力がSEO費用の原価になるのです。また、スタッフの人件費以外にも、SEO対策ツール利用料金やクライアントに提出する資料の作成費用もSEO対策費用に含まれています。 コンテンツ制作を依頼すると金額が上がる コンテンツマーケティングなどのSEO対策を行う場合、全体の金額が上がります。通常、コンテンツ制作はSEO対策業者のスタッフが行うのではなく、外部委託したライターが執筆します。   そのため、執筆費用に加えて、SEO対策スタッフのディレクタフィーも上乗せされて全体的な金額が上がるのです。また、コンテンツ制作を依頼するジャンルや記事の本数によっても、金額は変動しますので、見積もり依頼時に1本あたりの単価や費用が変動する原因を確認しておきましょう。 SEO対策業者の見積もり SEO対策業者の見積もり内容は、以下の3つに分かれます。 初期費用 施策運用費用 コンテンツ制作費用 順に解説していきます。 初期費用 初期費用とは、クライアントが運営しているWebサイトの現状確認やターゲットとするキーワード選定・被リンク調査など、施策実行前の分析費用です。SEO対策は事前の準備もなく、適当に設定したキーワードを狙うことはできません。   SEO対策ツールを活用してクライアントのサイトを分析し、抱えている課題やニーズに適したキーワードを選定することで、成果が出る確率を上げることができます。 施策運用費用 施策運用費用とは、サイト全体の分析が完了した後に展開する施策を運用する費用です。既存コンテンツの改善や具体的なSEO対策、ディレクション費は施策運用費用に含まれます。   サイト調査が完了した後に、クライアントとコンサルタントで打ち合わせを行い、サイトに適した施策を実行していきます。   その中でも代表的な施策として「内部SEO対策」と「外部SEO対策」です。   内部SEO対策では、コンテンツへの内部リンク設定やSSL化・サイト高速化が対策施策です。また、外部SEO対策では、被リンクの獲得やサイテーション・SNSを活用した施策が存在しています。   依頼する施策よって、具体的な費用は変動していくため、打ち合わせ時に費用の確認が必要です。 コンテンツ制作費用 コンテンツ制作費用は、新たに設定したキーワードを獲得するために新規でコンテンツを制作する際に発生する費用です。新規コンテンツの企画や構成作成・執筆費がコンテンツ制作費用に含まれており、ジャンルや文字数、依頼範囲によって費用は異なります。   また、SEOを向上させるためには、良質なコンテンツを提供していく必要があるため、コンテンツ制作は最も重要な施策と言えるでしょう。 SEO対策の外注費用について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】 SEO対策業者に依頼する流れ SEO対策業者に依頼する流れは、以下4つの通りです。 依頼するキーワードを決める 予算を決める キーワードトレンドを把握する 業者の料金形式と評判を調べてから依頼する 順に解説していきます。 依頼するキーワードを決める SEO対策業者に依頼する前に、依頼するキーワードを決める必要があります。   キーワードの決め方は、以下3つの通りです。 キーワードの性質を検討する 単体のビッグキーワード狙いか、ロングテールか ビッグ狙いかロングテールかの判断基準 順に解説していきます。 キーワードの性質を検討する キーワードの性質とは、検索ボリュームの大きさと競合の数によって以下3つに分類されます。 ビックキーワード ミドルキーワード スモールキーワード SEO対策を依頼する上で、自社に必要なキーワードの性質が上記3つのどれに当てはまるのか決めておきましょう。 単体のビッグキーワード狙いか、ロングテールか キーワードを決める際に、検索ボリュームと競合が多いビックキーワードを狙うのか、ミドルとスモールキーワードを一括りにして数を増やすロングテールSEOにするのか決めておきましょう。単体のビックキーワードを狙ったとしても、業種や商材に適していなければ意味がありません。   そのため、より自社に適したキーワードを洗い出したロングテールSEOの方が、成果の出るケースが存在します。 ビッグ狙いかロングテールかの判断基準 ビックキーワードを狙うのか、ロングテールにするかの判断基準は、商材に対してのキーワードの多様性で決まります。   例えば、ビックキーワードを狙うのであれば「火災保険 申請」などのキーワードが適していますが、「脱毛 おすすめ」などは、キーワードが漠然としているため向いていません。また、ロングテールであれば1つのキーワードに対して、効果が見込める複数のキーワードを洗い出して、ヒットさせられます。   そのため、キーワードを決める際は、SEO対策の目的や全体的な戦略に応じて組み立ていきましょう。 予算を決める SEO対策業者へ依頼する前に、予算を決めていきましょう。予算の決定方法は、以下2つです。 PPC広告との相場比較 PPC広告の推奨入札価格の調べ方 順に解説していきます。 PPC広告との相場比較 SEO対策には、基本的な費用設定があるのみで、公開されている相場や統一された費用基準が存在しません。   そのため、「Google Adwordsキーワードプランナー」を活用してPPC広告との相場比較を行い、依頼予定のキーワードでの予算感を把握していきましょう。また、PPC広告の費用を定めているのは市場のため、費用を客観的に判断できます。 PPC広告の推奨入札価格の調べ方 Google Adwords内のキーワードプランナーから対象のキーワードを入力しましょう。   対象キーワードのワンクリックあたりの最低入札価格とキーワードに対する推奨入札価格を確認可能です。 キーワードのトレンドを把握する ファッションや言葉と同じように、キーワードにもトレンドが存在しています。   そのため、以下3つの手順でキーワードのトレンドを把握しましょう。 キーワードのトレンドを知る。 Googleトレンドを使って調べる Googleトレンドの使い方 順に解説していきます。 キーワードのトレンドを知る。 前述の通り、キーワードにもトレンドがあるため、SEO対策業者に依頼したキーワードがトレンド上昇傾向のトレンドだった場合、数年後には表示されなくなる可能性があります。   そのため、事前にターゲットキーワードが上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのか確認しておきましょう。 