SEO対策

中古ドメイン 検索方法

2021/10/25

【これで安心】中古ドメインの検索方法を完全解説します【即購入OK】

中古ドメインを買いたい人「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどうやって探せば良いんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの検索方法を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【これで安心】中古ドメインの検索方法を完全解説します【即購入OK】 Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの検索方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。 ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 中古ドメインの検索方法を完全解説します<探し方/ツール > 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 お名前ドットコム ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメインのメリット・デメリットとは何なのか 結論としては、下記のとおりです。 ■中古ドメインを使うメリット ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる ■中古ドメインを使うデメリット ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します   中古ドメインの使い方を解説します 結論として、通常の新規ドメインと全く同じでOKです。 取得したらサーバーに登録して、サイトを作っていきましょう。 中古ドメインだからといって、難しいことは何もありません。 中古ドメインのペナルティを確認する方法とは 結論として、Googleサーチコンソールに調べたいドメインを登録して、調べましょう。 この作業をやるべき理由は、手動ペナルティを受けたドメインでサイトを作ってもindexされなかったり、サテライトサイトならリンクを送る価値がほぼゼロになる場合があるからです。 一般的にウェブサイトをサーチコンソールに登録するというイメージが広まっていますが、実際はドメイン単体でサーチコンソールへの登録が可能となっていますでは、バリュードメインを例にドメイン単体でのサーチコンソール登録方法を紹介します。 中古ドメインの登録にはGoogleアカウントが必要 サーチコンソールはGoogleのサービスですから、Googleアカウントを用意してください。Googleアカウントさえ作成してしまえば、サーチコンソールの利用は可能になります。 登録に関する注意 ドメインの登録時に注意したいのはサテライトサイトを数多く作る方などはひとつのGoogleアカウントで多くのドメインを登録してしまうと、オーナーが全員同じで自演リンクと疑われる可能性があるということです。 多くのサイトをサーチコンソールに登録してはいけないわけではないので大丈夫かもしれませんが、100%安全だとは言いきれません。ですから、いくつかに分散させることを推奨します。 2.簡単に中古ドメインをチェックする手順 では、ドメインとGoogleアカウントだけで手動ペナルティの確認の手順を紹介します。 サーチコンソールの「プロパティを追加」をクリックして、調べたいドメイン名を入力します。 基本的にルートドメインの形式で入力して構いません。 認証方法で「別の方法」タブを選択し、「ドメイン名プロバイダ」のラジオボタンを選択、レジストラを選択(今回はその他)、生成されたTXTレコードをメモしておいてください。 ここからはValue-domainでの作業 バリュードメインのコントロールパネルに移動して、ペナルティを確認したいドメイン名の「DNS/URL」ボタンを押下してください。 サーチコンソールでコピーしたものを書き換えて入力します。書き換えるといってもIPの箇所くらいです。この部分は人によって異なると思いますので、分からない方は調べてみてください。   Valueに書き方の説明があります DNS設定方法(書き方)はバリュードメインのDNS設定画面の下部にも説明があります。 他にも項目がいくつかありますが、ほぼデフォルトのままで問題ないと考えられます。 最後に「保存」をクリックして、後は20分ほど待ちましょう。 後は設定が反映されたら、所有権が確認されるので手動ペナルティがあるか見に行くだけですが、作業らしい作業はこれで完了です。 慣れれば2~3分くらいのことですね。 3.中古ドメインの手動ペナルティを確認しよう   新サーチコンソールの画面から、「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」のメニューを見るだけです。手動ペナルティに該当しなければ、「問題は検出されませんでした」と表示されます。 4.手動ペナルティの中古ドメインに当たったら 当店のような販売サイトだとペナルティのないものだけ販売しているケースも見られますが、もし購入元が心配なところだった場合、チェックすることを強くオススメします。 解除するのは手間です 手動ペナルティにあたると新サーチコンソールの画面に、「〇件の問題を検出しました」とエラーが表示されます。 確認した結果、手動ペナルティにあたってしまったら、その中古ドメインの価格にもよりますが、正直言って、可能なら返品・捨てる・売却がベストかもしれません。 解除に持っていくのは簡単な作業ではありません。   手動ペナルティの範囲 手動ペナルティには適用範囲があり、それにより修正の手間や解除に至る可能性も異なります。 サイト全体の一致: 手動によるペナルティがサイト全体に適用されていることを表しています。 部分一致: サイト全体ではなく、一部該当箇所やページにだけ適用されている場合この表示がでます。 代表的なステータス 問題の内容や規模によって範囲と同様にステータスも異なります。以下が、ステータスの主な例になります。 ・ハッキングされたサイト ・サイトへの不自然なリンク ・サイトからの不自然なリンク ・悪質なスパム ・スパム行為のある無料ホスト ・クローキング、不正なリダイレクト ・隠しテキスト、キーワードの乱用 ・スパム行為のある構造化マークアップ ・価値のない質の低いコンテンツ ・ユーザー生成スパム (引用元:一般的な手動による対策の一覧) 5.ペナルティドメインをどう扱うべきか 取得したドメインがペナルティであった場合、悩ましいのはドメインの扱いです。購入した金額によってはあきらめきれないこともあるでしょうし、解除することができればまだまだ利用価値があるドメインの可能性もあります。   放置しておく あまりオススメできる対処法ではありませんが、ペナルティドメインをある程度の期間なにもせずに放置しておくと自然に解除されていることがあります。放置しておく期間も定かではないですし、確実に自然解除される保証もありませんが、多くのペナルティドメインを抱えている場合は仕方ないこともあります。こまめに解除されていないかチェックをする必要はありますが、ひとつの手段としては持っておいてもいいかもしれません。   転売してしまう 目利きを行った上で、ペナルティドメインであったのなら見た目上は悪く見えないドメインであったのかもしれません。数値やスコアもそれなりにあり、いろいろ分析したうえで問題がなさそうなドメインでもペナルティを持っている場合は多々ありますが、逆に考えればうまく偽装して誰かが手放したドメインとも見ることができます。真っ当な手段とは言えませんが、思い切って転売、出品してしまうことで資金の回収ができるかもしれません。   解除する 解除する方向に持っていくことが真っ当な考え方ではありますが、手間がかかる作業ではあります。 また、ペナルティドメインを使用してまず申請を出してから運用を開始することはリスクも少なからずあります。 そのようなことを踏まえた上で解除してまで使用していくドメインであるかを考えたほうがいいでしょう。 中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか 結論として、下記のとおりです。 1.価値のある記事を大量に追加する 2.サイト全体を改善する 3.3ヶ月待ってみる これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。   中古ドメインの価格は何で決めるのか 結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。 ・Majesticのスコアが基準値をクリアしている ・MOZのスコアが基準値をクリアしている ・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている ・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 順に解説します。 Majesticのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度 CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度 MOZのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標 PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標 SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている 下記の指標をクリアしている必要があります。 UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量 アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない 下記の条件をクリアしている必要があります。 ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。   中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインを格安で手に入れる方法とは 結論として、中古ドメイン本舗で買えばOKです。高品質なドメインを格安で購入することができます。 たまにセールをしているので、そのときにまとめ買いするのもいいでしょう。 中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します まとめ 今回は「中古ドメインの検索方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

