Webマーケティング

no image

2021/9/14

【業界の闇】99%のWeb制作会社が不要な理由

  1.売上を伸ばせないから >顧客の売上を伸ばすことではなく HPを作ることを仕事だと考えているから >SEO対策ができていない >素人目にはおしゃれだが、売上につながる機能がない 2.提案力がないから 顧客に言いなりで『いい意味で顧客を裏切るような提案』ができない 3.運用ができないから 4.改善ができないから

no image

2021/9/13

【完全納得】Webマーケティングの費用対効果はこう考える【プロが解説】

そもそもWebマーケティングとは何か? Webマーケティングの予算の決め方 Webマーケティングの適正相場 Webマーケティングは費用対効果が良い? Webマーケティングの費用対効果の測り方/計算式/指標 ROAS(Return On Advertising Spend)<Webマーケティングの費用対効果> CPA(Cost Per Action)<Webマーケティングの費用対効果> LTV(Life Time Value)<Webマーケティングの費用対効果> ROI(Return On Investment)<Webマーケティングの費用対効果> Webマーケティングの費用対効果を考える際に注意するポイント Webマーケティングの費用対効果が合わない時の2つのアプローチ Webマーケティングの費用対効果を高める方法 Webマーケティングの費用対効果は長期で見る Webマーケティングの費用対効果をチェックするための専用サービス Webマーケティングの費用対効果について資料サンプルを紹介します            

no image

2021/9/7

「Webマーケティング支援サービス」に依頼して売上を伸ばす方法

そもそもwebマーケティングとは何か なぜwebマーケティングは必要なのか どういう状況のときにWebマーケティングサービスが必要なのか? 1.現状把握(解析・診断)<Webマーケティングサービスの施策> 2.目標設定<Webマーケティングサービスの施策> 3.戦略策定<Webマーケティングサービスの施策> 4.施策実行<Webマーケティングサービスの施策> 集客施策 回遊施策 5.成果測定<Webマーケティングサービスの施策> 6.改善<Webマーケティングサービスの施策> 7.報告 webマーケティング サービスの料金    

no image

2021/9/7

【完全解説】Webマーケティングコンサル会社は何をしてくれるのか?

そもそもWebマーケティングってなに? Webマーケティングコンサルって何をするの? Webマーケティングコンサルによる改善事例 どんな状況の時にWebコンサルティングを頼むべきか? Webコンサルティングの費用の目安(相場) 自社にマッチしたWebコンサルティング会社を選ぶポイント Webコンサルティングの実績が豊富な会社 特定の種類のWebコンサルティングに強い会社 Webコンサルティングを依頼する前に、改善余地を自分でチェック!                                    

no image

2021/9/7

Webマーケティングを基礎から学べるメディア/セミナー/講座/本

そもそもWebマーケティングとはなにか なぜWebマーケティングが必要なのか Webマーケティングをどう学べば良いのか Webマーケティングの全体像をつかむ Webマーケティングを個別要素に細分化して理解する 一流のWebマーケターの発信から学ぶ 実際に手を動かしてフィードバックをもらう Webマーケティングを学びたい人向けの本                                        

no image

2021/9/7

これで失敗ゼロ!Webマーケティング代行業者をうまく使う方法とは

  そもそもWebマーケティングとは何か なぜWebマーケティングが必要なのか なぜWebマーケティング代行業者に外注すべきなのか 専門人材が確保できず、失敗するから WEBマーケティング代行業者を選ぶ際のポイント おすすめのWEBマーケティング代行業者 Webマーケティング代行業者の特長 Webマーケティング代行業者のサービス事例 Webマーケティング代行業者への依頼の流れ Webマーケティング代行業者の導入料金 よくある質問 まとめ      

no image

2021/9/7

【結論】Webマーケティングはなぜ必要なのか?理由を解説します

Webマーケティングとは? なぜWebマーケティングが必要? webマーケティングとデジタルマーケティングの違い webマーケティングの重要性 webマーケティングの歴史 Webマーケティングはすべての企業において重要 Webマーケティングを行う目的 Webマーケティングにおいて、最も大切なこと Webマーケティングのメリット Webマーケティングのデメリット 自社サイトへ集客するためのWebマーケティング 自社サイトの回遊、再来訪を促すWebマーケティング 自社サイトで成果を挙げるためのWebマーケティング Webマーケティング戦略の組み立て方 「Webマーケティング」の成功例 Webマーケティングを成功させるコツ 「Webマーケティング」の取り入れ方

