中古ドメイン

中古ドメイン seo

2021/10/25

【完全解説】中古ドメインには、本当にSEO対策効果があるのか?

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインには本当にSEO対策効果があるのだろうか....。ネットでも情報は出てくるけど、どれも胡散臭いです。中古ドメインのSEO対策効果について徹底解説してください。」   この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全解説】中古ドメインには、本当にSEO対策効果があるのか? Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの買い方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します 本当に中古ドメインにはSEO効果があるのか 結論として、中古ドメインには高いSEO対策効果があります。 具体的には、新規ドメインよりも早くサイトが登録されますし、順位も上がりやすいです。   新規ドメインでは3ヶ月ほど待たないと、そもそも順位自体が付きません。しかし、中古ドメインなら最初から順位がつくことが多いです。これは、Google検索エンジンにすでに認識されている中古ドメインならではの強みです。   また、ジャンルを合わせることにより、中古ドメインは更にその進化を発揮します。例えば、不動産サイトを作るなら、不動産会社の使っていたドメインを再利用すれば良いのです。こうすることで、不動産会社が集めていた不動産関連の被リンクをそのまま受け取ることができ、SEO的に高い効果を発揮できます。   同じジャンルで同じ記事を書いても、新規ドメインと中古ドメインでは大きく差が開きます。短期間で結果を出したいなら、中古ドメインを選ぶのが懸命な判断と言えます。     中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスで使えるのか 結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 中古ドメインの探し方とは<便利なサイトをまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメインの選び方・見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの買い方について解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します   中古ドメインの使い方について解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの当たりについて解説します 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム/格安> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します 中古ドメインのペナルティを確認する方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 中古ドメインが上がらないときにすべきこと<失敗例と対処法> 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   まとめ 今回は「中古ドメインの買い方」について解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容    