no image

2021/10/2

【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法

SEO対策とは何か Google検索エンジンで自社サイトを上位表示させる技術です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します     SEO対策はなぜ必要なのか 企業が売上を継続的に伸ばすために必要です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO会社の具体例はなにか SEO対策が得意な会社はこちらです。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策の最新状況はどんなものなのか 2020年現在、最新のSEO対策について、海外事例も踏まえて解説します。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策では具体的に何をやるのか 順番に①目標設定②コンテンツ作成③内部対策④外部対策⑤効果測定⑥リライト   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する     Google検索エンジン以外のSEO対策とは何か ECサイト(楽天/Amazon)、SNSなど   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する     SEO対策の最新の成功事例はどんなものか 具体的な成功事例を紹介しています。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策で失敗する理由は何か 結論は3つです。   ❶素人が自分でやるから ❷粗悪な業者に頼むから ❸結果が出るまでに諦めるから   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策と他の施策の違いとは 広告より低予算で長期的に売り上げが伸びる上に、会社の資産になるからです。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策が向いてるのはこんな場合 本気で売上を伸ばしたい方に向いています。時間はかかりますが着実に売上を伸ばせます。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策はいくらで実現できるのか 月額契約ですと、最低月30万円~が目安です。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】   SEO対策の結果はいつ出るのか Google検索エンジンが評価するまでに最短でも3か月、遅いと半年かかります。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 挿入する   SEO対策ならWeb本舗に今すぐ相談してください   SEO対策でお悩みの場合は、下のリンクから詳細をご確認下さい。Web本舗が責任をもってご対応させて頂きます。 Web本舗のSEOコンサルティングプランを解説します     また、今すぐ始められるSEO対策サービス「パワーリンク」も、ぜひご確認ください。初期費用無料でいつでも解約OKです。下のバナーより詳細をご確認ください。 初期費用無料のSEO対策サービスを見てみる  

