Webサイト

webサイト 売上 伸ばす

2022/2/7

【完全保存版】Webサイトで売上を伸ばす方法を解説します

そもそもWebサイトとはなにか   Webサイトの目的とは   Webマーケティング会社は何をしてくれるのか   Webサイト制作に強いおすすめの会社一覧   Webサイト制作業者をうまく使う方法とは   Webサイト制作のやり方   Webサイトの成功事例を紹介します   Webサイトの最新状況はどんなものなのか 2021年現在、最新のWebサイト改善について、海外事例も踏まえて解説します。   Webサイト制作では具体的に何をやるのか   Webサイト改善の最新の成功事例はどんなものか 具体的な成功事例を紹介しています。   Webサイト制作で失敗する理由は何か 結論は3つです。❶素人が自分でやるから❷粗悪な業者に頼むから❸結果が出るまでに諦めるから   Webサイト制作と他の施策の違いとは   Webサイトが向いてるのはこんな場合 本気で売上を伸ばしたい方に向いています。お金はかかりますが着実に売上を伸ばせます。   Webサイト制作はいくらで実現できるのか 最低30万円~が目安です。別途、運用の改善は月額1万円前後となります。   Webサイト制作の結果はいつ出るのか Google検索エンジンが評価するまでに最短でも3か月、遅いと半年かかります。   売上アップに強いWebサイト制作サービス『ONE POWER』のご紹介 ONE POWER LP ONE POWERサンプルサイト

BtoB サイト制作

2022/3/3

【警告】btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント

Webサイト制作を依頼したいBtoB経営者 「弊社もしっかりとした自社サイトを作りたい。でも、どのぐらいの予算で何を重視して作れば良いのかわからない。業者に丸投げしたら、きっと最悪な品質で納品されるだろう.....。前提情報を効率よく学びたいです。助けてください。」   こういった疑問に答えます。 \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※ 【警告】btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント」について解説します。   1.【目的】なぜBtoB企業にとって、Webサイトは重要なのか? 結論として、BtoBマーケティングを行うためです。   BtoBマーケティングとは<ツール・コンサル/支援・業界概要・事例・市場・戦略> BtoBマーケティングとはBtoB企業が行うマーケティングのことです。 もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。 【朗報】BtoBマーケティングとは何なのか?完全解説します 2.【前提】btobサイトとは何なのか?     ■BtoBサイトの特徴 ・専門性が高く、一般には馴染みがないビジネスが多い。 ・認知から購買までのリードタイムが長い。 ・高額な商材を少数の顧客に販売するのが基本。 ・Webサイトの訪問者が必ずしも購買意思決定者ではない。 ・オンラインで完結せず、オフラインのユーザ行動も想定すべき。 ・膨大なトラフィックは不要だが、良質なトラフィックは必要。 ・デザイン以上にコンテンツの質が大きな影響を与える。 ・購買/再購買プロセスのどこでWebを活用するかで、作り方が変わる。 ・成果を指標化しやすく、それ故に指標設計が重要。 ・目標売上などから逆算し、適切かつ現実的な予算を導き出せる。   Btob製造業のWebサイト成功事例     3.【失敗例】こんなBtoBサイトは最悪です! 今のサイトの課題がわかっていない おしゃれなデザインにこだわりすぎる 「リニューアル」が目的になる 商品情報だけをカタログ的に羅列 専門用語・表現の濫用 Webサイトの更新が滞る   3.【重要点】BtoBサイトを制作する上でのポイント ①見やすいデザインにする ファーストビューは3秒で伝わる内容にする できるだけ無駄な情報を省く ②ターゲットがコンバージョンしやすい導線設計にする ③ コンテンツを最適化する 会社概要 製品情報 サービス紹介 ニュース・お知らせ よくある質問 ケーススタディ サポート情報 資料ダウンロード お問い合わせ オンラインサポート セミナー情報 多言語情報 ④ 専門用語は控えめにする ⑤ 基本的なSEO設計を行う ⑥ 運用することを念頭に置く 4.BtoBサイトの製作工程を大公開します <戦略フェーズ>Webサイトの適切な役割と目標を見極めます 購買経路が把握しやすいBtoBビジネスでは、事業目標からWebサイトの目標を逆算することが可能です。ベイジでは、多くのお客様から分析力や提案力を高くご評価いただきますが、以下のような観点からWebサイトの目的や役割を明確に定義し、投資対効果や現実的なリニューアルの方向性を見極めているためです。   ターゲットはどういったユーザで、どのくらいの割合でインターネットを使っているのか? 顧客はどういう購買プロセスで、なんのためにWebサイトに訪問するのか? どういった成果指標を立てて、Webサイトを改善・運営していくべきか? Webサイトを最適化することで、売上・利益・コストはどのくらい改善しそうか? 現状のWebサイトでは、どこがボトルネックとなり、優先的に変えなくてはならないか? Webサイトをリニューアルするうえで、どこに予算をかけて、集中すべきか? Webサイトの構築や運営にどのくらい予算をかけるのが妥当なのか? 具体的にどのようなスケジュールでプロジェクトを進めていくべきか? <設計フェーズ>戦略からコンテンツを作り、構造化し、Webサイトとして具体化します 優れた戦略も、具体化する力がなければ実行されることはありません。戦略要件から、具体的なコンテンツや設計に落とし込めることが、私たちの最大の強みです。BtoBサイトではコンテンツ作りが障壁となるケースも多いですが、質の高いコンテンツ制作や、写真・映像などの素材制作も含めて、一貫してお手伝いできます。   戦略や指標を満たすには、どういうコンテンツが必要となってくるのか? 社内に蓄積された情報をどうコンテンツ化し、Webサイトに掲載するのがいいか? 写真や動画は、どのように取り揃えていくのがいいか? 顧客行動を考えると、どういったデバイスをターゲットするのか? どのようなWebサイト内の行動しなりをにもとづき、動線を描くべきか? ページやカテゴリは、どのように構成していくのが適切か? ナビゲーション要素はどのように構成し、どのように設置するのが効果的か? それぞれのページはどのような構造になるべきか? <開発フェーズ(デザイン/システム)>質の高いUIデザインの制作やシステム開発を行います 設計フェーズで定義した要件・仕様にもとづき、デザインやシステムの実装を行います。BtoBサイトでもっとも重要なのは戦略からの一貫性。見た目の印象や技術トレンドに安易に従うのではなく、マーケティングツールとして正しく機能するWebサイトを目指し、細部までこだわっていきます。   ユーザの行動シナリオを考えると、どのような機能やナビゲーションがいいか? ブランドをどのように配色やビジュアルに反映すべきか? デザインのトレンドはどのようになっていて、どこまで踏襲するのか? SEOを考慮すると、どのように実装していくのが最適か? 一般的なユーザビリティ要件について、どこまで厳密に順守すべきのか? 更新性と見た目の美しさが相反する部分を、どのように取捨選択すべきのか? KPIを正しく計測するためには、どのような仕掛けを含めておくべきか? 更新頻度や運用体制から最適なMA/SFA/CMSソリューションは何か? <運用フェーズ>スムーズな運用と改善の体制構築をサポートします Webサイトがビジネスに貢献するかどうかは、公開後の運用で大きく変わります。運用には定期的な「更新業務」と数値目標に向かってPDCAを回す「改善業務」の2つがあります。人的リソースや予算といった障壁も考慮したうえで、継続できる効果的な運用方法をご提案します。   更新はどのくらいの頻度で、どのくらいコストをかけるべきか? サイトを改善するためにはどんな体制が必要か? 何を目指してWebサイトを改善していけばいいのか? 社内で更新をするためにはどんなルールが必要か? ログ解析はどのくらいの頻度で、どこを見ればいいのか? 広告やSNSなど、集客にはどんな手段があるのか? 運営必要な社内教育はどのようにすればいいのか? 保守契約はどのように決めればいいのか?   5.【制作後】BtoBサイトを作った後、どうやって集客するのか SEO 広告 SNS まとめ 今回は「btobのWebサイト制作で絶対に外してはいけないポイント」を解説しました。全て抑えることで、長期に渡って受注を獲得できる素晴らしいサイトを作れますよ。 また、BtoBサイト制作についてお悩みの場合は、問い合わせフォームから何でもご相談ください。 お待ちしております。 \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