中古ドメイン サテライトサイト

2021/10/25

【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法を完全解説します

中古ドメインでサテライトサイトを作りたい人 「サテライトサイトを作るために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。それに、サテライトサイトは少しでも間違えるとすぐにメインサイトがペナルティを受けてしまう。ハイリスクな施策だから注意点を知りたいです。中古でサテライトサイトを作る方法を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法を完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインでサテライトサイトを作る方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインを使う目的とは<SEO対策に良い効果があります> 結論として中古ドメインを使う目的は「SEO対策をするため」です。SEO対策とは「Google検索エンジンで自社のサイトを上に表示するための技術」です。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します   中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説を完全解説します   中古ドメインはアフィリエイト・アドセンスで使えるのか 結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法 結論として、下の原則を守って作成しましょう。 1.良質な中古ドメインだけ使う 2.メインサイトのジャンルと同じドメインを優先的に使う 3.中古ドメインの過去の運用歴に沿ってサイトを作る 4.被リンクを打つ際には人為的に行う   順に解説します。   1.良質な中古ドメインだけ使う まず、これは中古ドメインを使うときには絶対に守りたいことです。品質の低いドメインは、メインサイトにもサテライトサイトにも使うべきではないです。なぜなら、SEO効果が少ないばかりか、スパムや犯罪サイトの運用歴があることで、ペナルティを食らう可能性があるからです。そのため、専門の販売業者が厳選した良質なものだけを使いましょう。 2.メインサイトのジャンルと同じドメインを優先的に使う 結論として、ジャンルは一致させましょう。理由は、その方がSEO的に高い効果が得られるからです。 Googleはそれぞれのサイトの権威性を、被リンクから判断しています。そのため、同じジャンルのサイトから被リンクを受けていれば、それだけ高い権威性を認めやすいのです。 権威性の概念は少し特殊なので、例をあげます。 ■権威性の解説 ここにAさんという人がいます。この人はある日突然「自分は熱帯魚の専門家になりたい」と思いたちました。そこで、Aさんは熱帯魚に関する論文を書きました。 このとき、どんなことが起きれば世界中から認めてもらえるでしょうか。 結論は、熱帯魚の専門家が何十人も揃いも揃って「あの人は熱帯魚の専門家だ!」と言ってくれればいいですよね。しかし、農業の専門家や建築の専門家に「あの人は熱帯魚の専門家だ!」と言ってもらっても意味はありません。 このように、同じジャンルの専門家から認めてもらうことが、高い権威性の獲得につながるのです。   実は、Googleも全く同じ考え方でサイトを評価しています。なので、あるジャンルでサイトを伸ばしたければ、同じジャンルで強力なドメインを複数探してきて、それらから被リンクを飛ばせばいいのです。 3.中古ドメインの過去の運用歴に沿ってサイトを作る これは、プロしか知らない特殊なテクニックです。結論として「中古ドメインに自分で記事を入れるのは悪手」です。 なぜなら、中古ドメインの過去の運用歴を無視しているからです。これにより、Googleは「ああ、このサイトは所有者が変わって別の内容になったんだな」と認識します。すると、サテライトサイトであることがバレバレになりますよね。 そこで、とっておきの方法があります。 それは「中古ドメインの過去の運用歴を確認して、その運用歴に沿って過去のサイトを復元すること」です。これにより、サテライトサイトであることを隠蔽できます。このやり方なら、ペナルティを極めて受けにくいのです。 もちろん、サイトを復元するとはいっても、被リンクはしっかり打ちましょう。 4.被リンクを打つ際には人為的に行う 結論として「被リンクを打つ行為は慎重に行うべき」です。 なぜなら、自演で打った被リンクは場合によってはペナルティの対象になるからです。そして、これは簡単にバレます。例えば、同じIPアドレスから同じ時間帯に打たれた被リンク。そして同じ日に大量に打たれた被リンク。これらはどう見てもサテライトサイトで自演をしたことがバレバレです。 そこで「人為的に被リンクを打つことが大切」なのです。具体的には、下記を行いましょう。 ・異なるIPアドレスから打つ ・異なる時間帯に打つ ・打つ間隔をランダムにする ちなみに、弊社では人為的な被リンクを取得できるサービスを展開しています。実際、このサービスは弊社のメインサイトにも使っており、高いSEO効果を受けてます。ご興味のある方は下のリンクからどうぞ。 【初期費用無料】SEO対策サービスを見てみる   中古ドメインの探し方とは<お名前ドットコム/アクセス中古ドメイン> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。   実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメインの価格・値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの見分け方・選び方について解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの当たりについて解説します 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。 中古ドメインの使い方を解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 まとめ 今回は「中古ドメインでサテライトサイトを作る方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容  

中古ドメイン 効果

2021/10/25

【完全解説】中古ドメインのSEO効果について完全解説します

中古ドメインの効果が知りたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインって本当に効果があるのだろうか。中古ドメインの効果を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全解説】中古ドメインのSEO効果について完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのSEO効果」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します 中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスで使えるのか 結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 中古ドメインのペナルティを調べる方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 【完全解説】中古ドメインのSEO効果について完全解説します 結論として、中古ドメインには下の効果があります。 中古ドメインのSEO効果 ・インデックススピードが速い ・検索表示されるページ数が多い ・検索順位が上がりやすい ・クリック数が伸びやすい これは、はっきりとデータで検証されています。 (引用:中古ドメインの効果は?新規ドメインと比較検証してみた)   このように、明らかに中古ドメインの方が新規ドメインよりもSEO効果が高いのです。 中古ドメインの価格・値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。 中古ドメインの買い方を解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します   おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します<お名前ドットコム/アクセス中古ドメイン> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します 中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 中古ドメインを使う際の失敗例 結論として、中古ドメインを使って失敗する例も少なからず存在します。ここでいう失敗とは、サイトが上がらない、あるいは何らかのペナルティを受けることを指します。失敗する理由は下記のとおりです。 ・弱いドメインを使ってしまう ・アダルトや犯罪サイト運営歴があるドメインを使ってしまう ・サイトのジャンルと合致しないドメインを使ってしまう ドメイン選びの時点で殆ど決まってしまうので、注意しましょう。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 まとめ 今回は「中古ドメインのSEO効果」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容      