no image

2021/9/2

中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します

    アクセス中古ドメイン 高級で品質の高いドメインをたくさん扱う業者です。圧倒的に予算をかけてでも、最高のドメインを取得したい方におすすめです。ただし、個人や予算が少なめの会社様向きではありません。コスパはやや悪いと言わざるを得ません。 中古ドメイン本舗 日本最強水準のコスパを誇る業者です。とにかくお手軽価格でいいドメインが欲しい場合はおすすめです。 ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメイン販売屋さん 昔からある業者です。ドメイン数は多いものの、ドメイン名が隠されていたり、初心者向けとは言い難いです。また、ドメインの評価基準があいまいで、不安要素があります。サテライトサイト向けに大量のドメインを仕入れたい場合にはおすすめかもしれません。  

no image

2021/9/2

中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します

順に解説します。 ネームサーバーを変更する 目的のサイトやページを表示するために、ネームサーバーを設定し直しましょう。   何もしなくてもドメイン名で検索すると、以前のサイトが表示される場合があります。この場合も、必ずネームサーバーを設定し直してください。 サーチコンソールで手動ペナルティの確認 中古ドメインの場合は、取得したらすぐにサーチコンソールに登録して手動ペナルティの有無を確認しましょう。弊社は、仕入れの際に手動ペナルティを確認してます。しかし、中にはチェックが漏れているものもないとは言い切れません。   利用直後やサイトとして運用開始していないのに手動ペナルティが確認された場合は、ドメイン納品時点より5日以内にご連絡頂ければ返品いたします。   この際に、手動ペナルティの警告が出ている証明としてキャプチャ画像が必要です。必ずご用意ください。

no image

2021/9/2

中古ドメインの効果はあるのか検証してみた

中古ドメイン 探す

2021/10/25

【コスパ最強】中古ドメインを探して、格安で買う方法とは

中古ドメインを探したい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【コスパ最強】中古ドメインを探して、格安で買う方法とは Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインを探して、格安で買う方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに見つけることができ、サイト運営に役立ちますよ。 中古ドメインの探し方はこれです<おすすめショップを大公開> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。 アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 そもそも中古ドメインの効果はあるのか?検証してみた 結論として、中古ドメインには高いSEO効果があります。 こちらについて、詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインの効果はあるのか検証してみた 中古ドメインの手動ペナルティの調べ方とは 手動ペナルティとは、Googleスタッフが目視で確認し、判定して与えるペナルティのことを呼びます。悪質なスパム行為を行っているサイトが対象で、一度受けてしまうと、なかなか解除が難しいのが実際のところです。 中古ドメインも例外ではなく、前の使用者がスパムをしたせいでい、手動ペナルティを受けている場合があります。このとき、ドメインを取得する前に調査することは不可能です。取得したあとで、Google Search Consoleに登録することでペナルティの有無を調査できます。 中古ドメインを購入した後に何をすべきなのか 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します   中古ドメインの『当たり』の見分け方とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。 ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。 中古ドメインの選び方とは 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 目視チェックは外せません かつては私も、スコアが優秀な中古ドメインを買ったら手動ペナルティの「悪質なスパム」を受けていた経験があります。プロの我々でも油断して調査項目をゆるめると、ひどいドメインを引いてしまいます。ましてや、初心者の方にとっては、中古ドメインを自分で仕入れるのは不可能なのです。私達のようなプロにまるごとお任せください。 中古ドメイン本舗のご利用を検討ください 今回は「中古ドメインを探して、格安で買う方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 当店は、品質にこだわった中古ドメインを取り扱っています。 ラインナップする前に、商品はすべて手動ペナルティの確認を行っています。   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容    

SEO対策業者の見積もり内容とは?依頼時の5つの注意点も解説!

2021/10/2

SEO対策業者の見積もり内容とは?依頼時の5つの注意点も解説!