企業のWebサイトが失敗する理由

2022/3/1

【悲報】企業のWebサイトが失敗する理由を解説します【お金の無駄】

Webサイトで売上を伸ばしたい経営者 「Webサイトを作って売上を伸ばしたい。これからはネットの時代だからウチも頑張らないと。でも、せっかくお金を出して結果が出なかったら最悪だな。失敗したくないので、Webサイトが失敗する理由を教えてください。」   こういった疑問に答えます。   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※     企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由を解説します Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「企業のWebサイトが失敗する理由」について解説します。記事を読むことで、Webサイトに関する失敗をなくすことができますよ。   結論として、Webサイトが失敗する理由は下記のとおりです。   1.自社で作ってしまう 2.ターゲットが明確ではない 3.古いまま放置している 4.業者選びを間違えている   順番に解説します。   1.自社で作ってしまう<企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由> 実は「一番やりがちな失敗」がこのパターンなんです。     もしかして、下のような無料サービスで作ろうとしていませんか。   ・WIX ・AmebaOwnd ・Jimdo   もし当てはまったら、要注意です。なぜなら「素人が無料サービスで作ったWebサイトは、絶対に伸びないから」です。気分を悪くされたらすみません・・・。しかし損をしてほしくないので事実を書きました。     実は「無料サービス」ではWebサイトの真の力を「1割も」発揮できないんです。     例えば、下記のとおりです。   ・デザインがほぼ同じだから ・SEO対策ができない ・独自ドメインが取れない ・古いサイトの「評価」を引き継げない ・サービスが消えるとWebサイトも消える   まとめると「デメリットも多く、ビジネスには到底使えない性能」ということです。「無料だからいいじゃないか」と考える人もいるかもしれません。しかし、どうでしょうか。競合他社は全力で最高のWebサイトを作ってきます。今後ますますWebサイトの重要性は増すばかりです。     そんな中で「素人が作った無料Webサイト」で売上が伸ばせるわけがないのです。     そもそも、「本気で売上を伸ばしたい」と考える事業者は、絶対に自社でWebサイトを作りませんよ。なぜなら、実力のある会社ほど「プロに頼むことの重要性」を知っているからです。餅は餅屋です。   例えば、建築の素人が、ネットで聞きかじった知識で家を建てたらどうなるでしょうか。   100%その家は欠陥住宅になるでしょう。Webサイトも全く同じです。素人目に同じように見えても、実は裏側の構造や土台がプロと素人では天と地ほど違うのです。だからこそ、同じようなWebサイトでも、大きく伸びるものと全然伸びないものがあるのです。   「無料ブログがだめな理由」を更に詳しく知りたい方は、下のまとめ記事をお読みください。 【悲報】無料ブログでWebサイトを作ると必ず失敗します【理由を解説】   SEO対策について更に詳しく知りたい方は、下のまとめ記事をお読みください。 【2021年完全版】あなたの会社の売上をSEO対策で伸ばす方法   2.ターゲットが明確ではない<企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由> 結論として、「誰に読ませたいのか不明確なWebサイト」は伸びません。こういったサイトは世の中には沢山ありますよね。確かに気持ちはわかります。万人受けしたい。そう思うのは世の常です。しかし、ビジネスで結果を出すには「ターゲットを徹底的に絞ること」が重要なのです。     Webサイトも同じです。ターゲットを明確にして戦略的に作る必要があります。   この戦略づくりは、我々のようなWebマーケティングコンサル事業者が最も付加価値を出せる領域でもあります。   3.古いまま放置している<企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由> 「もう5年は更新してない」「デザインも古いままだな」という方は、要注意です。Webサイトは会社の顔です。一番目立ちます。そして顧客は「Webサイトから会社の姿を想像」します。     例えば、下記のとおりです。     古いWebサイトを見た顧客: うわ。デザインが古いWebサイトだな。表示速度も遅いし、辛気臭い。必要な情報も書いてないから、もう倒産したのかな。全体的にセンスがなさそうだから、この会社はやめておこう。     残酷ですが、事実です。いくらお腹が空いていても、「ぼろぼろで蜘蛛の巣が張ったラーメン屋」には入る気がしないですよね。それと同じことが、Webサイトにも言えます。   ですが、ご安心ください。適切な業者に発注すれば、あっという間にピカピカのWebサイトに元通りです。大事なのは、Webサイトも手入れしないとドンドン古くなってしまうことです。これだけは忘れないでください。定期的なメンテナンスと思い切ったリニューアルが大切です。   4.業者選びを間違えている<企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由> 結論として、下のような業者に頼むと確実に失敗します。   ・顧客の売上を伸ばすことを目的にしていない ・自社でWebサイトを運用していない ・デザインに無駄にこだわる ・SEO対策の技術がない ・作った後に放置する     しかし残念ながら、「ふつうのWeb制作会社」の大半は、上のような悲惨な現状です。   なぜなら彼らの仕事は「Webサイトを作って納品すること」に過ぎないからです。   しかし、弊社のようなWebマーケティング会社は全く違います。我々の仕事は「顧客の売上を最大化すること」なのです。Webサイトは目的を達成するための手段にすぎません。   もし仮に、お客様の売上を伸ばすために、WebサイトではなくSNS・リスティング広告・Youtubeの方が有効であれば、そちらをご提案いたします。Web本舗は、常にお客様の売上を伸ばすことを何よりも大切にしております。   企業がWebサイトのリニューアルで失敗した事例【ダメな例】 ここでは、どういう状態のWebサイトを失敗とするかを解説します。結論として「Webサイトを作る目的は自社の売上を伸ばすこと」です。それ以上も以下もありません。その前提のもとで、下記をご覧ください。   失敗例1.SEO対策が全くできていない 失敗例2.情報がわかりやすく整理されていない 失敗例3. 見た目はおしゃれだが売上が伸びない 失敗例4. サイト訪問者にとって使いにくい設計になっている 失敗例5. ターゲットとサイトが合っていない 失敗例6.リニューアル前に抱えていた課題を解決していない 失敗例7.競合他社と被ってしまい差別化できない 失敗例8.運用しづらい設計になっている   これらすべてを、Web本舗は回避できます。Webサイトで失敗したくない場合は、ぜひご相談ください。   無料で相談する     企業がwebサイトを構築する際の費用 結論として「まともなWebサイトは最低30万円から」とお考えください。   その理由は「安かろう悪かろう」だからです。はっきり言って30万円未満のWeb制作業者というのは「劣悪の一言」です。まともな戦略もなく、技術も経験もなく、長期的な運用を考えずに、目先のお金のために「Webサイトに見える何か」を作っている状態です。そういったWebサイトもどきにお金を出しても意味はありません。   その前提のもとで、下記のような相場が標準的です。   ✓Webサイトの格付けランキング 最高クラス:300万円以上 上級クラス:180~280万円 中堅クラス:80~180万円 初級クラス:30~80万円 ===圏外=== Webサイトもどき:30万円以下   Webサイトの相場についてもっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご確認ください。   【完全保存版】損したくない!Webサイト制作の相場を完全解説します 【補助金・助成金】Webサイトを格安で制作する方法【2020年版】   企業がWebサイトを成功させるには 結論として、下記を行えばOKです。   ・Webサイトはプロに任せる ・目的を明確にする ・ターゲットを明確にする ・古いWebサイトを放置しない ・実力のある業者を選ぶ     「面倒だなぁ」「大変そう」と感じた方もいるかもしれません。しかし、ご安心ください。   弊社にお任せいただければ、全ての工程を一括で行います。   まずはヒアリングさせていただき、最高のご提案をさせて頂きます。 まとめ<企業のWebサイト(自社サイト)が失敗する理由> 今回は「企業のWebサイトが失敗する理由」を解説しました。Webサイトで効率よく売上を伸ばしていきましょう。   無料相談は下のリンクからお気軽にどうぞ。   無料で相談する   Webサイトは今後ますます重要になってきます。なぜなら、オンラインの集客が当たり前になっているからです。 今すぐ動けば、3ヶ月後の売上アップに繋げることができますよ。まずは、お気軽にご相談ください。 下のリンクも、あわせてお読みくださいませ。 【目的を解説】なぜ作るのか?企業がWebサイトを作るべき理由 【悲報】Webサイトがない会社が必ず倒産する理由【デメリット】   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