no image

2021/9/2

【朗報】BtoBマーケティングとは何なのか?完全解説します

そもそもマーケティングとはなにか BtoBマーケティングとBtoCマーケティングの違い BtoBマーケティングが注目される理由 BtoBマーケティングで流行している最新トレンド 最新トレンド1「営業DX、マーケティングDX」 最新トレンド2「ABM(アカウントベースドマーケティング)」   BtoBマーケティングを成功させるための前提 1. 顧客ニーズの理解を深める 2. 営業やマーケティングなど部門間の連携をする 3. ツール導入や施策実行の目的を明確にする 4.自社のペルソナをしっかり定義する 5.外部パートナーに相談してみる   順に解説します。   1. 顧客ニーズの理解を深める 2. 営業やマーケティングなど部門間の連携をする 3. ツール導入や施策実行の目的を明確にする 4.自社のペルソナをしっかり定義する 5.外部パートナーに相談してみる   BtoBマーケティングにおいて重要なプロセスマネジメント   BtoBマーケティングの流れとは<リレーション>     BtoBでリードを獲得する48の手法<リードジェネレーション> 【1】SEO対策(検索エンジン最適化) WebサイトやLP(ランディングページ)の改善 【2】CV(コンバージョン)ポイントの見直し 【3】CV(コンバージョン)導線の見直し 【4】KV(キービジュアル)の改善 【5】キャッチコピーの改善 【6】有名企業やターゲットに近しい企業の事例追加 【7】EFO(入力フォーム最適化) 【8】チャットツールの導入   広告出稿 【9】リスティング広告(検索連動型広告) 【10】ディスプレイ広告 【11】Facebook広告 【12】Instagram広告 【13】Twitter広告 【14】Wantedly People Ads 【15】Eight Ads   SNS運用 【16】公式アカウント 【17】個人アカウント 【18】代表 【19】インフルエンサー社員 【20】ブログ執筆 外部メディア 【21】外部メディアへの寄稿 【22】外部メディアへの広告出稿 【23】導入事例(成功事例)の作成 【24】ホワイトペーパー作成(お役立ち資料作成) 【25】プレスリリース配信 【26】メールDM(フォームDM)   オフラインのリード獲得手法 【27】展示会出展 【28】カンファレンス開催 【29】カンファレンス/イベントのスポンサード   セミナー開催 【30】製品説明セミナー 【31】顧客登壇セミナー 【32】ノウハウ共有セミナー 【33】共催セミナー DM送付 【34】パンフレット 【35】手紙(CxOレター) 紹介 【37】顧客経由の紹介 【38】株主・アドバイザー経由の紹介 【39】インフルエンサー社員経由の紹介 【40】パートナー企業経由の紹介 【41】書籍出版 【42】イベント/セミナーの登壇 【43】テレアポ 【44】飛び込み営業 マス広告 【45】テレビCM 【46】交通広告 【47】業界紙への広告出稿   2.BtoBでリードを育成する<リードナーチャリング> メールマーケティング 【49】メルマガ配信 【50】ステップメール配信   【50】セミナー開催 【51】紙DM送付 【52】リマーケティング/リターゲティング広告 【53】MA(マーケティングオートメーション)ツールの導入   3.BtoBでリードを選別する手法<リードクオリフィケーション> 【60】アポ時間を30分で設定 【61】コアタイム(10:00-17:00)に社内会議を入れない 【62】フィールドセールスとインサイドセールスを分業 【63】片道1時間以上かかるアポに行かない 【64】提案資料、見積書のフォーマット化 【65】事前に電話やメールで、クライアントの課題をヒアリング 【66】オンライン商談の活用   4.BtoB営業と連携してリードを案件化・商談化する<フィールドセールス>   5.受注する 【67】競合との比較表を作成 【68】提案/見積書の提出期間を短縮 【69】納品物、ツールの管理画面を明示 【70】会社のストーリー、思想を伝える 【71】受注企業の傾向分析 【72】失注要因の分析 【73】営業ロープレを定期開催   6.顧客維持する   7.顧客満足度調査をする   8.BtoBマーケティングの始め方・進め方のコツ 顧客や見込み顧客(リード)がいる場合のBtoBマーケティングの始め方・進め方   顧客や見込み顧客(リード)がいない場合のBtoBマーケティングの始め方・進め方   8.企画に煮詰まったら・・・ 【74】ユーザーテストの実施 【75】ユーザーインタビューの実施 【76】他社のマーケターに相談 【77】外部アドバイザー/コンサルタントに相談 【78】業界No.1の会社を分析 【79】ターゲットが同じ別業界の会社を分析   9.BtoBマーケティング理論・戦略・施策を学べる書籍/本を紹介します BtoBマーケティング―日本企業のための成長シナリオ BtoBウェブマーケティングの新しい教科書 営業力を飛躍させる戦略と実践 事例で学ぶ BtoBマーケティングの戦略と実践 実践 BtoBマーケティング: 法人営業 成功の条件 THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス     btobマーケティング 事例 btobマーケティング 手法 btobマーケティングアワード B to B to C B2B ソリューション 企業 BtoB トップページ BtoB マーケティング 必要性 BtoB マーケティング(ABM) BtoB マーケティングトレンド BtoB マーケティング偏差値 BtoB マーケティング市場 BtoB マーケティング手法 BtoB マーケティング施策 BtoB 戦略 BtoB 需要 BtoBウェブマーケティングの新しい 教科書 営業力を飛躍 させる 戦略と実践 BtoB企業 マーケティング BtoB営業 難しい BtoC マーケティング 本 BtoCマーケティング戦略 Marketo Pardot SATORI SaaS マーケティング本 Webサービス BtoB Webマーケティングファネル btob btoc 向き不向き btob webサイト btob webマーケティング btob web制作 btob web広告 btob ウェブサイト ランキング btob マーケティング戦略 本 btob 事例紹介 btobコンサル btobビジネス btobプラットフォーム btobマーケター btobマーケティング セミナー btobマーケティング 業界 btobマーケティング 課題 btobマーケティング 転職 btob企業とは btob営業 きつい btoc とは btocとは わかりやすく btocマーケティング 本 btoc企業とは ...