中古ドメイン 使い方

2021/10/25

【使い方完全解説】中古ドメインの使い方は●●が大切です

中古ドメインを使いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどうやって使えば良いんだろう。使い方をしっかり理解しないうちは怖くて買えないな。中古ドメインの使い方を教えて下さい。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【使い方完全解説】中古ドメインの使い方は●●が大切です Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの使い方」について解説します。記事を読むことで、中古ドメインの本来の力を思う存分引き出すことが出来ますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインを使う目的とは<SEO対策に良い効果があります> 結論として中古ドメインを使う目的は「SEO対策をするため」です。 SEO対策とは「Google検索エンジンで自社のサイトを上に表示するための技術」です。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します 中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説を完全解説します 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインの見分け方・選び方 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   中古ドメインの取得方法の種類 中古ドメインの取得方法の種類は下記のとおりです。 ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事) 結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。 そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの買い方 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します   中古ドメインの価格・価格は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインを購入した後にやるべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します   【使い方完全解説】中古ドメインの使い方を完全解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。ただし、下の3つのポイントを絶対に抑えて下さい。これだけで、競合に差をつけることが出来ますよ。   1.自分がやりたいことにあったドメインを選ぶ 2.メインかサテライトかを明確に決める 3.中古ドメインであることを隠すかどうか決める   順に解説します。   1.自分がやりたいことにあったドメインを選ぶ 結論として、自分のサイトと同じ言語・ジャンルのドメインを選びましょう。というのは、その方がより高いSEO効果が得られるとされているからです。例えば、あなたが健康食品レビューサイトを作りたいなら、同じように健康食品に関してサイト運営していたドメインを使うのが良いでしょう。 ジャンルは一致しないが、汎用性のあるドメイン名を使う 仮にジャンルが一致するドメインがなかった場合、汎用性のあるドメイン名のものを使いましょう。なぜなら、ドメイン名はサイトの看板になるからです。ここが不自然なものでは、さすがに運営上よろしくありません。 汎用性のあるドメイン名というのは、下記のパターンがあります。 ①特定の意味を含まない文字列 ②特定の意味を含むがそれが意味するところが広い文字列   2.メインかサテライトかを明確に決める 結論として、中古ドメインを使う場合は「メインサイトかサテライトサイトか」をしっかり決めましょう。なぜなら、それによってサイトに入れるべきコンテンツが全く変わってくるからです。 メインサイトとして使う メインサイトとして使う場合、新規ドメインのときと同じように、中古ドメイン本体に主要コンテンツを入れていくことになります。 サテライトサイトとして使う サテライトサイトとして使う場合、複数の中古ドメインから伸ばしたいメインサイトに対して、定期的に被リンクを打つことになります。これにより、中古ドメインのもつドメインパワーをメインサイトに集約させるのです。なお、この被リンクの打ち方にはコツがあります。間違った打ち方をすると、最悪の場合Googleから手動ペナルティを受けるのでご注意下さい。   また、被リンク対策をしたい場合は、下のサービスがおすすめです。 >>【初期費用無料】SEO対策サービスを見てみる 今ならかなりお安くなっていますので、サテライトサイト用に複数の中古ドメインを買うぐらいなら、こちらのサービスを使うほうが良いでしょう。 3.中古ドメインであることを隠すかどうか決める これは少し裏技です。中古ドメインであることがオープンにしていい場合は、見なくて大丈夫です。ただ、例えば企業が運営するサイトが中古ドメインであることが明白だと、少し支障をきたすかもしれません。 そこで、中古ドメインであることを隠す方法をご紹介します。 結論として、新規ドメインにコンテンツを載せてから、中古ドメインを新規ドメインにリダイレクトすればOKです。これにより、中古ドメインのドメインパワーは享受しながら、見た目上は新規ドメインにすることが出来ます。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 まとめ 今回は「中古ドメインの使い方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容  