スマホ対応

2022/3/1

【時代遅れ】Webサイトをスマホ対応しないと会社が倒産する話

自社サイトをスマホ対応にしたい経営者 「昔作ったWebサイトが古くなってきた。スマホで見たらデザインも崩れてるし、こんなんじゃ顧客に見せられないなぁ。そもそもスマホ対応ってなぜ必要なんだろうか。スマホ対応にも色んなやり方があるけど、どれがベストなんだろうか。金額も良くわかりません。全て教えてください。」   こういった疑問に答えます。   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※ 【時代遅れ】Webサイトをスマホ対応しないと会社が倒産する話 Webマーケティング会社を経営しています。 今回はプロの立場から「Webサイトのスマホ対応をしないとだめな理由」について解説します。記事を読むことで、「自社サイトをスマホ対応する際に知っておくべきこと」が全てわかります。スマホ対応は売上アップに直結するので、是非お読みください。   Webサイトがスマホ対応できているか調べる【Googleのモバイルフレンドリーテスト】 結論として、Googleモバイルフレンドリーテストを使えばOKです。下のリンクをクリック頂き、自社サイトのURLを入れてください。たった1分で測定できます。 Googleモバイルフレンドリーテスト   スマホ対応を確認したいページのURLを入力し、「テストを実行」ボタンをクリックします。   分析の処理が開始され、2~30秒程度で結果が表示されます。 サイトがモバイルフレンドリーかどうかの結果が表示されます。改善点がありますので、「詳細を見る」をクリックして内容をご確認ください。改善点の具体的な対策には専門知識が必要です。そのため、社内のエンジニアリングチームまたは制作会社に内容を確認してアクションを実行するよう依頼してください。 1.なぜWebサイトのスマホ対応が絶対に必要なのか 下記のとおりです。 スマホユーザーが圧倒的に多いから 検索エンジンがスマホ対応を高評価するから   順に解説します。 スマホユーザーが圧倒的に多いから 自社サイトをスマホ対策ができていない・・・。それは「危機的状況」です。なぜなら「世界的にPCよりスマホを使う人の方が多いから」です。下の図をご覧ください。 https://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html   上の図の通り、日本国内のスマホ利用者は7000万人を超えています。もはや、PCよりもスマホの方が一般的になっています。今後も、スマホ利用者は増え続ける見込みです。ということは「自社サイトをスマホ対応しないことは、致命的な機会損失である」ということはご理解いただけるでしょう。 検索エンジンがスマホ対応を高評価するから 実際、Googleは「スマホ対応しているWebサイトを優先的に上位表示する」と公式で発表しています。裏を返すと、スマホ対応しないサイトは「世界的に置いてけぼり」になります。上位表示はされず、Webサイト経由の売上も伸びません。 Google公式資料 3.Webサイトをスマホ対応させる方法 結論として、下記の3つです。   ・スマホ用サイトを別に作る ・変換ツールを使う ・スマホレスポンシブなサイトを作り直す   順に解説していきます。 スマホ用サイトを別に作る PC用のWebサイトとは別に、スマホ用のWebサイトを作るやり方です。この場合、メンテナンスも管理費用も2倍になります。非常に無駄が多いため、おすすめしません。   変換ツールを使う 「PC用のWebサイトをスマホ用に変換するツール」を用いるやり方です。あまりおすすめしません。まず値段が高いです。初期費用に加えて管理費用が掛かります。その上、ツール自体がサービス終了した場合、スマホ用サイトも消滅します。まとめると、「Webサイトを1つ作れるだけのお金がかかるのに、成果物はない状態」になります。おすすめしません。   スマホレスポンシブなサイトを作り直す 結論として、このやり方が最もメジャーでおすすめです。「PCでもスマホでも使えるWebサイト」を1つ作るイメージです。このやり方なら、メンテナンスも1つのサイトだけでOKです。また、デザイン変更やコンテンツ追加をした場合も、一括で行えます。自社の負担を最小限に抑えながら、スマホ対応することができます。Web本舗もこのやり方を採用しています。 見やすいスマホサイトの特徴 パート1.リキッドレイアウト スマートフォンサイト1つとっても、ブラウザーにはさまざまな方法があります。したがって、指定された値によってサイズが決定されるピクセルは、スマートフォンサイトの作成には適していないことがわかります。任意のブラウザ幅を処理できるようにするには、要素または画像の幅をパーセントで指定することをお勧めします。 パート2.画像はCSS対応させる サイトの画像サイズが大きいほど、ページの読み込みが遅くなります。読み込み速度が遅いと、ユーザーにストレスがかかり、サイトを離れる可能性が高くなります。ユーザーのストレスを軽減するには、画像にできるだけ多くのCSSを使用し、サイトの重さを減らすことが重要です。 パート3.文字サイズと行間隔を最適化する 文字サイズは、視認性が重要なスマートフォンサイトでも重要です。たくさんの情報を伝えたいからといって、小さい文字を詰め込んでもスマートフォンの画面では見づらいです。フォントサイズが14ポイント以上にしましょう。 iphoneはHiragino Kaku Gothic(Hiragino Kakugo)のW3とW6しか使用できません。そのため、iPhoneに合わせて作成することも理にかなっています。ちなみに、テキストの行間隔が狭すぎても圧迫感があるので、行間隔を150%〜190%にするのが望ましいです。 パート4.リンクボタンのサイズを最適化する 画面に指で直接触れることで操作するスマートフォンの場合、ボタンのサイズは指で押すように設計する必要があります。ほとんどのユーザーは人差し指や親指でスマートフォンの画面を操作するので、どちらの指でも押しやすい44px以上にします。リンクボタンを押したときに別のボタンを押すようにすると、ユーザーにとってストレスになります。 パート5.Flashを使わない Flashを使用しないでください。スマートフォンのOSシェアが日本で66.2%のiPhoneでは「フラッシュ」を表示できないからです。多くのユーザーに表示されない「Flash」よりも、「JavaScript」または「CSS3」を使用してビデオやアニメーションをサイトに配置する方が現実的です。 パート6.シンプルなレイアウトにする 視認性を重視したスマートフォンサイトは、基本的にメインコンテンツ(1列)のみを表示するシンプルなレイアウトです。PCサイトのようなカテゴリやメニューを表示する「サイドバー」を使用したい場合は、タップして開閉する「アコーディオンメニュー」を使用するのが最適です。 パート7.画面遷移の削減をする PCとは対照的に、スマートフォンは場所によっては必然的に通信速度が遅くなります。通信速度の遅いページをたくさん検索しなければならないサイトでは、ユーザーは各画面を待つことに不満を感じるでしょう。 ユーザーのストレスが軽減されると、サイトの滞留時間が長くなります。したがって、画面遷移をできるだけ少なくしてサイトを設定するようにしてください。 パート8.操作に適したUIにする スマートフォンは指で触れるだけで操作できるデバイスです。したがって、PCサイトと同じ感覚のスマートフォンサイトを作成すると、UIが悪くなることは避けられません。ユーザーの視点から、「これは指で使いやすいかもしれない」と「これは指で使いやすいかもしれない」と考える必要があります。 パート9.PCバージョンも表示できるようにする 一部のユーザーは、スマートフォンでサイトのPCバージョンを表示したい場合があります。このような要件を満たすために、スマートフォンのWebサイトに「PCバージョン切り替えボタン」を置くと便利です。シンプルでわかりやすいボタンで、PC版のページに切り替えることが理想です。 デザインやUIの参考になるギャラリーサイト【2021年】 1. sps collection https://spscollection.com/ シンプルな構造のスマートフォンサイトのデザイナーリンク集。カテゴリや色で分類するだけでなく、キーワードを検索することもでき、とても便利です。 2. AGT http://agtsmartphonedesign.com/ 国内外のスマートフォンサイトのデザインギャラリー。ホバーすると垂直方向に長いスナップショットが表示されます。 3. iPhoneデザインボックス http://design.web-hon.com/ 主にスマートフォンサイトをグループ化したデザイン集。 PCとスマートフォンのTOPページが記録され、比較することができます。 4. Pttrns https://www.pttrns.com/ スマートフォンアプリケーションの優れたユーザーインターフェイスとデザインを集めたウェブサイト。海外のウェブサイトなので英語ですが、カテゴリーが多くて見つけやすいです。 5. Inspired UI https://inspired-ui.com/ iPhone、iPad、Android向けのアプリケーションのデザインをまとめたサイト。サイトのキャプチャが豊富にあるため、参考になります。 6. iconDrop http://icondrop.net/ スマートフォンサイトを作成する上で絶対に必要なウェブクリップアイコンとアプリアイコンをまとめたサイト。詳細ページで同じタイプのアイコンのリストが出てくるので、簡単で便利です。 まとめ 今回はプロの立場から「Webサイトのスマホ対応」について解説しました。スマホ対応は売上アップに直結しますよ。まだスマホ対応してない場合は、今すぐ検討することをお勧めいたします。 \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