no image

2021/9/2

【警告】btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント

Webサイト制作を依頼したいBtoB経営者 「弊社もしっかりとした自社サイトを作りたい。でも、どのぐらいの予算で何を重視して作れば良いのかわからない。業者に丸投げしたら、きっと最悪な品質で納品されるだろう.....。前提情報を効率よく学びたいです。助けてください。」   こういった疑問に答えます。   【警告】btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント」について解説します。   1.【目的】なぜBtoB企業にとって、Webサイトは重要なのか? 結論として、BtoBマーケティングを行うためです。   BtoBマーケティングとは<ツール・コンサル/支援・業界概要・事例・市場・戦略> BtoBマーケティングとはBtoB企業が行うマーケティングのことです。 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【朗報】BtoBマーケティングとは何なのか?完全解説します   2.【前提】btobサイトとは何なのか?     ■BtoBサイトの特徴 ・専門性が高く、一般には馴染みがないビジネスが多い。 ・認知から購買までのリードタイムが長い。 ・高額な商材を少数の顧客に販売するのが基本。 ・Webサイトの訪問者が必ずしも購買意思決定者ではない。 ・オンラインで完結せず、オフラインのユーザ行動も想定すべき。 ・膨大なトラフィックは不要だが、良質なトラフィックは必要。 ・デザイン以上にコンテンツの質が大きな影響を与える。 ・購買/再購買プロセスのどこでWebを活用するかで、作り方が変わる。 ・成果を指標化しやすく、それ故に指標設計が重要。 ・目標売上などから逆算し、適切かつ現実的な予算を導き出せる。   Btob製造業のWebサイト成功事例     3.【失敗例】こんなBtoBサイトは最悪です! 今のサイトの課題がわかっていない おしゃれなデザインにこだわりすぎる 「リニューアル」が目的になる 商品情報だけをカタログ的に羅列 専門用語・表現の濫用 Webサイトの更新が滞る   3.【重要点】BtoBサイトを制作する上でのポイント ①見やすいデザインにする ファーストビューは3秒で伝わる内容にする できるだけ無駄な情報を省く ②ターゲットがコンバージョンしやすい導線設計にする ③ コンテンツを最適化する 会社概要 製品情報 サービス紹介 ニュース・お知らせ よくある質問 ケーススタディ サポート情報 資料ダウンロード お問い合わせ オンラインサポート セミナー情報 多言語情報 ④ 専門用語は控えめにする ⑤ 基本的なSEO設計を行う ⑥ 運用することを念頭に置く   4.BtoBサイトの製作工程を大公開します <戦略フェーズ>Webサイトの適切な役割と目標を見極めます 購買経路が把握しやすいBtoBビジネスでは、事業目標からWebサイトの目標を逆算することが可能です。ベイジでは、多くのお客様から分析力や提案力を高くご評価いただきますが、以下のような観点からWebサイトの目的や役割を明確に定義し、投資対効果や現実的なリニューアルの方向性を見極めているためです。   ターゲットはどういったユーザで、どのくらいの割合でインターネットを使っているのか? 顧客はどういう購買プロセスで、なんのためにWebサイトに訪問するのか? どういった成果指標を立てて、Webサイトを改善・運営していくべきか? Webサイトを最適化することで、売上・利益・コストはどのくらい改善しそうか? 