中古ドメイン 取得方法

2021/10/25

【完全保存版】これで安心!中古ドメインの取得方法を完全解説します

中古ドメインがほしい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの取得方法を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全保存版】これで安心!中古ドメインの取得方法を完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの取得方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインはアフィリエイトやアドセンスに効果があるのか 結論として、非常に高い効果があります。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事ではアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスでも同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由     中古ドメインの使い方を解説します<上位表示> 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインの価値/値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの取得方法の種類を解説します 中古ドメインの取得方法の種類は下記のとおりです。 ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。   理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<便利なサイトをまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。   実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメインの見分け方 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの買い方を解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します 自分で中古ドメインを取得するのが最悪な理由 繰り返しになりますが、自分で中古ドメインを取得するのはおすすめしません。必ず専門業者から買いましょう。なぜなら、スパムやアダルトのドメインを買ってしまい、サイトが上がるどころか評価が下がってしまうリスクがあるからです。また、長い経験がないと、本当に良いドメインを見分けることは難しいです。専門業者から買うことで、こういった面倒な作業をすべて丸投げできますよ。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 中古ドメインを 購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 中古ドメインのペナルティを見極める方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 まとめ 今回は「中古ドメインの取得方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

中古ドメイン ツール

2021/10/25

【完全保存版】中古ドメイン運用に役立つツールを完全解説します

中古ドメインのツールが気になる人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。それに、使い方もわからない。中古ドメインを効率よく探したり、上手く活用するためのツールが知りたいです。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全保存版】中古ドメイン運用に役立つツールを完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインを上手く活用するためのツール」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインを今よりも上手く活用することができますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   中古ドメインのメリットとデメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します     中古ドメイン はアフィリエイト/アドセンスに使えるのか 結論として、非常におすすめです。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由     本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。     中古ドメイン運用に役立つツールと使い方 結論として、下の4つのツールがおすすめです。 パワーランクチェッカー Moz waybackmachine expireddomain   順に解説していきます。 パワーランクチェッカー<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールを使えば、中古ドメインのSEO的な強さがわかります。ドメインを自分で仕入れたい方には特におすすめです。また、販売業者から買う方も、買う前のチェックとしてご活用いただけます。 パワーランクチェッカー Moz<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、中古ドメインの信頼性がわかります。具体的には、被リンクのスパム値を調べることができるので、スパムサイトを排除することが出来ます。 Moz waybackmachine<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、中古ドメインの過去の運用歴を調べることが出来ます。そのため、過去にスパムサイトやアダルトサイトを運用していないかチェックして、そういったドメインを取得しない、という使い方が可能です。 waybackmachine expireddomain<中古ドメイン運用に役立つツール> このツールでは、世界中の失効したドメインを調査できます。これにより、自分で中古ドメインを取得することも出来ます。 expireddomain   中古ドメイン販売業者を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> ここまで、中古ドメインに関するツールをご紹介しました。しかし、自分で中古ドメインを取得するのは本当にオススメしません。 なぜなら、専門的な知識や長い経験がないと良質なドメインを見分けることは不可能だからです。そして、これらを身につけるには長期間中古ドメインと向き合う必要があります。しかし、サイト運営においてはドメインのことばかり考えていては、時間がいくらあっても足りません。 はっきり言って、中古ドメインのことはわれわれ専門業者に任せて、サイト運営のことに集中したほうが余程効率がいいのです。   中古ドメインは、自分で取るよりも、専門業者から買うことをおすすめします。   結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します     中古ドメインの検索方法を解説します 結論として、先ほど紹介した販売業者のサイトで、ほしい条件をもとに検索すればOKです。   中古ドメインの選び方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性     中古ドメインの当たりを見つける方法 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。     中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。       中古ドメインの使い方を解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインのペナルティを調べる方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法     中古ドメインが上がらない時はどうしたらいいのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   中古ドメインを購入した後に何をしたら良いのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   まとめ 今回は「中古ドメインを上手く活用するためのツール」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