Googleトレンドを使って調べる キーワードのトレンドを把握する際は、Googleトレンドを使って調べましょう。   Googleトレンドは専用のアカウントを取得する必要なく、Googleアカウントさへ取得していれば誰でも無料で使用できます。 Googleトレンドの使い方 Googleトレンドトレンドを開いた後は、以下5項目を選択します。 国 地域 カテゴリ 期間 検索方法 上記項目を少しずつ変更することで、狙っているキーワードが上昇傾向のトレンドなのか調べることができます。 業者の料金形式と評判を調べてから依頼する キーワードの性質や予算・トレンドが把握できた後は、業者の料金形式と評判を調べてから依頼しましょう。   例えば、ロングテールSEO対策を依頼したい場合は、月額固定型の料金形式が有効です。また、依頼予定のSEO対策業者が、過去にペナルティを起こしていないかも確認しておきましょう。 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 SEO対策業者の施策を紹介します SEO対策業者が実行する施策は、大きく分けて以下の4つです。 外部対策 内部対策 コンテンツSEO 「ブラックハット」と「ホワイトハット」 順に解説していきます。 外部対策 外部対策とは、別サイトから被リンクを獲得してSEO対策を行う施策です。被リンクとは他のサイトからリンクを貼られている状態のことを指しており、コンテンツの質を表す指標の一つとして、被リンクを多く獲得していれば検索エンジンから良質なコンテンツとして評価されます。   しかし、自作自演で被リンクを獲得、販売されているリンクを活用した場合は、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため注意しましょう。   具体的なSEO対策について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】これで安心!SEO対策チェックリストまとめ【完全版】 内部対策 内部対策とは、Webサイト内のソースコードを最適化する施策です。代表的な内部対策は、ディスクリプションやH1・H2タグの適切な配置、内部リンクを設定などです。   内部対策を行なっておくことで、クローラーからインデックスされやすいサイトを構築できます。 コンテンツSEO コンテンツSEOとは、有益なコンテンツをサイト上に掲載することを指します。どれだけ内部対策・外部対策を行なっていても、検索エンジンを利用しているユーザーに有益でないコンテンツを掲載していては、上位表示は獲得できません。   ただし、質の悪いコンテンツを複数掲載したからといって、検索順位が向上するわけではありません。   そのため、ユーザーにとって有益な質の高いコンテンツページを量産することが非常に重要といえるでしょう。 「ブラックハット」と「ホワイトハット」 SEO対策には「ブラックハット」と「ホワイトハット」と呼ばれる施策が存在します。ブラックハットは、被リンクの購入や検索エンジンが提示しているガイドライン違反ギリギリの強引な手法のことです。   また、ホワイトハットとは、ユーザー目線の良質なコンテンツをじっくりと掲載していく手法を指します。ブラックハットを行なっている業者は、発覚次第検索エンジンからペナルティを受けているため注意が必要です。   そのため、依頼する際はホワイトハックでSEO対策を行なっている業者を選びましょう。 SEO対策を依頼する際の5つの注意点 SEO対策を依頼する際の注意点は、大きく分けて以下の5つです。 SEO対策費が安すぎる場合は注意 見積書以外も確認する これまでの実績内容と具体的な施策を聞く SEO対策業者によって手法が大きく異なる 順に解説していきます。 注意点①:SEO対策費が安すぎる場合は注意 SEO対策を依頼する際は、対策費が安すぎる業者には注意が必要です。SEO対策は時間と労力を要する業務であるため、必然的に費用が高くなります。   中には、「1ヶ月5万円で上位表示可能」や「最短3日で結果を出します」のような悪質なセールストークをしてくる業者が存在しています。   そのため、SEO対策費が安すぎる場合は、検討することなく断りましょう。 注意点②:見積書以外も確認する SEO対策を依頼する際は、提示された見積書以外の提案書もしっかり確認しましょう。提案書には自社が抱えている課題をきちんと認識しているのか、課題に対してどのようなアプローチを考えているのか、といった内容が記載されているか確認が必要です。   もし、このような提案がされていない場合は、自社に適切な施策を実施してくれない可能性があるため注意しましょう。 注意点③:これまでの実績内容と具体的な施策を聞く これまでの実績内容と契約後の具体的な施策を聞くことで、本当に自社のことを考えている業者なのか判断できます。   例えば、これまでどのようなジャンルのサイトに対して、どのような対策を行なって結果が出たのか、などを提示してもらうようにしましょう。   注意点④:SEO対策業者によって手法が大きく異なる SEO対策は、担当するコンサルタントによって手法が大きく異なります。 そのため、コンサルタントと打ち合わせを行い、自社に適した手法を実行する業者を選びましょう。依頼が不安な場合は、打ち合わせ時に質問を行うことで、具体的な対策手法や方向性を把握できます。 SEO対策会社の選び方について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年完全版】これで失敗しない!SEO対策会社の選び方を解説します まとめ 以上、SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことやSEO対策会社の料金体系、依頼する際の注意点を解説していきました。自社にSEO対策のノウハウがない場合は、専門業者に依頼することで、社内リソースを回しながら効率的に検索順位を向上できます。   しかし、業者に依頼したからとって必ず結果が出るわけではなく、業者によっても対策手法が異なります。   そのため、本記事を参考に依頼する際は自社に適した対策業者を選びましょう。   SEO対策について更に詳しく知りたい方は、下のまとめ記事をお読みください。 【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法