現状のWebサイトでは、どこがボトルネックとなり、優先的に変えなくてはならないか? Webサイトをリニューアルするうえで、どこに予算をかけて、集中すべきか? Webサイトの構築や運営にどのくらい予算をかけるのが妥当なのか? 具体的にどのようなスケジュールでプロジェクトを進めていくべきか? <設計フェーズ>戦略からコンテンツを作り、構造化し、Webサイトとして具体化します 優れた戦略も、具体化する力がなければ実行されることはありません。戦略要件から、具体的なコンテンツや設計に落とし込めることが、私たちの最大の強みです。BtoBサイトではコンテンツ作りが障壁となるケースも多いですが、質の高いコンテンツ制作や、写真・映像などの素材制作も含めて、一貫してお手伝いできます。   戦略や指標を満たすには、どういうコンテンツが必要となってくるのか? 社内に蓄積された情報をどうコンテンツ化し、Webサイトに掲載するのがいいか? 写真や動画は、どのように取り揃えていくのがいいか? 顧客行動を考えると、どういったデバイスをターゲットするのか? どのようなWebサイト内の行動しなりをにもとづき、動線を描くべきか? ページやカテゴリは、どのように構成していくのが適切か? ナビゲーション要素はどのように構成し、どのように設置するのが効果的か? それぞれのページはどのような構造になるべきか? <開発フェーズ(デザイン/システム)>質の高いUIデザインの制作やシステム開発を行います 設計フェーズで定義した要件・仕様にもとづき、デザインやシステムの実装を行います。BtoBサイトでもっとも重要なのは戦略からの一貫性。見た目の印象や技術トレンドに安易に従うのではなく、マーケティングツールとして正しく機能するWebサイトを目指し、細部までこだわっていきます。   ユーザの行動シナリオを考えると、どのような機能やナビゲーションがいいか? ブランドをどのように配色やビジュアルに反映すべきか? デザインのトレンドはどのようになっていて、どこまで踏襲するのか? SEOを考慮すると、どのように実装していくのが最適か? 一般的なユーザビリティ要件について、どこまで厳密に順守すべきのか? 更新性と見た目の美しさが相反する部分を、どのように取捨選択すべきのか? KPIを正しく計測するためには、どのような仕掛けを含めておくべきか? 更新頻度や運用体制から最適なMA/SFA/CMSソリューションは何か? <運用フェーズ>スムーズな運用と改善の体制構築をサポートします Webサイトがビジネスに貢献するかどうかは、公開後の運用で大きく変わります。運用には定期的な「更新業務」と数値目標に向かってPDCAを回す「改善業務」の2つがあります。人的リソースや予算といった障壁も考慮したうえで、継続できる効果的な運用方法をご提案します。   更新はどのくらいの頻度で、どのくらいコストをかけるべきか? サイトを改善するためにはどんな体制が必要か? 何を目指してWebサイトを改善していけばいいのか? 社内で更新をするためにはどんなルールが必要か? ログ解析はどのくらいの頻度で、どこを見ればいいのか? 広告やSNSなど、集客にはどんな手段があるのか? 運営必要な社内教育はどのようにすればいいのか? 保守契約はどのように決めればいいのか?   5.【制作後】BtoBサイトを作った後、どうやって集客するのか SEO 広告 SNS   まとめ 今回は「btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント」を解説しました。全て抑えることで、長期に渡って受注を獲得できる素晴らしいサイトを作れますよ。 また、BtoBサイト制作についてお悩みの場合は、問い合わせフォームから何でもご相談ください。 お待ちしております。