Webサイト 相場 費用 料金 価格

2022/3/1

【完全保存版】Webサイト制作の相場とは【作成費用/料金/価格/値段】

Webサイトを作りたい経営者 「Webサイト制作を依頼したいな。でも、業界のことをわかってないから、不安です。悪質な業者に騙されて損をするかも…。まずWebサイト制作の相場が知りたいです。その上で、自分が今サイトを作ったらいくらかかるのか、という費用も知りたいです。すべて包み隠さず真実を教えてください。」   こういった疑問に答えます。 \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※ 【完全保存版】損したくない!Webサイト制作の相場を完全解説します   Webマーケティング会社を経営しています。今回はWebマーケティングのプロの立場から、Webサイト制作の相場を解説します。この記事を読めば、損をすることなく「売上があがるWebサイト」を作ることができますよ。   1.Webサイト制作の相場を種類別に解説します 結論として、相場は「Webサイトの種類」によって違います。   具体的には下記のとおりです。   ■必要最低限のWebサイトを作る場合の相場 モール型サイトのページ制作:10万円~20万円 企業サイト(5ぺージ):30万円+管理費用1万円 予約システム付き企業サイト:50万円+管理費用2万円 ECサイト:50万円~100万円   順に解説します。   モール型サイトのページ制作:10万円~20万円 まず、下記の費用が「必ず最低限発生」します。これはWeb制作会社ではなく運営側に支払う費用です。   楽天市場:初期費用60,000円、月額費用19,500円 Yahoo!ショッピング:初期費用無料、月額費用無料 Amazon:初期費用無料、月額費用4,900円、販売手数料   別途、Web制作会社への費用が発生するとご理解ください。その価格が10万円~20万円です。   例えば、楽天だと下のようなサイトになります。   米沢牛専門店さかの   このサイトの場合は「毎日お肉が売れていく状態」になっています。例えば、「肉の卸屋さんがふるさと納税専用サイトを作って、年商2億を半年で実現したケース」などがあります。凄いですよね。   企業サイト(5ぺージ):30万円+管理費用1万円/月+追加記事1万円/1本 必要最低限のWebサイトを作りたい場合はこれです。基本的には、下記を制作することとなります。   ・トップページ ・事業紹介ページ ・採用ページ ・お問合せページ ・プライバシーポリシー   「なんだかボリュームが少ないな」と思いましたか。しかし、Webサイトは量より質です。実はこの5ページは「人間でいえば心臓」に当たるんです。この5ページを徹底的に高品質にすれば、それだけで成果が出ますよ。     具体的には、この5ページを作り込むと、商談の問い合わせ、人材の応募、協業の打診が以前よりも多く届くようになります。   もっと集客力をアップさせたい場合は、新たに記事を追加していく形となります。この場合は1記事あたり1万円前後の追加料金となります。どういう記事を追加するかというと、もちろん発注が増えるような記事です。自社の顧客層に刺さるような記事をドンドン追加していき、そこから問い合わせに繋がていきましょう。     予約システム付き企業サイト:50万円+管理費用2万円 結論から言うと「ホットペッパービューティ」のような、リアルタイムでお客様が予約できるWebサイトです。自社の予約をWebサイト1つで管理できれば楽です。そして、例えば美容院なら「ホットペッパービューティへの掲載費」が高すぎて経営難に陥るケースも多いです。詳細は下のページで解説しています。   『ホットペッパービューティの掲載料金が高すぎる問題』を解決します   そのため、自社で予約機能付きサイトを作るニーズがあるのです。予約システムの構築、セキュリティ対策、保守管理には高度なプログラミングスキルが必要です。そのため、価格は通常のWebサイトより少しお高めです。   特にセキュリティ対策は重要です。このタイプのサイトを作る場合はケチらない方が良いでしょう。仮に個人情報が流出すれば、大変なことになります。   ECサイト:50万円~100万円 自社の商品をWebサイト経由で販売したい場合は、ECサイトを作りましょう。   フルスクラッチといって、0から作る場合は「新しくシステムを構築」することになるので、かなりのお金がかかります。   一方で、BASEなどのASPを利用する場合は、もっと安く制作できます。ECサイトは企業様の状況(規模、社内システムとの連携など)によって、全く異なってきます。 企業がWebサイトを作成する際の費用内訳<見積もりを公開> ここでは「企業がWebサイトを作成する際の費用内訳」を公開します。結論としては、下記のようなイメージでお考えください。     これは、必要最低限です。ここに、追加で集客強化のために記事を追加する場合は1本1万円前後かかります。SEO対策を強化するなら別途月次契約(初期費用0円、月額9800円)を結ぶ場合もございます。SNS運用代行をセットで付けると、更に高くなります。イメージを明確にして、納得のいく発注を行いましょう。     2.よくある質問に答えます【Webサイト制作の相場】   ここからは、よくある質問に答えていきます。   格安業者ってやめた方が良いですか?【Webサイト制作の相場】 結論として、全くおすすめしません。理由は「安かろう悪かろう」だからです。というのも、格安だけをアピールするWeb制作会社は技術力やWebマーケティング力が低い会社が多いのです。     例えば、「ホームページ制作テンプレートで見た目だけまともなWebサイトを作る」などです。これの問題点は、「WordPressなどの世界的標準CMSではないので、サポートが終了したらサイトが消滅する点」です。危険ですよね。なので格安業者はお勧めしません。業者を調べたいときは「WordPressで作ってくれるんですか?」と聞くと良いですよ。     SEO対策って大切ですか?【Webサイト制作の相場】 結論として、非常に大切です。ぶっちゃけ「SEO対策をしないならWebサイトを作る意味はない」です。なぜなら、SEO対策をしないと「あなたのWebサイトが検索上位に表示されることは一生ないから」です。   そして、残念ながら、ほとんどの「ホームページ制作会社」はSEO対策ができないです。見た目がそれっぽいWebサイトを作ってそれで終わり。SEO対策は何もしてくれませんよ。これだと、売上は絶対伸びませんよね。Webサイト制作をするなら、SEO対策に精通した会社に依頼した方が良いですよ。   たかがWebサイトで高すぎませんか?【Webサイト制作の相場】 結論として、「Webサイトに投資しない会社は、必ず失敗する」と考えています。なぜなら、Webサイトは武器だからです。戦国武将で例えるなら、刀や槍です。軍隊なら、銃や戦車です。そもそも、武器に投資せずに勝てると思う方が間違いなのです。実際、圧倒的に業績が高い会社ほど、Webサイトに多額の投資をしています。   例えば、ベイジという会社は「日本で最高級のWebサイト制作会社」です。この会社の主な相場は数百万円で、それ以下の案件は断っているようです。そのくらい、Webサイトは奥が深いものだということをご理解ください。   もちろん、高ければいいというものでもありません。自社の目的に合わせて、丁度いい業者に丁度いいWebサイトを丁度いい価格で作ってもらい、長く運用していくことが結局は売上アップに繋がります。   自分でWebサイトを作るのはどうですか?【Webサイト制作の相場】 ぶっちゃけ最悪の選択肢なので、やめた方が良いです。   自分で作ろうとしていた方、すみません・・・。気持ちは凄くわかります。でもダメなんです。確かに無料ツールで「それっぽいWebサイト」は作れます。しかし、こういったツールはSEO対策が不完全な場合がほとんどです。その上、ツールの提供会社がサービス終了すれば「Webサイトごと消滅」します。例えば、下の2つは大手サービスでしたが、ひっそりと終了しています。   yahooブログ終了 KDDIホームページサービス終了   自分でサーバーを契約してWordPressを勉強して作れる人もいるかもしれませんが、率直に言って時間の無駄です。社長業の本分は経営であり、Webサイト制作ではないですよね。Webサイトは我々のようなプロに外注して、その時間で本業に注力した方が売上を伸ばせますよ。 まとめ 正直、価格を聞いて「高すぎる・・・」と感じた方もいるかもしれません。しかし、実は「まともなWebサイトを作るだけで飛ぶように売上が伸びるケース」は山ほどありますよ。実は、昔ながらのアナログ営業をされている会社様のほうが伸びしろがあります。なぜなら「全く出会えなかった顧客層に出会えるから」です。全く手つかずの広野が広がっています。まだ見ぬ顧客が待っています。そのため、Webサイトを起点に売上アップを狙うのは、非常に良い選択肢だといえます。   少しでも気になった方は、下のリンクからご相談ください。   無料で相談する   将来の売上づくりのために、少しずつ行動していきましょう。 \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