中古ドメイン 選び方

2021/10/25

【完全保存版】損したくない方必見!中古ドメインの選び方を解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインの選び方がわからない...。せっかく買っても外れだったら最悪だな...。中古ドメインの選び方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全保存版】損したくない方必見!中古ドメインの選び方を解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの選び方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。   中古ドメインはアフィリエイトに効果があるのか 結論として、非常に高い効果があります。なぜなら下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 中古ドメインを選ぶときのポイント 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴: アダルト/犯罪/スパム/価値の低いサイトの運営歴がない ・運用年数: ドメインの運用履歴が3年~10年以内である ・被リンクの質: 中国語やロシア語のドメインから貰っていない 高品質なドメインから貰っている IPアドレスが分散されている ・被リンクの本数: 数が多い・ドメインの強さ:ドメインパワーのスコアが40以上ある・ドメインの信頼性:Googleから警告やペナルティを受けていない ・ドメインの名前: ECサイトやブランド名が含まれていない 意味不明な文字列や数字ではない   中古ドメインを選ぶときに使えるツール 結論として、下の3つです。 ・Ahrefs(エイチレフス) ・MOZ Pro ・Majestic これらのツールを使うことによって「被リンクの質と数」「ドメインパワー」「スパムスコア」を知ることができます。 2-1:Ahrefs(エイチレフス) Ahrefs(エイチレフス)では下の機能を使用してください。 ・ドメインパワー(DR:ドメインレーティング) ・被リンクの質と数(Referring domains) 特にドメインパワーを調べるときには、Ahrefs(エイチレフス)がおすすめです。(公式サイト:Ahrefs(エイチレフス)) 2-2:MOZ Pro MOZ Proでは下の機能を使用してください。 ・Spam Score(スパムスコア) 中古ドメインのスパムスコアについては、可能な限り0%を目指しましょう。0%から20%で許容範囲です。それ以上は要注意です。(公式サイト:MOZ Pro) 2-3:Majestic Majesticはドメインの信頼性を図ることが出来ます。主に、下の機能を使用してください。 ・TF(トラストフロー) トラストフローは、Majesticが独自に算定したドメインのスコアです。トラストフローが20以上れば、良質な中古ドメインといえるでしょう。(公式サイト:Majestic)   中古ドメインの取得方法/買い方とは 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します   中古ドメインのペナルティを確認する方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法   中古ドメインのオススメの活用方法<使い方>   おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します   中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインを購入した後は何をすべきなのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   中古ドメインが上がらない場合何をしたらいいのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。       まとめ 今回は「中古ドメインの選び方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

中古ドメイン おすすめ

2021/10/25

【完全保存版】これがおすすめ!中古ドメインの活用方法をまとめてみた

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインを使いたいです。でも、中古ドメインに関して何も知りません.....。選び方、買い方、使い方、注意点などがまとめて知りたいです。中古ドメインのおすすめの活用方法を、徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【完全保存版】これがおすすめ!中古ドメインの活用方法をまとめてみた Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのおすすめの活用方法」について解説します。記事を読むことで、中古ドメインの真の力を引き出すことができ、サイトを伸ばせますよ。   そもそも中古ドメインとは何か? 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 なぜ中古ドメインが必要なのか<SEO対策に良い効果があります> 結論として中古ドメインを使う目的は「SEO対策をするため」です。 SEO対策とは「Google検索エンジンで自社のサイトを上に表示するための技術」です。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します 中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説を完全解説します アフィリエイトをやるなら絶対に中古ドメインを使うべき理由 結論として、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインの選び方/見分け方について解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   中古ドメインの取得方法について解説します 中古ドメインの取得方法の種類は下記のとおりです。 ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事) 結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。 理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。 そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。 中古ドメインの買い方について解説します 結論として、下記の手順で進めればOKです。 1.販売業者のサイトにいく 2.希望の条件からドメインを探す 3.ドメインを購入する もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します 中古ドメインの販売サイト<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します 中古ドメインの使い方について解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。   中古ドメインをサテライトサイトに使うなら 結論として「古いサイトをそのまま再現してしまい、そこから被リンクを撃つのがオススメ」です。 その理由は、下記のとおりです。 ・自然な被リンクとして認識されやすいから ・せっかく作られたサイトを再利用しないのはもったいないから このやり方は、SEOに精通したプロがよく使う手法です。ぜひご活用下さい。 メインサイトで中古ドメインを使うなら 結論として「新規ドメインにサイトを載せた上で、中古ドメインからリダイレクトを撃つ」のがおすすめです。これにより、外見上は新規ドメインなのに性能は中古ドメインという美味しいとこ取りが可能なのです。 やり方は簡単で、新規ドメインと中古ドメインをサーバーに登録した上で、中古ドメインから新規ドメインにリダイレクトを撃つだけです。 こちらも、プロが好むやり方です。ぜひご活用下さい。 中古ドメインのペナルティを調べる方法 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。 中古ドメインの当たりについて解説します 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。 中古ドメインの購入した後にすること 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   まとめ 今回は「中古ドメインのおすすめの活用方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容  