中古ドメイン販売

2021/8/24

【業界の裏側】おすすめの中古ドメイン販売業者を完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。おすすめの中古ドメイン販売業者を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。   【業界の裏側】おすすめの中古ドメイン販売業者を完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「おすすめの中古ドメイン販売業者」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは何なのか<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   2021年にアフィリエイトをやるなら中古ドメイン1択です ちなみに、アフィリエイトを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<販売業者をまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん   順に解説します。   アクセス中古ドメイン 高級で品質の高いドメインをたくさん扱う業者です。圧倒的に予算をかけてでも、最高のドメインを取得したい方におすすめです。ただし、個人や予算が少なめの会社様向きではありません。コスパはやや悪いと言わざるを得ません。 中古ドメイン本舗 日本最強水準のコスパを誇る業者です。とにかくお手軽価格でいいドメインが欲しい場合はおすすめです。 ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメイン販売屋さん 昔からある業者です。ドメイン数は多いものの、ドメイン名が隠されていたり、初心者向けとは言い難いです。また、ドメインの評価基準があいまいで、不安要素があります。サテライトサイト向けに大量のドメインを仕入れたい場合にはおすすめかもしれません。   中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。   ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインの見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性     ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。     中古ドメインの価格は何で決まるのか【値段の基準】 結論として、下記のとおりです。 ・ドメインのSEO的な強さ ・運営歴の長さ ・稼げるジャンル(金融・美容など)のドメインかどうか ・ドメインの名前が「短くて意味が通るもの」か   これら4つが全て揃ったドメインは中古車ぐらいの価格まで高騰します。とはいえ、そこまでのものは必要ありません。最低でもドメインのSEO的な強さ、運営歴の長さを重視しましょう。そのうえで、特定ジャンルで突きぬけたい場合は稼げるジャンルのドメインかどうかを気にする形です。 ドメインの名前を気にするのは、見栄えの意味合いも強く、あまり狙うのはおすすめしません。   中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します まとめ 今回は「中古ドメインの買い方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す   Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