2022/2/6

【完全保存版】これで爆伸び!Webサイトを改善する方法を解説します

Webサイトを改善したい経営者 「Webサイトが全然伸びない。PV数も伸びないし、収益も全くでない。まだ初めて2か月だけど、どうしたらいいんだろう。競合他社はWebサイト経由で売上を伸ばしてるみたいだけど・・・。何が違うんだろう。サイトを伸ばせるかどうかもわからず、不安です。助けてください。」   こういった疑問に答えます。 【無料相談あり】Webマーケティングサービスを見てみる 1.【完全保存版】これで爆伸び!Webサイトを改善する方法を解説します Webサイトを改善する目的はただ1つ。「Web経由での売上を伸ばすこと」です。他のいろんな要素は売上を伸ばすための手段や指標に過ぎません。まずはここを絶対に抑えましょう。   2.多くの会社がWebサイト改善に失敗する理由 結論として、下の3つの理由です。 ①すぐには伸びないから ②記事を書くのが難しいから ③継続が難しいから 順に解説します。 ①すぐには伸びないから【Webサイト改善が無理だと感じる理由】 結論として、Webサイトはすぐに伸びるわけではありません。徐々に記事を増やしていき、読者が少しずつ確実に伸びていくのです。なので、始めたての頃は「こんなこと続けて本当に大丈夫かな・・・」と感じやすいです。しかし、正しいやり方で継続すれば、しっかり結果はついてきます。ご安心ください。   ②記事を書くのが難しいから【Webサイト改善が無理だと感じる理由】 結論として、記事を書くのはかなり難しいです。具体的には、下記の作業が必要です。 ・ジャンル選定:どんなジャンルについて書くか決める ・キーワード選定:どんなキーワードについて書くか決める ・ライティング:キーワードについて、記事を書く ・リライト:以前の記事を見直して、加筆・修正する   詳細は下の記事をお読みください。 【初心者OK】記事の書き方の全手順をまとめました【保存版】 【補足】ジャンルとキーワードの具体例を紹介します ここまで読んで、「ジャンル?キーワード?」となった人は多いかもなので、解説します。ジャンルとは、「どんな分野について記事を書くか」のことです。例えば、「育児、学習塾、脱毛、ガジェット」という言葉は、全てブログのジャンルです。 キーワードとは「どんな単語について記事を書くか」のことです。例えば、ジャンルが「育児」の場合、下のような感じです。 ・「赤ちゃん 泣く 原因」 ・「赤ちゃん 夜泣き 対処法」 ・「赤ちゃん おもちゃ 2019年」   ここで注意してほしいのは、キーワードはジャンルに含まれている、ということです。言い換えれば、「ジャンルをまず決めないと、キーワードは決めようがない」ということですね。 ここまで読んで「意味不明」と感じた方、ご安心ください。私も初めは全く理解できず、記事が書けない状態でした。しかし、実践していくにつれて、徐々にわかってきますよ。今わからなくても、全く問題なしです。 Webサイトは自転車のようなものです。自転車に乗れる人は、「よし、自転車に乗るぞ。左右のバランスを取りながら、足でペダルをこいで、ハンドルで方向を操作しよう。」とは考えませんよね。 Webサイトも同じです。一度書けるようになると、頑張らなくても良い記事を書けるようになりますよ。 記事を書くのが難しい理由 結論として、「文章能力」が必要になるからです。具体的には「特定の読者に対して、文章を使って働きかけ、行動させる能力」です。文章能力には2つの側面があります。具体的には下記の通り。 ⑴インプット:文章から意味を正しく読み取る能力 ⑵アウトプット:自分が言いたいことを文章で示す能力   この文章能力の有無が、普段の生活でも明確な違いとして現れます。   文章能力が高い人: 文章を明確に理解できる。結果、本を読めば読むほど、知識や思考力が上がる。自分の言いたいことを文章で伝えられるため、理解されやすい。得をしやすい。 文章能力が低い人: 文章を誤読してしまう。結果、どれだけ本を読んでもあまり身にならない。自分の言いたいことを文章で伝えられないので、理解されにくい。損をしやすい。   ここまで読んで、「自分には文章能力がない・・・」と思った方はいませんか?大丈夫ですよ。なぜなら、文章能力は後天的に鍛えることができるからです。大切なのは、日頃から沢山の文章を読み、記事を書き続けることです。徐々にですが、確実に成長していきますよ。   ③継続が難しいから【Webサイト改善が無理だと感じる理由】 結論として、記事更新は継続が難しいです。コツコツ記事を書き続ける必要があります。個人的には、下のようなイメージで続ければOKです。   記事更新の継続に近いもの: ⑴ゲームのレベル上げ ⑵筋トレ ⑶勉強   なんとなく、イメージが伝わると幸いです。 3.Webサイトを伸ばすのが実は簡単な理由 結論として、Webサイト改善は「正しい努力を1年間続ければ必ず成果が出る領域」です。大半の会社が何を頑張ればいいかわからず、「Webサイトで収益を伸ばせない」と言って脱落していきます。   今稼げている会社は、正しい方法で努力をコツコツ積み上げてきたのです。こちら側に来てしまえば、同じように収益を伸ばすことができますよ。   4.サイト改善を行う5ステップ 結論として、サイト改善を行う際には「①現状把握②分析・課題の発見③課題解決の改善案④改善案実施⑤効果検証」の順に進めていきます。   5.サイトの課題を分析する方法<ツールを紹介します> アクセス解析ツール<Webサイト改善ツール> アクセス解析ツールは、Webサイトのアクセス状況を調べられるツールです。CVRやセッション数、流入経路、ユーザー属性などを確認できるため、課題を分析する際に役立ちます。特にGoogleアナリティクスは利用ユーザーが多く無料で使えるため、初めて利用する人にもおすすめです。 ヒートマップツール<Webサイト改善ツール> ヒートマップツールは、Webサイト上におけるユーザーの行動を把握できるツールです。ユーザーが動かしたマウスの動きなどを記録することで、ユーザーがどの部分に興味を持っているかを可視化できます。反対にユーザーの興味関心が低い部分も分かるため、問題点の分析に有効です。たとえばクリック率が低いボタンは青く表示され、デザインやキャッチコピーの改善が必要になります。 ユーザビリティテスト<Webサイト改善ツール> ユーザビリティテストは、Webサイトがユーザーにとってどのくらい使いやすいのかを評価するテストです。利用者の視点に立って行うため、数値だけでは分からないユーザーニーズや、Webサイト上の問題点を把握できます。アクセス解析ツールの数値だけでは解決策が見つからない時などにおすすめです。   6.サイトの課題分析で確認すべきこと   閲覧数:どれぐらい見られている? ユーザ属性:誰がサイトを見ている? 使用デバイス:どうやってサイトを見ている? アクセスタイミング:いつ見られている? 流入経路:どこからサイトに来ている? 流入キーワード:何を探している? サイト内行動:どんなふうに見られている? 広告流入:広告でどの程度流入しているか? 競合他社:競合のサイトはどのような状況なのか? 順に解説します。 閲覧数 アクセス解析で確認できる指標です。Webサイト改善における最も重要な指標のひとつといわれています。閲覧されたページ数を表すPVも、ユーザーの興味関心度が反映されるため、あわせて確認しましょう。 ユーザー属性 アクセス解析で確認できる指標です。訪問ユーザーの年齢や性別、新規ユーザーとリピーターの割合などを確認できます。訪問ユーザーに目的とした属性が少ない場合は、コンテンツの内容などを見直す必要があります。 使用デバイス アクセス解析で確認できる指標です。どのようなデバイスからWebサイトに訪問しているかが分かります。パソコンやスマホなどのデバイス別にコンバージョン率を比較することで、改善ポイントが明確になります。 アクセスタイミング アクセス解析で確認できる指標です。Webサイトの訪問者数が多い曜日や時間帯が分かります。定期的に更新しているコンテンツがある場合は、更新のタイミングが正しいかどうかを確認できます。 流入経路 アクセス解析で確認できる指標です。ユーザーがどのメディアを通じてWebサイトに来たのかが分かかります。改善の方向性も明確にしたいときにおすすめです。たとえば、SNSからの流入が多い場合は、SNSマーケティングを強化する施策を優先するとよいでしょう。 