中古ドメイン 当たり

2021/10/25

【朗報】中古ドメインの「当たり」を見つける方法を完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【朗報】中古ドメインの「当たり」を見つける方法を完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの当たりを見つける方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   中古ドメイン(オールドドメイン)とは何なのか<定義> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。 ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインは2021年でも効果があるのか 結論として、大いにあります。 むしろ、2021年のSEOでは被リンクがこれまで以上に重視されるため、はじめから強力な被リンクを持っている中古ドメインが猛威を振るう状況になっています。   中古ドメインの当たりについて解説します 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインはアドセンス/アフィリエイトにも使えるのか 結論として、大いに使って頂けます。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事内ではアフィリエイトについて解説していますが、アドセンスについても全く同じことが言えます。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。   中古ドメインの選び方/見分け方について解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 中古ドメインの値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。     中古ドメインのペナルティの確認方法とは 結論として、下記のとおりです。 1.ドメイン名を「site:」で検索して調べる 2.ブラウザで開いてセキュリティソフトで調べる 3.ブラックリストチェックツールで調べる 4.ドメインの過去の運用履歴を確認する 5.サイトマップを送信してみる 6.放置してindexされるか確かめる 7.サーチコンソールに登録してみる もっと詳しく知りたい方は、下の記事を御覧ください。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法   中古ドメインの使い方について解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。 中古ドメインが上がらないときにはどうしたら良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します まとめ 今回は「中古ドメインの当たりを見つける方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容  