Web集客を行う際に必ず必要になるSEO対策ですが、自社にノウハウがない場合はSEO対策業者に依頼することが多いです。 しかし、 「SEO対策に見積もりを依頼する際の注意点ってなに?」 「SEO対策業者はどういった料金形態なの?」 「SEO対策業者に依頼する流れを知りたい」 といった疑問が出てくるでしょう。 そこで本記事では、SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことや、SEO対策会社の料金体系、依頼する際の注意点を解説していきます。 SEO対策とはなにか   Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「SEO対策を外注する際の見積り」について解説します。   「そもそもSEO対策とはなにか」については下の記事をご覧ください。 【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します   SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきこと SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことは、大きく分けて以下の5つです。 効果が出るまでに最短で3か月かかる SEO対策業者に依頼しても必ず結果が出るわけではない 上位表示を100%保証できる業者は1社も無い事を認識する ペナルティになる可能性がある事を認識する アルゴリズム変動の影響を受ける可能性を認識する 順に解説していきます。 効果が出るまでに最短で3か月かかる SEO対策を依頼したからといって、すぐに効果が出るわけではありません。SEOは依頼してから最短でも3ヶ月間は、効果が現れる可能性が低く、早くても2週間程度は時間がかかります。 また、SEO対策を行なってから数日間で成果が出ると言っている業者は詐欺の可能性が高いため、騙されないよう注意しましょう。   そのため、最初の数ヶ月間は成果が出ない場合でも、コツコツとコンテンツを公開していく必要があります。 SEO対策業者に依頼しても必ず結果が出るわけではない SEO対策は専門業者に依頼したとしても、必ず結果が出るわけではありません。悪質な業者でない場合は、結果を出せるように業者もSEO対策を行いますが、結果として狙ったキーワードで上位表示を獲得できなかった例も数多く存在します。   また、SEO対策を依頼して効果がない場合は、依頼者側にSEOに関する知識がないことが多いです。   そのため、依頼者も必要最低限SEOに関する知識を身につけておくことで、打ち合わせの際にスムーズに課題を解決できるでしょう。 上位表示を100%保証できる業者は1社も無い事を認識する SEO対策は検索エンジンの判断基準で結果が表示されるため、上位表示を100%保証できる業者は1社も存在していません。どれだけ質の良いコンテンツを作成しても、上位表示が獲得できない場合もあるため、必ず依頼前に100%ではないことを認識しておきましょう。   SEO対策を依頼したら100%上位表示できる認識でいると、結果が出ない場合に業者とトラブルが発生する可能性がありますので注意が必要です。 ペナルティになる可能性がある事を認識する 依頼業者が誤ったSEO対策を続けている場合、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。万が一サイトがペナルティを受けてしまった場合、著しくコンテンツの検索順位が降下してしまい、インデックス削除になる場合があります。   そのため、SEO対策業者に任せっきりになってしまうと、ペナルティになる可能性があることを認識しておきましょう。 アルゴリズム変動の影響を受ける可能性を認識する 検索エンジンにはアルゴリズムが存在しており、大きなアップデートが行われると検索順位に大きな影響を与えます。アルゴリズム変動が起きると、昨日まで1ページ目に表示されていなかったサイトが上位表示されることがありますが、上位表示されていたサイトが1ページ目から消えてしまう可能もあります。   そのため、検索エンジンにはアルゴリズム変動の影響を受ける可能性があることを認識しておきましょう。 SEO対策会社の料金形態 SEO対策会社の料金形態は、大きく分けて以下の3種類です。 月額固定型(推奨) 成果報酬型・キーワード課金型(非推奨) 払いきり型(推奨) 順に解説していきます。 月額固定型(推奨) 月額固定型とは、半年〜2年程度の契約期間を設けて継続的にSEO対策を行なっていく料金体系です。クライアントのビジネスモデルや方向性を定期的に確認しながらSEO対策を行うため、長期的なスパンで対策を施すSEO対策と相性が良いといえるでしょう。   また、様々な視点でSEO対策を行うため、順位変動のリスクが少ない点もメリットです。   しかし、SEO対策の成果が出ていない場合でも、毎月費用を支払う必要があります。上記でも解説している通り、SEO対策は必ず結果出るわけではありませんので、結果が出ないリスクも踏まえて依頼しましょう。 成果報酬型・キーワード課金型(非推奨) 成果報酬型・キーワード課金型とは、依頼したキーワードが上位表示された際のみ料金が発生する場合や対策するキーワードによって費用が異なる料金形態です。上位表示されなければ依頼費用は安くするため、費用面でのリスクが少ない点がメリットです。   しかし、一時的に上位表示されてしまい、すぐに検索順位が下がってしまう場合や大量のキーワードを対策して依頼費用が高額になるケースがあります。また、競合が多く上位表示が狙えないキーワードに関しては、そもそも対策してもらえない可能性があるため、施策内容や対策費用の確認が必要です。 払いきり型(推奨) 払いきり型とは、サイト構成やコンテンツ内容、内部対策を一つのセットとして提供する料金形態です。自社にSEO対策に関するノウハウが全くない場合は、上位表示に必要なことを全て提供してくれます。   また、依頼費用も払いきりのため、依頼しない限り追加費用がかからない点がメリットです。   しかし、自社内にSEO対策のノウハウがある場合は、自社で対応した方がコストを抑えられる可能性があります。 SEO対策の見積もりのカラクリ SEO対策には項目としての費用は定められていますが、細かい部分の費用は見積もりに表示されていないケースが多いです。   続いては、SEO対策の見積もりのカラクリについて解説していきます。   基本的には「原価=人件費」 SEO対策費用の原価は、施策を実行するスタッフの人件費です。