中古ドメイン 買い方

2021/8/11

【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。   【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの買い方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。     ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   2021年にアフィリエイトをやるなら中古ドメイン1択です ちなみに、アフィリエイトを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<便利なサイトをまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん   ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。   中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。   ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインの見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   まとめ 今回は「中古ドメインの買い方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す   Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

中古ドメイン購入

2021/8/29

【初心者OK】これで安心!中古ドメイン購入マニュアル【完全版】

中古ドメインの購入を考えている人 「中古ドメインを買いたいけど、どこで買ったらいいんだろうか?そもそも、良い中古ドメインと悪い中古ドメインの見分け方も分かりません…。いい中古ドメインをお手軽価格で買う方法を教えてください。」   こんな悩みを解決します。   1.【初心者OK】これで安心!中古ドメイン完全購入マニュアル【2021年完全版】 Web本舗代表の新井です。Webマーケティング事業を経営しています。私自身、中古ドメインを自社で仕入れては、サイト運営に長年役立てています。この記事を読めば、中古ドメインの買い方がわかり、実際に自社にあった中古ドメインをカンタンに購入できますよ。   2.そもそも、中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   3.中古ドメインを使う目的とは<簡単に上位表示できます> 結論として「新規ドメインよりも早く、サイトが上位表示されやすくするため」です。その理由は「新規ドメインは被リンクがゼロから始まるのに対して、中古ドメインはすでにたくさんの被リンクを受けているから」です。個人でゆっくりやるのではなく、会社で事業としてやる場合や本気の副業でやる場合には、何よりもスピードが大切です。この点、中古ドメインは時間を買うことができるので、非常にビジネス向けと言えるでしょう。 中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説【アフィリエイト】   4.アフィリエイト/アドセンスに中古ドメインは使えるのか? 使えます。アフィリエイトについては、VOD、不動産、美容など、幅広いジャンルで中古ドメインが活躍しています。そして、アドセンスでもその威力を存分に発揮します。詳細は下の記事をどうぞ。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   5.中古ドメインのメリットを解説します 結論としては、下記のとおりです。 ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる 順に解説します。 ・前所有者が取得してからの「運用歴(ドメインエイジ)」が引き継がれる 前の所有者が長い間ドメインを使っていれば、それが引き継がれます。これの何が良いかというと、Googleは長く使われたドメインを高く評価するのです。ぽっと出の会社より、伝統ある会社の方が信頼しやすいですよね。そんなイメージです。 ・Googleにインデックスされるスピードが速い これは明らかに違いが実感できます。新規ドメインと中古ドメインなら、抜群に後者が早くインデックスされます。これにより、事業を高速ですすめることができます。 ・ページランクの実績が引き継がれる ページランクとは、Googleがサイトを評価する際の指標の1つです。あるWebページが「それだけ品質の高いサイトから、どのぐらいの量のリンクをもらっているか」によってページのランク付けをします。これが引き継がれるので、いい影響しかありません。 ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる これも素晴らしいです。特に良質な中古ドメインの場合は、公共被リンク・国からの被リンク・wikipediaからの被リンクなど、強力な被リンクを受けています。これがそのまま引き継がれるのです。   5.中古ドメインのデメリットを解説<違法?あがらない?> 結論としては、下記のとおりです。 ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない 順に解説します。   新規ドメインより価格が高い まず、中古ドメインは貴重性が高い一点物なので、新規ドメインより高いです。ものによっては、1個数百万円する場合もあります。 低品質な被リンクも引き継がれてしまう こちらは注意が必要です。具体的には、スパムサイトからのリンクが残っていると、そのまま引き継がれてしまいます。対処法は、ドメイン取得後にサーチコンソールからリンクを否認すればOKです。 低品質コンテンツの公開履歴が残る こちらは気になる人もいるかと思います。例えば、過去に脱毛サイトやスキンケア化粧品の比較サイトが運営されており、見栄えが悪いと言ったことです。過去のデータはWay Back Machineで見れてしまうので、注意しましょう。ただ、SEO的にはそこまで重くなく、あくまでも見た目や気持ちの問題です。 ペナルティが引き継がれてしまう こちらは特に注意しましょう。手動ペナルティを受けている場合、そのドメインはもう諦めたほうが良いです。受けてるかどうかは、サーチコンソールから確認できます。 