流入キーワード アクセス解析で確認できる指標です。ユーザーがどのようなキーワードを検索したかを確認できます。ユーザーがどれくらい自社を認知しているのか知りたい時にも有効です。 サイト内行動   広告流入 リスティング広告などを活用している場合は、広告の内容や流入元を確認する必要があります。流入数の多いキーワードや、コンバージョンに繋がりやすいクエリなどを確認しましょう。 競合他社 競合他社と比べて、自サイトに足りないものがないか確認することも大切です。見劣りがある場合は速やかに改善し、効果検証を行いましょう。また競合分析は、他社の戦略予測やユーザーニーズの調査にも活用できます。   7.【課題別】サイト改善の具体例 結論として、下の3つが最も多い課題となります。 ①サイトの訪問者が少ない ②直帰率・離脱率が高い ③CVRが低い   ①サイトの訪問数が少ない場合 サイトの訪問者数が少ない場合、下の2つのパターンが挙げられます。 ・SEO対策ができていない ・SNSと連携できていない   順に解説します。 SEO対策ができていない これもあるあるです。「Webサイトの流入は、Googleがメイン」と考えると、SEO対策は絶対にやらないといけません。   SEO対策をしましょう 結論として、SEO対策は下記を行えばOKです。   ①キーワード選定 ②コンテンツ作成 ③内部対策 ④外部対策 ⑤効果測定   詳しくは下の記事でお読みください。初心者でもSEO対策を完璧に行えるような内容になっております。 https://web-honpo.com/seo-definition/   SNSと連携させていない 次に、SNSです。例えば、「Twitterをやっていない会社」は危険です。今すぐアカウントを作りましょう。なぜSNSが重要かというと、リスクヘッジになるからです。具体的には下記の通り。   SNSがリスクヘッジになる理由: ・Googleに左右されない流入源になる ・フォロワーが一定数いると、毎月のPVが安定する ・指名検索が起きる ・メンションが上がる ※用語解説(不要な方は読み飛ばしてください。) 指名検索とは: ブログ名やブロガー名での検索のことです。私の場合は、「Web本舗」が該当します。指名検索が増えると、Googleから高い評価を受けることができます。 メンションとは: Webサイト上やSNSでブログ名やブロガーについて言及されることです。私の場合は、「最近、Web本舗のサイト読んでる?」「Web本舗、記事が役に立つよね」といった感じです。こちらも、Googleからの高評価につながります。   【SNSと連携させていない場合の対処法】 SNSと連携させましょう 対処法として、下記のとおりです。 ・SNSアカウントを開設 ・ブログ記事をSNSに毎回投稿 「SNSってたくさんあるけど、どれを使えばいいの?」という質問があるかもです。結論は、「Twitterでメインの発信をしつつ、FacebookなどのSNSにも自動投稿を行う」のがおすすめです。   このやり方だと、「記事を書いたら自動的にSNSに共有してくれる状態」が作れます。非常に便利ですよね。このSNS自動投稿も当社で代行いたします。下のリンクからお問合せください。 無料でお問合せする   ②直帰率・離脱率が高い場合 直帰率・離脱率が高い場合、下の2つが原因として考えられます。 ・記事の品質が低い ・サイトの表示速度が遅い 順に解説します。 記事の品質が低い 記事の品質が低いことが問題です。 結論としては、下の2つのパターンが挙げられます。 ・コピペ記事 ・自己満足記事   順に解説します。   コピペ記事 これは絶対にやめましょう。倫理的にもアウトですが、Googleに見つかると「手動ペナルティ」を受けて、ブログ自体の評価が下がります。初心者ブロガーはやりがちですが、おすすめしません。   自己満足記事 これもあるあるです。「自分が書いていて気持ちいいから記事を書こう」といった感じです。この姿勢からは絶対に良い記事は生まれません。記事は読者のために書きましょう。   【直帰率・離脱率が高い場合の対処法】 コピペをせずに読者のために書きましょう 対処法としては、「コピペをせずに、読者のためになる記事を書く」ことです。   「そんなの無理でしょ」と思った方もいるかもです。しかし、絶対にあなたならできる、とお伝えしておきます。なぜなら、この私ができたんですから。   ブログを始めたころの私: ・Wikipediaから全文コピペした記事を書く。 ・ブログ開設4日目でGoogleから手動ペナルティを食らう。 ・友達や家族に「全然面白くない」という感想を受ける。 ・自分で読み返すとつまらない記事が多すぎて、ブログを削除する。   酷いものだと思いませんか?でも、これがブログ初心者の実態かもしれません。そして、こんな私でも出来たんですから、「正しいやり方さえ学べば誰でも稼げるのでは」と考えています。   サイトの表示速度が遅い サイトの表示速度が遅いと、それだけで読者は離脱してしまいます。その理由は、限りある時間で有益な情報や面白い情報だけを手にしたいと考えているからです。そのため、サイトが遅いと、すぐにイライラして二度と戻ってきません。 ③CVRが低い場合 CVRが低い場合、下の4つが原因です。 ・UI/UXに問題がある ・CTAに問題がある ・LPがない ・コミュニケーションバグが発生している 順に解説します。 UI/UXに問題がある 目的 技術 効果 改善プロセス 重要性   CTAに問題がある CTAとは「ユーザーに行動させるためのテキストやイメージ」です。例えば「個人情報を獲得するフォームへユーザーを誘導するボタンやテキストリンク」がこれにあたります。他にも、ポッポアップやバナーもCTAの1つです。   LPがない 商品を売り込んでいないと、下のような状況になりやすいです。 とある雑貨用品店の場合: 記事数:100本 月間PV:5万PV 問合せ:ほぼなし   非常に勿体ないパターンです。この会社の場合、ランディングページを作って導線を改善すれば、大きく収益は伸びるでしょう。しかし、こういった「とにかくPVを稼ごう」といったWebサイトが多すぎる印象です。これでは、いつまでたっても売上を伸ばすことは出きません。 対処法として、ランディングページを作りましょう。 ランディングぺージの特徴は下記のとおりです。 ・見ただけで商品の概要がわかる。 ・商品説明など「営業の仕事」を全て代行してくれる ・一度作ってしまえば、ずっと使える ・売れるランディングページを作れば、放置しても商品が売れていく   控えめに言って「作らない理由がない」状態ですね。Web本舗ではランディングページの制作も致します。下記リンクよりお問合せください。 無料でお問合せする コミュニケーションバグが発生している 次に、CVRが低い場合に考えられるのが、コミュニケーションバグの発生です。 コミュニケーションバグとは: 伝えたいメッセージが相手に正しく伝わらない状態・原因   ✓コミュニケーションバグの種類 ・良さが伝わりづらい: ターゲットや訴求ポイントが曖昧なままだと、ユーザに「自分にメリットがある」と感じさせづらくなります。 ・場所がわかりづらい: ユーザが知りたい情報がどこなのかわかりづらい ・見づらい/気づかない: 情報量が多すぎると、伝えたい情報に気づかれにくくなります ・言葉が理解できない: 専門用語やサイト・アプリ独自の用語は、自社の関係者かごく一部のコアなファン層以外には全く伝わらないと思ったほうが賢明です ・説明がない: サイトの閲覧やアプリの使用中に不安や疑問を感じたユーザは、早いタイミングでその不安が解消されなければ離脱のリスクが大きくなります ・アクションしづらい: 「お問合せする」「購入する」といったユーザの行動を促すコール・トゥ・アクションボタン。内容が限定的で、ユーザのそのタイミングでの意思にマッチしない場合、離脱を招く「バグ」となります   8.サイトの課題には優先順位をつける   9.サイトを改善した後は効果測定を行う   10.Webサイト改善に役に立つ本を紹介します<Webマーケティングおすすめ本2021年> 現場のプロがやさしく書いたwebサイトの分析 改善の教科書 Google コア アルゴリズムアップデート 2021 はじめてでもよくわかる! webマーケティング集中講義 ...