SEO対策の根幹として、業者スタッフがクライアントの意図に沿ったキーワードを洗い出し、状況に応じてSEO対策を実行していきます。   そのため、キーワード選定やコンテンツ制作など、業者スタッフの時間と労力がSEO費用の原価になるのです。また、スタッフの人件費以外にも、SEO対策ツール利用料金やクライアントに提出する資料の作成費用もSEO対策費用に含まれています。 コンテンツ制作を依頼すると金額が上がる コンテンツマーケティングなどのSEO対策を行う場合、全体の金額が上がります。通常、コンテンツ制作はSEO対策業者のスタッフが行うのではなく、外部委託したライターが執筆します。   そのため、執筆費用に加えて、SEO対策スタッフのディレクタフィーも上乗せされて全体的な金額が上がるのです。また、コンテンツ制作を依頼するジャンルや記事の本数によっても、金額は変動しますので、見積もり依頼時に1本あたりの単価や費用が変動する原因を確認しておきましょう。 SEO対策業者の見積もり SEO対策業者の見積もり内容は、以下の3つに分かれます。 初期費用 施策運用費用 コンテンツ制作費用 順に解説していきます。 初期費用 初期費用とは、クライアントが運営しているWebサイトの現状確認やターゲットとするキーワード選定・被リンク調査など、施策実行前の分析費用です。SEO対策は事前の準備もなく、適当に設定したキーワードを狙うことはできません。   SEO対策ツールを活用してクライアントのサイトを分析し、抱えている課題やニーズに適したキーワードを選定することで、成果が出る確率を上げることができます。 施策運用費用 施策運用費用とは、サイト全体の分析が完了した後に展開する施策を運用する費用です。既存コンテンツの改善や具体的なSEO対策、ディレクション費は施策運用費用に含まれます。   サイト調査が完了した後に、クライアントとコンサルタントで打ち合わせを行い、サイトに適した施策を実行していきます。   その中でも代表的な施策として「内部SEO対策」と「外部SEO対策」です。   内部SEO対策では、コンテンツへの内部リンク設定やSSL化・サイト高速化が対策施策です。また、外部SEO対策では、被リンクの獲得やサイテーション・SNSを活用した施策が存在しています。   依頼する施策よって、具体的な費用は変動していくため、打ち合わせ時に費用の確認が必要です。 コンテンツ制作費用 コンテンツ制作費用は、新たに設定したキーワードを獲得するために新規でコンテンツを制作する際に発生する費用です。新規コンテンツの企画や構成作成・執筆費がコンテンツ制作費用に含まれており、ジャンルや文字数、依頼範囲によって費用は異なります。   また、SEOを向上させるためには、良質なコンテンツを提供していく必要があるため、コンテンツ制作は最も重要な施策と言えるでしょう。 SEO対策の外注費用について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】 SEO対策業者に依頼する流れ SEO対策業者に依頼する流れは、以下4つの通りです。 依頼するキーワードを決める 予算を決める キーワードトレンドを把握する 業者の料金形式と評判を調べてから依頼する 順に解説していきます。 依頼するキーワードを決める SEO対策業者に依頼する前に、依頼するキーワードを決める必要があります。   キーワードの決め方は、以下3つの通りです。 キーワードの性質を検討する 単体のビッグキーワード狙いか、ロングテールか ビッグ狙いかロングテールかの判断基準 順に解説していきます。 キーワードの性質を検討する キーワードの性質とは、検索ボリュームの大きさと競合の数によって以下3つに分類されます。 ビックキーワード ミドルキーワード スモールキーワード SEO対策を依頼する上で、自社に必要なキーワードの性質が上記3つのどれに当てはまるのか決めておきましょう。 単体のビッグキーワード狙いか、ロングテールか キーワードを決める際に、検索ボリュームと競合が多いビックキーワードを狙うのか、ミドルとスモールキーワードを一括りにして数を増やすロングテールSEOにするのか決めておきましょう。単体のビックキーワードを狙ったとしても、業種や商材に適していなければ意味がありません。   そのため、より自社に適したキーワードを洗い出したロングテールSEOの方が、成果の出るケースが存在します。 ビッグ狙いかロングテールかの判断基準 ビックキーワードを狙うのか、ロングテールにするかの判断基準は、商材に対してのキーワードの多様性で決まります。   例えば、ビックキーワードを狙うのであれば「火災保険 申請」などのキーワードが適していますが、「脱毛 おすすめ」などは、キーワードが漠然としているため向いていません。また、ロングテールであれば1つのキーワードに対して、効果が見込める複数のキーワードを洗い出して、ヒットさせられます。   そのため、キーワードを決める際は、SEO対策の目的や全体的な戦略に応じて組み立ていきましょう。 予算を決める SEO対策業者へ依頼する前に、予算を決めていきましょう。予算の決定方法は、以下2つです。 PPC広告との相場比較 PPC広告の推奨入札価格の調べ方 順に解説していきます。 PPC広告との相場比較 SEO対策には、基本的な費用設定があるのみで、公開されている相場や統一された費用基準が存在しません。   そのため、「Google Adwordsキーワードプランナー」を活用してPPC広告との相場比較を行い、依頼予定のキーワードでの予算感を把握していきましょう。また、PPC広告の費用を定めているのは市場のため、費用を客観的に判断できます。 PPC広告の推奨入札価格の調べ方 Google Adwords内のキーワードプランナーから対象のキーワードを入力しましょう。   対象キーワードのワンクリックあたりの最低入札価格とキーワードに対する推奨入札価格を確認可能です。 キーワードのトレンドを把握する ファッションや言葉と同じように、キーワードにもトレンドが存在しています。   そのため、以下3つの手順でキーワードのトレンドを把握しましょう。 キーワードのトレンドを知る。 Googleトレンドを使って調べる Googleトレンドの使い方 順に解説していきます。 キーワードのトレンドを知る。 前述の通り、キーワードにもトレンドがあるため、SEO対策業者に依頼したキーワードがトレンド上昇傾向のトレンドだった場合、数年後には表示されなくなる可能性があります。   