オリジナルのURLが取得できない これは、気持ちの問題です。例えば京都で川西不動産(仮名)という不動産会社をやる場合に、「kawanishi.com」や「kyoto-fudousan.net」のようなドメインを使いたくなる人は多いはずです。しかし、中古ドメインは全く無関係に名前が決まっているので、これができません。   6.中古ドメインを買って失敗するのはこんなケースです<過剰な期待はNGです> 結論として、下の2つです。 ①良質なコンテンツを入れてない 結論として、強い中古ドメインを手に入れさえすれば、コンテンツは何でもいいと考えていると失敗します。確かに強力なドメインは必須と言えますが、これはあくまで前提の話です。重要なのは、ユーザーのためになるコンテンツを継続的に更新し続けることです。   ですので、強力な中古ドメインを使って、最強のコンテンツを入れ続ければ、成功確率がぐんと上がるとお考えください。どちらか片方だけではダメです。   ②競争が激しいキーワード参入している また、いくらスペック的に優れている中古ドメインでも、競争が激しいキーワードでは、上がりません。これは、ドメインのパワーが競合に負けているのです。特に稼ぎやすいキーワードでは超強力な企業ドメインがひしめいています。ここに参入するのは無謀と言えます。ですので、参入するキーワードをずらすことで、競争を避けたほうが良いのです。   7.中古ドメインを販売してるおすすめサイトは?探し方・買い方を解説します<アクセス中古ドメイン/中古ドメイン本舗/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 お名前ドットコム   ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。   8.中古ドメインの選び方とは 結論として、プロが選別した高品質なものを買いましょう。 素人が、自分で適当なドメインを買ってきても、失敗する可能性が高いです。実際、数ある中古ドメインの中で十分戦えるのは1万個に1つぐらいです。こんなものを自力で探していては、時間がどれだけあっても足りません。 なので、その道のプロである中古ドメイン販売業者から直接買うのがオススメなのです。   9.おすすめの中古ドメイン見分け方とは<当たりを見つけましょう> 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   10.中古ドメインの価格・値段について解説します この章では、中古ドメインの価格・値段について解説していきます。   中古ドメインの相場はどのぐらいなのか 知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】中古ドメインの相場について解説します【完全理解】   中古ドメインの価値は何で決まるのか 知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】中古ドメインの値段について解説します【価格/相場】 中古ドメインの 更新料はいくらなのか これは、新規ドメインと変わりません。だいたい1年で1000円弱とお考えください。 格安で中古ドメインを買う方法 自分で中古ドメインを探してきて買えば、格安で済みます。しかし、全くおすすめできません。なぜなら、中古ドメインの選定は専門技術があるプロが、豊富な経験によって行うものだからです。やはり、少し高くても専門業者から買ったほうが、圧倒的に時間の節約になりますよ。   11.中古ドメインの使い方を解説します 結論として、下記の図のとおりです。 ■ビジネスモデル ・アフィリエイトサイトに使う ・自社商品/自社サービスの販促に使う ■位置づけ ・メインサイトに使う ・サテライトサイトに使う   アフィリエイトをするなら、中古ドメインを絶対に使うべきです。その理由について、下の記事で解説しました。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   12.中古ドメインを購入した後に何をしたらいいのか 下記の2つを行いましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 13.中古ドメインを使っても上がらない場合はどうすればいいのか 結論として、下記を行いましょう。 ・最低でも3か月は様子を見る ・コンテンツを改善する ・ペナルティが付いてないか見る ・被リンクを増やす   順に解説します。 ・最低でも3か月は様子を見る まず、中古ドメインに限らず、サイトを立ち上げても結果が出るのは「早くても3ヶ月後」です。これはGoogle検索エンジンの仕様なので、仕方ありません。焦らずに淡々と、下の施策を行いましょう。   ・コンテンツを改善する 一番良くあるケースです。いくらドメインが良くても、肝心のコンテンツが悪ければサイトは上位表示されません。家で例えるなら、いい場所に家を立てても、家自体がオンボロでは、元も子もないですよね。Web本舗では、Webサイトのコンテンツ改善コンサルを承っております。SEO対策の観点からコンテンツを専用ツールでチェックさせていただき、今より上位に表示されるためには何をすべきか、全てお伝えいたします。気になった方は下のフォームからお問い合わせください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容   ・ペナルティが付いてないか確認する サーチコンソールにドメインを登録して、ペナルティがないか確認しましょう。 詳細は下の記事からご確認ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   ・被リンクを増やす これはSEO対策における基本的な施策です。ちなみに、むやみに被リンクを増やしても意味はありません。しっかりとプロのコンサルティングを受けながら高品質な被リンクだけを受ける必要があります。 そのためのサービスもご用意しています。気になる方はどうぞ。 【初期費用は無料です】パワーリンクを見てみる   まとめ 今回は「中古ドメインの完全購入マニュアル」を公開しました。   アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す   ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。   【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