2022/2/6

【過激】他のWebサイトの記事をパクる方法【手順を解説します】

Webサイトが全く伸びない人 「Webサイトが伸びないなぁ・・・。他のサイトをパクれたら手っ取り早いのに。そもそも、パクリはどうしてダメなんだろう。あと、どこまでならOKなの?何もわかりません。」   こういった疑問に答えます。 【初期費用無料】超強力なSEO対策サービスを見てみる   1.Webサイトの記事をパクる方法 Webマーケティング会社を経営しています。今回は「Webサイトの記事をパクる方法」を解説します。記事を読めば、効率よく良質な記事を書くことができますよ。     2.コピペや改変がNGな理由【Webサイト/記事】 結論として、パクるのは全然OKです。ただし、下のルールだけは守ってください。     「参考にする」のはOKだが、「コピペ」「改変」はNG     具体的には下記の通り。   参考にする: 他人のブログの内容を前提に、「自分の言葉」でより良い記事を書く。 コピペ:他人のブログをコピペして記事にする 改変:コピペした内容を改変して記事にする     記事のコピペ・改変がNGな理由【Webサイト】 結論として、下記のとおりです。   ・著作権侵害になる ・Googleに低評価される ・評判が最悪になる ・スキルが身につかない     順に解説します。     著作権侵害になる 法律違反です。最悪、「損害賠償請求」を起こされますよ。   著作権侵害とは: 著作権の目的となっている著作物を、著作権が及ぶ範囲で利用する行為であって、その利用について正当な権原を有しない第三者によって行われるものをいう。     Googleに低評価される 結論として、コピペ記事や改変記事はGoogleに評価されません。というのは、Googleは「重複コンテンツ」を評価しないからです。     また、パクられた側はGoogleに通報して記事削除申請が行えます。これが通ると、記事が全て削除され、ドメインごと低評価されることもあります。     評判が最悪になる 「あの人は他人の記事を盗む」という評判が広まります。結果、下記のようなデメリットが発生します。   ・有益な情報が入ってこない ・困ったときに協力してもらえない ・オリジナル記事も評価されない ・読者の信頼が落ちる     スキルが身につかない ぶっちゃけ、コピペや改変は誰でもできます。それこそ、ツールを使えば一発ですよね。なので、そのやり方を何年続けてもスキルになりません。ブログを書くと「ライティングスキルが急激に成長」します。しかし、コピペ改変だと全く成長しません。時間の無駄ですね。   3.他のWebサイトの記事をパクる方法   結論として、「狙うキーワードの上位表示10記事」を調べて、下の3つをすればOKです。   ⑴記事タイトルを参考にする ⑵見出しを参考にする ⑶記事内容を参考にする     順に解説します。   ⑴記事タイトルを参考にする 結論として、下記を行えばOKです。   ・検索上位10記事の記事タイトルを読む ・それらより良い記事タイトルを作る   詳細は、下の記事で解説しています。   ⑵見出しを参考にする 結論として、下記を行えばOKです。   ・検索上位10記事の見出しを読む ・それらより良い見出しを作る   1点だけ重要ポイントがあります。それは、「削ること」です。つまり、「この見出しは読者にとって不要かも」と感じたら削りましょう。不要な見出しは読者を混乱させます。   ⑶記事内容を参考にする 結論として、「狙うキーワードの上位表示10記事」について、下の3つを行えばOKです。   ・論理構造をシンプルにする ・情報を網羅する ・一次情報を入れる   順に解説します。   論理構造をシンプルにする 結論として、小学生でもわかる論理構造にしましょう。     論理構造とは: ある「根拠」に基づいて何らかの「主張/結論」が成立していること。 (参考https://www.malt100.com/entry/2018/02/05/110053)       シンプルな論理構造とは 具体例をあげます。「野菜が体にいい理由」なら下記の通り。     複雑な論理構造:伝わりにくい 野菜を食べると体にいいです。実際、多くのスポーツ選手が毎日野菜を食べているようです。野菜には、ビタミンを始めとする栄養素が多く含まれています。他に、お肉も食べますよね。人間の祖先は実は肉ばかり食べていました。大脳新皮質は本能をつかさどる脳の部位ですが、私たちが肉ばかり食べたくなるのは、そのせいかもしれません。でも、だからこそ、野菜はもっと食べた方がいいですよ。なぜならお肉は食べ過ぎてしまうからです。野菜には多くの栄養素が含まれているので、体にいいんです。では、なぜこういった栄養素は体にいのでしょうか。それは、人間の体が栄養素によって構成されているからです。だから、野菜をもっと食べましょう。   シンプルな論理構造:伝わりやすい 野菜をもっとたくさん食べましょう。なぜなら、体にいいからです。というのは、人間の体は野菜に含まれる「栄養素」で出来ているからです。実は、本能のせいで人間は肉を食べがちなんです。意識して野菜を多めに食べましょう。     圧倒的に読みやすくなったのが、伝わりますでしょうか。このように、「複雑な論理構造の文章をシンプルに直すこと」が重要です。     情報を網羅する 結論として、情報を網羅しましょう。なぜなら、Googleは網羅性の高い記事を評価するからです。   とはいえ、これは当たり前ですよね。読者の立場からすると、「1つの記事で全ての情報を網羅してほしい」と感じるはずです。なので、網羅性の高い記事は読者に愛され、Googleも高評価してくれます。     記事の網羅性を高める方法は下記のとおりです。   記事の網羅性を高める方法 ・定義を考える ・他の場合がないか考える ・他の理由がないか考える ・読者の疑問と回答を入れる ・具体例を入れる     例えば、ダイエットの記事なら下記のとおりです。   ⑴BEFORE この記事が改善前です。 痩せたいですか?それなら、沢山運動したらOKです。というのは、運動することでカロリーが消費されるからです。とりあえず、今日からランニングしてみてはどうでしょうか。   ⑵改善する 先ほど紹介した「記事の網羅性を高める方法」に基づいて、改善していきます。   ・定義を考える:そもそも痩せるとは何か ・他の場合がないか考える:運動しても痩せない場合がある。 ・他の理由がないか考える:代謝が上がって痩せやすい体になることもある。 ・読者の疑問と回答を入れる:「運動を継続するのが辛いです・・・」 ・具体例を入れる:ダルビッシュのトレーニング     ⑶AFTER 記事を改善したら、こんな感じになります。 痩せたいですか?今回は正しいダイエット方法を解説します。その前に、「そもそも痩せるとは何か」を解説します。   痩せるとは: 体内の脂肪率を低下させること   それなら、下の3つを行えばOKです。勘違いされやすいですが、「運動すれば痩せる」というのは半分正解で半分間違いですよ。この記事では、正しいダイエットをお伝えします。ちなみに、このやり方はダルビッシュさんのトレーニングを参考にして書いています。   ・運動する ・食事のカロリーを減らす ・野菜を摂取する   以下で順番に解説します。   ・運動する 運動すると、痩せます。理由は2つあります。1つ目は、カロリーを消費できるからです。2つ目は、代謝が上がるからです。効率的なのは、ランニングや階段の上り下りです。今日から実践しましょう。   ・食事のカロリーを減らす 食事のカロリーを減らすと痩せます。なぜなら、そもそもの体内カロリーが少なくなるからです。白ご飯を減らしてプロテインを飲む、などの置き換えダイエットも有効ですよ。   ・野菜を摂取する 野菜を摂取すると痩せますよ。なぜなら、野菜は体脂肪を消化しやすくし、分解してくれるからです。おすすめなのは、コンビニのカット野菜です。ポン酢をかけて食べるとおいしいですよ。   よくある質問:「運動を継続するのが辛いけど、どうしたらいいですか?」 結論は、小さく始めればOKです。いきなり大変なトレーニングを始めたり、ジムに通うのはおすすめしません。なぜなら、三日坊主になりやすいからです。そうではなく、「自重トレーニングを毎朝・寝る前に少しやる」という風に、習慣化した方がいいですよ。     こんな感じです。かなり「良い記事」になったはず。「検索上位の記事がイマイチ・・・」と感じたら、それはチャンスです。情報を網羅してあげれば、あなたの記事が上位表示されますよ。     一次情報を入れる 結論として、「その情報の根拠はあるの?」と感じたらチャンスです。一次情報を探してきて、補足しましょう。特に、重要な事実について一次情報を示すのは有効です。   重要な事実: その事実が成立しないと、そもそも記事の価値がなくなるような事実。   例:「ピサの斜塔が傾いた理由」をもとに、日本の建築業界を語る場合 ここでいう重要な事実は「ピサの斜塔が傾いた理由」です。なぜなら、この事実に信用性がないと、記事の前提が崩壊してしまい、記事が無価値になるからです。     一次情報を入れる方法【参考を使えばOK】 結論として、「参考」を使いましょう。これで、一次情報は完璧になりますよ。     「参考」が最強な理由は下記のとおりです。 ・読者やGoogleに信頼される ・SEO的に有効である(発リンク効果)     「参考」のやり方は下の2つでOKです。 ・参考にした部分を明確にする ・URLを明記する まとめ 今回は「Webサイトの記事をパクる方法」を解説しました。上位表示されてる記事を参考にして、良い記事を効率的に書きましょう。参考になれば幸いです。   「効率よく自社サイトを上位表示したい」と考えている方は、下のお問合せリンクからどうぞ。 無料お問合せしてみる   【初期費用無料】超強力なSEO対策サービスを見てみる