そのため、事前にターゲットキーワードが上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのか確認しておきましょう。 Googleトレンドを使って調べる キーワードのトレンドを把握する際は、Googleトレンドを使って調べましょう。   Googleトレンドは専用のアカウントを取得する必要なく、Googleアカウントさへ取得していれば誰でも無料で使用できます。 Googleトレンドの使い方 Googleトレンドトレンドを開いた後は、以下5項目を選択します。 国 地域 カテゴリ 期間 検索方法 上記項目を少しずつ変更することで、狙っているキーワードが上昇傾向のトレンドなのか調べることができます。 業者の料金形式と評判を調べてから依頼する キーワードの性質や予算・トレンドが把握できた後は、業者の料金形式と評判を調べてから依頼しましょう。   例えば、ロングテールSEO対策を依頼したい場合は、月額固定型の料金形式が有効です。また、依頼予定のSEO対策業者が、過去にペナルティを起こしていないかも確認しておきましょう。 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【結論】SEO対策の相場はどのぐらい?【価格・料金・値段・金額・成果報酬】 SEO対策業者の施策を紹介します SEO対策業者が実行する施策は、大きく分けて以下の4つです。 外部対策 内部対策 コンテンツSEO 「ブラックハット」と「ホワイトハット」 順に解説していきます。 外部対策 外部対策とは、別サイトから被リンクを獲得してSEO対策を行う施策です。被リンクとは他のサイトからリンクを貼られている状態のことを指しており、コンテンツの質を表す指標の一つとして、被リンクを多く獲得していれば検索エンジンから良質なコンテンツとして評価されます。   しかし、自作自演で被リンクを獲得、販売されているリンクを活用した場合は、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため注意しましょう。   具体的なSEO対策について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【初心者OK】これで安心!SEO対策チェックリストまとめ【完全版】 内部対策 内部対策とは、Webサイト内のソースコードを最適化する施策です。代表的な内部対策は、ディスクリプションやH1・H2タグの適切な配置、内部リンクを設定などです。   内部対策を行なっておくことで、クローラーからインデックスされやすいサイトを構築できます。 コンテンツSEO コンテンツSEOとは、有益なコンテンツをサイト上に掲載することを指します。どれだけ内部対策・外部対策を行なっていても、検索エンジンを利用しているユーザーに有益でないコンテンツを掲載していては、上位表示は獲得できません。   ただし、質の悪いコンテンツを複数掲載したからといって、検索順位が向上するわけではありません。   そのため、ユーザーにとって有益な質の高いコンテンツページを量産することが非常に重要といえるでしょう。 「ブラックハット」と「ホワイトハット」 SEO対策には「ブラックハット」と「ホワイトハット」と呼ばれる施策が存在します。ブラックハットは、被リンクの購入や検索エンジンが提示しているガイドライン違反ギリギリの強引な手法のことです。   また、ホワイトハットとは、ユーザー目線の良質なコンテンツをじっくりと掲載していく手法を指します。ブラックハットを行なっている業者は、発覚次第検索エンジンからペナルティを受けているため注意が必要です。   そのため、依頼する際はホワイトハックでSEO対策を行なっている業者を選びましょう。 SEO対策を依頼する際の5つの注意点 SEO対策を依頼する際の注意点は、大きく分けて以下の5つです。 SEO対策費が安すぎる場合は注意 見積書以外も確認する これまでの実績内容と具体的な施策を聞く SEO対策業者によって手法が大きく異なる 順に解説していきます。 注意点①:SEO対策費が安すぎる場合は注意 SEO対策を依頼する際は、対策費が安すぎる業者には注意が必要です。SEO対策は時間と労力を要する業務であるため、必然的に費用が高くなります。   中には、「1ヶ月5万円で上位表示可能」や「最短3日で結果を出します」のような悪質なセールストークをしてくる業者が存在しています。   そのため、SEO対策費が安すぎる場合は、検討することなく断りましょう。 注意点②:見積書以外も確認する SEO対策を依頼する際は、提示された見積書以外の提案書もしっかり確認しましょう。提案書には自社が抱えている課題をきちんと認識しているのか、課題に対してどのようなアプローチを考えているのか、といった内容が記載されているか確認が必要です。   もし、このような提案がされていない場合は、自社に適切な施策を実施してくれない可能性があるため注意しましょう。 注意点③:これまでの実績内容と具体的な施策を聞く これまでの実績内容と契約後の具体的な施策を聞くことで、本当に自社のことを考えている業者なのか判断できます。   例えば、これまでどのようなジャンルのサイトに対して、どのような対策を行なって結果が出たのか、などを提示してもらうようにしましょう。   注意点④:SEO対策業者によって手法が大きく異なる SEO対策は、担当するコンサルタントによって手法が大きく異なります。 そのため、コンサルタントと打ち合わせを行い、自社に適した手法を実行する業者を選びましょう。依頼が不安な場合は、打ち合わせ時に質問を行うことで、具体的な対策手法や方向性を把握できます。 SEO対策会社の選び方について、もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年完全版】これで失敗しない!SEO対策会社の選び方を解説します まとめ 以上、SEO対策に見積もりを依頼する前に知っておくべきことやSEO対策会社の料金体系、依頼する際の注意点を解説していきました。自社にSEO対策のノウハウがない場合は、専門業者に依頼することで、社内リソースを回しながら効率的に検索順位を向上できます。   しかし、業者に依頼したからとって必ず結果が出るわけではなく、業者によっても対策手法が異なります。   そのため、本記事を参考に依頼する際は自社に適した対策業者を選びましょう。   SEO対策について更に詳しく知りたい方は、下のまとめ記事をお読みください。 【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法