中古ドメイン 調べる

2021/10/25

ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法

中古ドメインを買いたい人「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインは過去の運営歴やペナルティ.を確認しないと大変なことになると聞きました...。しかし調べ方がわかりません。。中古ドメインの調べ方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 ほんとうに大丈夫?中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法 Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。 ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインを調べる7つの方法 1.ドメイン名を「site:」で検索する Googleの検索エンジンに、【ドメイン名+site:】を入力し検索ましょう。検索結果にペナルティの警告が表示される場合があります。また、インデックスの残り方にも注視してみましょう。 インデックスが残っているのに、一番上に来ていない場合は注意が必要です。問題なくインデックスが残っている場合は、利用した際にもインデックスされやすいという特徴がある可能性もあります。 ポイントとして、 ・警告の有無のチェック ・インデックスの状態のチェック を意識してください。   2.ブラウザで普通にドメインを開いてみる 「site:」の時と同様に、Googleなどの検索エンジンにドメインを入力して、ブラウザに表示させてみましょう。ご利用されているセキュリティソフトの種類や設定にもよりますが、上記画像の様にスパムやマルウェアを検知する場合があります。   この場合、現時点でサイトは存在していなくても過去の運用によってサイトがブラックリストに載ってしまっているドメインかもしれません。新たにサイトを作成し解除申請をすることもできますが、手間やリスクを考えた場合、警告が出るドメインは避けたほうが無難でしょう。   3.ブラックリストチェックツールの利用 https://www.aguse.jp/ 民間のブラックリストに掲載されているか確認することができます。ブラウザで警告が出ないドメインでもブラックリストに記載されている可能性があります。上記画像は「aguse.jp」というツールになります。 ブラックリストチェックツールは無料なものが多い http://mgt.jp/t/black ブラックリストチェックツールは、無料のツールが多くありますので、複数のツールで調査してみましょう。上記画像は「MGT.jp」というツールになります。無料のツールが多いので、検索して探してみてください。   4.ドメインの過去の運用履歴の確認 https://archive.org/index.php 有名なツールですが、WayBackMachine(ウェイバックマシン)は中古ドメインを選定する際には欠かせないツールです。新規ドメイン取得の際にも、念のために利用したほうが中古ドメインであったということを防ぐことに役立ちます。   ウェイバックマシンは、ドメインの過去の状態を確認するために利用します。不適切な内容のサイトでないかなど、過去運用されていたサイト内容を確認することは重要です。ですが、ペナルティドメインでも一見問題なく見えるものも多くあり見極めるには難しくなっています。   5.サイトマップ送信をする WordPressでは以下のプラグインをインストールして有効化するだけでサイトマップを作成できます。   サイトマップ送信 サーチコンソール ー サイトマップのメニューを開いてサイトマップの追加/テストボタンを押してから、以下のファイル名を入力して送信しましょう。 Google XML Sitemapはバージョンによってファイル名が異なります。プラグイン設定画面でファイル名を確認もできますが、両方のファイル名を試してください。 Yoast SEOの場合 sitemap_index.xmlGoogle XML Sitemapの場合 index.php?xml_sitemap=params= または sitemap.xml サイトマップを送信したら次のステップ(手順5)へ。 旧サーチコンソールのサイトマップ送信はサービス終了しているので、新サーチコンソールを利用します。サイトマップ送信後、すぐにサイトマップ送信が成功したか失敗したか確認できます。 成功しました と表示が出た場合はペナルティはない状態です。 手動ペナを受けている場合は下の画像が出てきます。   さらに詳細を見るとどのようなペナルティか内容を見ることができます。 Googleに手動ペナルティの解除の審査リクエストもできるが時間がかかるうえに成功する可能性は低いです。 6.放置してindexされるか確かめる 中古ドメインでサーチコンソールに登録したくない場合は、中古ドメインでサイトを作ってGoogleがインデックスするまで待ちましょう。 インデックスされるタイミングがいつかは不明です。 しばらくしてGoogle検索画面で info:ドメイン名 site:ドメイン名 で検索しましょう。ここでサイトが結果にヒットしなければ(検索結果が真っ白なら)インデックスされていない。ずっとインデックスされない場合は手動ペナを食らっている可能性が高まります。   7.サーチコンソールに登録してみる サーチコンソール登録のみ登録をしてサイトマップ送信やフェッチをしないでもペナルティの有無を確認できます。サーチコンソール登録を行い数日放置しておきましょう。Googleがサーチコンソールにサイトデータが反映されると手動ペナルティの有無が表示されます。   新サーチコンソールでの手動ペナルティを受けている画面   中古ドメインが上がらない時はどうすればいいのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。 中古ドメインの価格/値段は何で決まるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量   アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインのメリット・デメリット 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   おすすめの中古ドメイン販売店を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します   アフィリエイトをやるなら絶対に中古ドメインを使うべき理由 結論として、下のようなメリットがあるからです。 ・最速で効果が出る ・上位表示されやすい ・コアアップデートに強い ・ブラックSEO手法が使い放題 もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインを購入した後すべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します 本当に大丈夫?中古ドメインの違法性について 結論として、中古ドメインは完全に合法です。 なぜなら、中古ドメインを取り締まる法律は日本にはないからです。 イメージは少し悪いかもしれませんが、インターネット上の中古住宅のようなものです。安心してお使いいただけますよ。   中古ドメインの選び方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性   まとめ 今回は「中古ドメインのペナルティ・過去履歴を調べる方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

自社バナー

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    次へ 次へ

    © 2021 Powered by AFFINGER5