2021/8/3

【中小企業経営者向け】アフターコロナで中小企業が生存するための戦略

中小企業経営者様 「コロナで世の中が無茶苦茶になって、これからの会社経営はどうすればいいんだろうか。他の経営者も次々と倒れている。うちも何か手を打たないと.....。でも、コロナの後の世界はどうなるのか見当もつかない。助けてください。」   こういった疑問に答えます。   まず、世界的コンサルティングファームであるローランドベルガーは、下記のように述べています。   ・コロナによって人々の価値観は激変する ・人々の消費行動も大きく変化する (参考:新型コロナウイルス 生活者の価値観・消費行動・働き方はどう変わるか)   われわれ経営者は、このような劇的な変化にも対応しなければなりません。世界的投資家のバフェットですら「飛行機が今まで通り飛ぶのか怪しい」と述べているくらいです。そして、彼ですら今回のコロナショックでは投資判断ミスを犯し、大きなダメージを受けました。 (参考:バークシャー、航空機部品会社関連で減損-バフェット氏は業界に警告)   世界的コンサルファームが警鐘を鳴らし、世界的投資家ですら判断を誤る時代。 それがアフターコロナです。こんな不確実な世の中で、私たちに何ができるでしょうか。   一言でいうと、それは備えることです。   つまり、何が起きても大丈夫なように、徹底的な対策をする必要があります。     消費者の需要はこう変わる 結論としては、下記のとおりです。   衣 ・外出頻度が激減して市場縮小 ・機能性/快適性の高い商品が需要増 ・店舗ではなくオンライン(EC)で購買が起きる 食 ・外食市場が縮小し、内食市場・内食市場が拡大 ・外食に特別な付加価値が求められる 住 ・不動産販売不振、賃料低下 ・インテリアや電化製品が需要増 ・郊外の広い物件、在宅勤務向け物件の需要増 遊 ・三密を伴うエンタメ/テーマパークは打撃大 ・ゲーム/動画配信は需要増 ・混雑がなく開放的な場所が求められる ・ネットを使って家で楽しむ遊びが増える (参考:新型コロナウイルス 生活者の価値観・消費行動・働き方はどう変わるか(Roland Berger))   今までの常識が全く通用しない社会になっていきます。 市場は大きく変化しますが、その分だけチャンスも生まれます。 そのチャンスに乗れば、大きく成長することも可能ですよ。   働き方はこう変わる 結論として、完全リモートワークへの対応が求められます。ここで「完全」という言葉を使ったのは、下記のとおりです。   完全リモートワーク:経営層・従業員が全員リモートで働く 部分リモートワーク:一部の従業員がリモートで働く   今まで「リモートワーク」というと、後者を指しました。しかし、これでは多くのデメリットを生みます。例えば、リモートワークしている人とオフィスとの間にコミュニケーションの壁が生まれることです。どうしても、働く環境が違うと、相手のことは分からなくなり、すれ違いが起きるものです。   そこで、完全リモートワークの出番です。この働き方では、基本的に全ての経営層・従業員がリモートワークを行います。オフィスはもはや必要はありません。   ここで、「リモートワークで成功している伝説的中小企業」をご紹介します。名前はBasecamp。シカゴの会社です。しかし、世界中に従業員がいて、リモートワークで働いています。この会社は、たった52人の従業員で売上2500万ドル(約25億円)をたたき出しています。実は、世界的に使われている「Ruby on Rails」の生みの親でもあります。     BasecampのCTOであるDavid氏の著書をご紹介します。是非お読みください。       日本の中小企業はこう変わるべき 結論として、Web本舗は下記の経営改革を求めます。 ・正社員を減らして、フリーランスに仕事を外注する ・オフィス・実店舗を減らして、固定費を最小化する ・ITツールの導入により、仕事の絶対量を減らす ・Webマーケティングの導入により、売上が伸びる仕組みを作る 断言します。これができる会社は、コロナ終息後に大きく成長して業界のリーダーになれると。   なぜならできない会社が大半だからです。この経営改革自体が差別化になります。 要するに「社会がどう変化しても、柔軟に対応できる会社」を作ればいいのです。今までは好景気でしたから、この柔軟性がない企業でも生存できました。つまり市場が増えるから、投資した分だけ儲かるイメージです。   しかし、これからは突然ロックダウンが起きます。突然飛行機が飛べなくなります。突然大企業が経営破たんします。こういった劇的な変化に対応する必要があります。   その他参考文献: エラスティック・デジタル・ワークプレイスによる不確実な時代のビジネス生産性(accenture) COVID-19からの回復 レジエントなリーダーのための経済回復シナリオ(Deloitte) 小売業界におけるCOVID-19のビジネスインパクトへの対応(Strategy&) COVID-19:ビジネスへの意味合い(McKinsey&Company)   まとめ 「耳が痛い....」という方も沢山いらっしゃいますよね。その気持ち、凄くわかります。何かを変えるというのは、大きな勇気がいります。不安ですよね。ただ、やはり挑戦しない事には、事態は悪くなる一方です。   まずは小さい部分から、変えていくことをオススメします。   「よし!やるぞ!」という強い意志を持つことが大切です。 変化の荒波に対応できた企業は、さらに強くなって復活することでしょう。 そのことは、歴史が証明しています。   Web本舗はいつだって中小企業様の味方です。 問い合わせフォームから、何でもご相談ください。 お待ちしております。

自社バナー

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    次へ 次へ

    © 2021 Powered by AFFINGER5