no image

2021/10/25

【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインが気になっています。でも、中古ドメインってほんとに大丈夫なのかな。買う前にいろいろ知っておきたいので、中古ドメインのメリットとデメリットを徹底解説してください。」   この記事では、こんな疑問にお答えします。 【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインのメリット・デメリット」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメイン、新規ドメインとは? ・中古ドメインとは ・新規ドメインとは     中古ドメインのメリットとデメリットとは     ・中古ドメインのメリット 結論としては、下記のとおりです。 ・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる 順に解説します。   ・前所有者が取得してからの「運用歴(ドメインエイジ)」が引き継がれる ・Googleにインデックスされるスピードが速い ・ページランクの実績が引き継がれる ・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる   ・中古ドメインのデメリット 結論としては、下記のとおりです。   ・新規ドメインより価格が高い ・低品質な被リンクも引き継がれてしまう ・低品質コンテンツの公開履歴が残る ・ペナルティが引き継がれてしまう ・オリジナルのURLが取得できない 順に解説します。 新規ドメインより価格が高い 低品質な被リンクも引き継がれてしまう 低品質コンテンツの公開履歴が残る ペナルティが引き継がれてしまう オリジナルのURLが取得できない   新規ドメインのメリットとデメリットとは   ・新規ドメインのメリット 結論としては、下記のとおりです。   ・中古ドメインより価格が安い ・今までの運用歴に左右されない 順に解説します。 ・中古ドメインより価格が安い ・今までの運用歴に左右されない   ・新規ドメインのデメリット   結論としては、下記のとおりです。 ・「ドメインエイジ(運用歴)」がない ・Googleにインデックスされるスピードが遅い ・ページランクの実績がない ・被リンク(バックリンク資産)がない 順に解説します。 ・「ドメインエイジ(運用歴)」がない ・Googleにインデックスされるスピードが遅い ・ページランクの実績がない ・被リンク(バックリンク資産)がない   「当たり」の中古ドメインの見分け方とは   中古ドメインの価格は何で決まるのか   中古ドメインが上がらない!失敗例を解説します   中古ドメインの買い方を解説します ・お店で買う(おすすめ) ・自分で探して取得する 中古ドメインが買えるおすすめのお店を紹介します     まとめ 今回は「中古ドメインのメリット・デメリット」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか? 【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す     Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。 【任意】 会社名 【必須】 お名前 【必須】 メールアドレス 【必須】 電話番号 【必須】 お問合せ内容