no image

2021/8/10

【2021年完全版】これで失敗しない!SEO対策会社の選び方を解説します

SEO対策会社に発注を考えている経営者 「これからはネットの時代だから、売上を伸ばすためにSEO対策会社に発注したい。でも、いろいろありすぎて、どこに頼めばいいか分からないな。SEO対策会社の選び方を教えてください。オススメの会社があれば、それも知りたいです。」 こういった疑問に答えます。   【2021年完全版】これで失敗しない!SEO対策会社の選び方を解説します SEO対策会社を経営しています。今回はプロの立場から「SEO対策会社の選び方」を解説します。悪質な業者に発注するとお金が無駄に泣てします。この記事を読んで損失を0にしてください。   そもそもSEO対策業界とは何なのか 本題に入る前に、参考記事を載せておきます。ぜひご参考ください。   【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します   SEO対策業界とは、下記を指します。 SEO対策業界とは: SEO対策を代行することで、顧客からお金をもらう会社   SEO対策の会社選びは結局どうすればいいのか 結論は下記のポイントを抑えましょう。   ⑴予算は月にいくら用意できるのか ⑵大手かベンチャーどちらを選ぶか ⑶コンサルだけか実行まで外注したいか   順に解説します。 ⑴予算は月にいくら用意できるのか 結論として、自社が用意できる予算に合わせて会社を選びましょう。予算が多いほど、より効果的な施策をより長期間行うことができます。SEO対策の月額費用の目安は、下記リンクからどうぞ。 【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】 ⑵SEO対策会社は大手かベンチャーどちらを選ぶべきか 結論は、ベンチャー1択です。理由は大手はブランドで仕事が取れるため、SEOに弱い傾向があるためです。具体的には、某大手SEO対策会社は電話営業してきます。このように、大手はSEO対策ではなくブランド名で仕事を取っています。名前を聞いたことのある会社だったら信用しやすいですよね。結果として、実力はイマイチな大手SEO対策会社はあふれています。 一方でベンチャーは「実力がないと即解約されるうえに無名だから電話営業しても受注できない」ので、命がけでSEO対策を磨いています。 高い上に結果が出ない大手と、格安で結果が出やすいベンチャーなら、迷うまでもないですよね。特に、実力のあるベンチャーに発注すると、十倍安いのに大手より結果が出る、なんてことはよくあります。コストパフォーマンスが全く異なるのです。 ⑶コンサルだけか実行まで外注したいか 結論として、自社が依頼したい工程に合わせて、会社を選びましょう。   コンサルだけの会社を選択した場合、納品されたコンサル内容に従って、自社で手を動かす必要があります。一方で、コンサルと実行を両方行う会社を選択した場合、全てお任せして大丈夫です。このあたりは、予算と自社の人材リソースで決めて頂くのが良いです。   SEO対策会社の実力ランキングを発表します 結論としては、下記のとおりです。 大手 ・サイバーエージェント ・アイレップ ・オプト 中堅 ・アイオイクス ・ウィルゲート ・ナイル ・DMソリューションズ ・アユダンテ ・Faber Company ・ウェブライダー   おすすめのSEO対策会社の特徴を解説します 結論としては、下記のとおりです。 ✓特徴 ⑴自社サイトを持っておりSEO対策を継続している ⑵海外の最新のSEO対策を取得している ⑶SEO対策の分析だけでなく実行も依頼できる ⑷SEO対策ツールを自社で開発している   悪徳SEO対策会社の評判を暴露します【裏情報アリ】   ✓悪徳SEO対策会社の特徴: ・自社にSEO対策のノウハウがない ・SEO対策に関する知識や技術が古い ・リスティング広告や電話営業を多用   こういった会社に依頼するのはお金と時間の無駄です。絶対にやめましょう。   コスパ最高のSEO対策ならWeb本舗で決まりです SEO対策について、もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをどうぞ。 【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法   初期費用無料のSEO対策サービスは、下記からご確認ください。 SEOサービス「パワーリンク」販売開始しました   その他、SEO対策に関するご相談は、下のフォームからお願い致します。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

自社バナー

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    次へ 次へ

    © 2021 Powered by AFFINGER5