中古ドメイン販売

2021/10/25

【業界の裏側】おすすめの中古ドメイン販売業者を完全解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。おすすめの中古ドメイン販売業者を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【業界の裏側】おすすめの中古ドメイン販売業者を完全解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「おすすめの中古ドメイン販売業者」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   そもそも中古ドメインとは何なのか<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。   ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】   2021年にアフィリエイトをやるなら中古ドメイン1択です ちなみに、アフィリエイトを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由 中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<販売業者をまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん   順に解説します。   アクセス中古ドメイン 高級で品質の高いドメインをたくさん扱う業者です。圧倒的に予算をかけてでも、最高のドメインを取得したい方におすすめです。ただし、個人や予算が少なめの会社様向きではありません。コスパはやや悪いと言わざるを得ません。 中古ドメイン本舗 日本最強水準のコスパを誇る業者です。とにかくお手軽価格でいいドメインが欲しい場合はおすすめです。 ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメイン販売屋さん 昔からある業者です。ドメイン数は多いものの、ドメイン名が隠されていたり、初心者向けとは言い難いです。また、ドメインの評価基準があいまいで、不安要素があります。サテライトサイト向けに大量のドメインを仕入れたい場合にはおすすめかもしれません。 中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。   ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインの見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性     ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。   中古ドメインの価格は何で決まるのか【値段の基準】 結論として、下記のとおりです。 ・ドメインのSEO的な強さ ・運営歴の長さ ・稼げるジャンル(金融・美容など)のドメインかどうか ・ドメインの名前が「短くて意味が通るもの」か   これら4つが全て揃ったドメインは中古車ぐらいの価格まで高騰します。とはいえ、そこまでのものは必要ありません。最低でもドメインのSEO的な強さ、運営歴の長さを重視しましょう。そのうえで、特定ジャンルで突きぬけたい場合は稼げるジャンルのドメインかどうかを気にする形です。 ドメインの名前を気にするのは、見栄えの意味合いも強く、あまり狙うのはおすすめしません。   中古ドメインを購入した後にすべきこと 結論としては、下の2つをやりましょう。 ・ネームサーバーを変更する ・サーチコンソールで手動ペナルティの確認 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します まとめ 今回は「おすすめの中古ドメイン販売業者」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

中古ドメイン 買い方

2021/10/25

【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します

中古ドメインを買いたい人 「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。ネットショップはたくさん出てくるけど、なんかどれも怪しいです。中古ドメインの買い方を徹底解説してください。」 この記事では、こんな疑問にお答えします。 【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの買い方」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。   中古ドメインとは<定義を解説します> 中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。     ドメインとは: インターネット上の住所のこと   つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】 2021年にアフィリエイトをやるなら中古ドメイン1択です ちなみに、アフィリエイトを始めたいなら「中古ドメインを使わないのはありえない」です。この情報はあまり知られていませんが、今のSEOの状況は中古ドメインにはものすごく有利なのです。新規ドメインでは到底実現できないスピードで上位表示できますし、コアアップデートでも、被リンクが多い分だけ中古ドメインは盤石なのです。   アフィリエイトをするなら、絶対に中古ドメインで始めましょう。   もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由   中古ドメインの購入方法の種類 中古ドメインの購入方法の種類は下記のとおりです。   ・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事) ・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事) ・オークション(競りによってドメインを取得する事) ・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事) ・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事) ・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)   結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。   そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。   中古ドメインの探し方とは<便利なサイトをまとめました> 結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。   アクセス中古ドメイン 中古ドメイン本舗 中古ドメイン販売屋さん   ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。 実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。 中古ドメインの「当たり」とは 中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。   ・ドメインパワーが高い ・被リンクの質が高い ・被リンクの数が多い ・ペナルティ履歴がない ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。   中古ドメインの見分け方を解説します 中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。 ・運用履歴 ・運用年数 ・被リンクの質 ・被リンクの本数 ・ドメインの強さ ・ドメインの信頼性 まとめ 今回は「中古ドメインの買い方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?   【完全無料】中古ドメイン本舗でドメインを探す   Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

自社バナー

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    次へ 次へ

    © 2021 Powered by AFFINGER5