Webサイト 自動 投稿

2022/3/1

【完全解説】WebサイトとSNSを連携して自動投稿すべき理由

WebサイトとSNS連携が気になっている経営者 「Webサイトを始めたは良いけど、全然PV伸びない・・・。更新したらSNSで共有しようかな。でも、SNSも数が多すぎるし、どうやって選んだらいいんだろう。というか、そもそもなぜWebサイトとSNSを連携させる必要があるのかな。何もわからないです。どうしたらいいですか?」   こういった疑問に答えます。 【無料相談あり】Webマーケティングサービスを見てみる 【完全解説】WebサイトとSNSを連携して自動投稿すべき理由 Webマーケティング会社を経営しています。今回は「WebサイトとSNSを連携して自動投稿すべき理由」を解説します。初心者でも大丈夫なように、わかりやすく書きました。   1.なぜWebサイトとSNSを連携する必要があるのか 結論は、下記のとおりです。   ・より多くのユーザーに読んでもらうため ・被リンク効果を得られるから   順に解説します。   より多くのユーザーに読んでもらうため 記事を書いておしまいだと、PV数は増えません。積極的にSNSで広げていきましょう。その目的では、下の2つがおすすめです。理由は、世界でユーザー数がトップかつ、ブログの投稿が可能なSNSだからです。絶対に連携しておきましょう。 ・Twitter ・Facebook   被リンク効果を得られるから 次に、被リンク効果を得るためです。少し意味不明かもなので、解説します。   SNSの種類 結論として、被リンクには2種類あります。   ・do followの被リンク:リンク先の評価の受け渡しが有効 ・no followの被リンク:リンク先の評価の受け渡しが無効   例えば、TwitterでWebサイトがどれだけ拡散されても、直接的な被リンク効果はありません。   例えば、下記のSNSはdo followの被リンクを受けられるSNSです。 ・Tumblr ・Pinterest   SNSといえばTwitterやFacebookを連想しがちですが、この2つも実は強力な被リンク効果を持つSNSなのです。したがって、この2つも含めてできるだけ多くのSNSと連携させることが望ましいです。   Web本舗では、この2つ以外にも多数の「do followの被リンクを受け取れるSNS」を利用しています。   2.SNS自動投稿は設定が大変です しかし、初心者の方がSNSの自動投稿設定をするのは、不可能に近いです。なぜならiPaasという高度なITシステムを使う必要があるからです。   iPaaS: クラウドデータとアプリケーションのホスティング、開発、統合のための管理ソリューション。   iPaaSは「複数のサービス同士を連携させるシステム」だとお考え下さい。おそらく、これをサクサクと使いこなせる方は少ないです。     3.SNS自動投稿はプロに任せるべきです   結論として、SNS自動投稿はプロに任せた方が良いです。理由は、下記のとおりです。 ・早く結果が出る ・自分でやるより安い ・時間が節約できる     SNS自動投稿プラグインを避けるべき理由【Jetpack、SNAPは微妙です】 ここで補足です。   結論として、WordPressのSNS自動投稿プラグインは避けましょう。理由は下記の2点です。   ①サイトが重くなる ②エラーが多発する ③使えないSNSがある(Pinterest、Tumblrなど)   具体的には下の2つです。設定に時間がかかる割にエラーが多発、APIキーを求められるなど、数時間は消耗しました。非常にややこしいので、おすすめしません。   ・Jetpack ・SNAP   FacebookのAPI設定がややこしく、プラグインによって使えるSNSが分かれており、、、疲れるだけです。   「うちで使ってるんだけど・・・」という方は、ご相談ください。より良い方法をご提案します。 まとめ     今回は「WebサイトとSNSを連携して自動投稿すべき理由」を解説します。面倒なことは全てお任せいただき、経営のみに集中いただきたいと考えています。   「WebサイトのSNS自動投稿を導入したい」という方は、下の無料お問合せからお願いいたします。 無料で問い合わせてみる   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

2022/2/6

【何書く?】Webサイトの記事内容が浮かばない時の対処法【ネタ切れ】

Webサイトの記事執筆を任されたWeb担当者 「Webサイトの記事執筆を任されたけど、何を書いたらいいか分からない・・・。ネットで調べても解決しないし、どうしたらいいんだろう?記事執筆に割ける時間も少ないから、効率よく書かないといけないのに・・・。Webサイト制作で記事の内容が思いつかないときの対処法を教えてください。」     こういった疑問に答えます。 【初期費用無料】超強力なSEO対策サービスを見てみる 1.Webサイト制作で記事内容が出てこない時の対処法 Webマーケティングコンサル会社を経営しています。今回は「Webサイト制作で記事内容が思いつかない時の対処法」を、実体験をもとに解説します。   私自身、始めた当初は1記事(3000字程度)に5時間もかかっていました。しかし、今では1時間で書けるようになりました。この記事の内容を真似すれば、今の2倍のスピードで記事が書けるようになりますよ。     結論として、下の手順に沿って記事を書けばOKです。   ⑴Webサイトのジャンルを決める ⑵狙うキーワードを決める ⑶キーワードのリサーチをする ⑷記事を書く   順に解説します。     2.Webサイトのジャンルを決める【記事内容】 まずはWebサイトのジャンルを決めましょう。というのは、ジャンルが決まっていないと、書く内容は絶対に決まらないからです。例えば、外食に例えると下の感じです。     例:外食 すぐ決まるパターン 「よし!今日はカレーでいこう。カレーうどんとインド風カレーの店があるから、どっちかに行こう。」   決まらないパターン 「う~ん・・・。何食べようかな。あ、サイゼリヤだ。でも、そんな気分じゃないんだよなぁ。ラーメンは前も食べたし・・・迷うなぁ。」     この例では、「カレー」といったジャンルを絞った方が迷わずに済みますね。Webサイトでも、ジャンルを真っ先に決めるのが大切です。     「Webサイトのジャンルの決め方」については下の記事で詳しく解説しています。初心者でも大丈夫ですよ! 3.狙うキーワードを決める【Webサイトの記事内容】 ジャンルが決まったら、次に狙うキーワードを決めましょう。以下の3つを行えばOKです。   ⑴キーワードの全体を把握する ⑵キーワードを深堀りする ⑶キーワードをグルーピングする   これがしっかりできたら、書く内容がすぐに決まるようになりますよ。イメージは下記の通り。   例 ジャンル:育児系ジャンル キーワード:おむつ おすすめ 記事内容:3歳児におすすめのおむつを紹介する ジャンル:20代女性向けコスメジャンル キーワード:肌荒れ 予防 おすすめ 記事内容:肌荒れ予防に効果があるクリームを紹介する   順に解説します。   ⑴キーワードの全体を把握する まずは関連キーワード取得ツールを使って全体把握をします。自分のブログのジャンルに沿って、「これは関係ありそうだ」と考えるキーワードを複数入れて検索してみましょう。   すると、以下の2パターンに分かれます。   ・当たり:沢山キーワードが出てくるパターン ・はずれ:キーワードが全然出てこないパターン   結論として、「当たり」のキーワードで書きましょう。というのは、それだけ多くの人に検索されている「需要の高いキーワード」だからです。     例えば、「転職 失敗」は当たりです。下のように沢山キーワードが出てきますね。 一方、「転職 いつする」ははずれです。キーワードが全然出てきませんね。   同じような意味のキーワードでも、需要は全く異なります。思い付きではなく、ツールで調べることが重要です。 関連キーワード取得ツール   ⑵キーワードを深堀りする 次に、キーワードを深堀りしていきます。先ほど決めたキーワードを、key searchβに入れてみてください。   その後、「全キーワードリスト(重複除去)」にある文字列を全てExcelにコピペしてください。Excelにする理由は管理が楽だからです。   key searchβ   ⑶キーワードをグルーピングする Excelにまとめたキーワードを、全てグルーピングしていきます。これは非常に面倒な作業なので、気が向いたときに一気にやることをおすすめします。ポイントは下記のとおりです。 ・関連キーワード取得ツールを参考にまとめる ・大きな意味ごとにまとめる ・被りもとりあえず残す ・色分けで視覚化する   「完成イメージ」は、このツイートがわかりやすいです。マインドマップツールを使うかは好みですが、最低限Excelにまとめるのは必須です。 キーワード整理なう。キーワードプランナーで対象キーワードを抽出して、それをマインドマップで整理します。整理が完了したらライティングするだけの簡単なお仕事です。 pic.twitter.com/FdDguw52lm — マナブ@バンコク (@manabubannai) September 26, 2017 4.キーワードのリサーチをする【Webサイトの記事内容】 次に、キーワードのリサーチを行います。やり方は下記の通りです。   ・シークレットモードでキーワードを検索する ・上位10記事の「タイトル」「目次」「記事内容」をWORDで整理する   シークレットモードのやり方は、タスクバーの「Google Chrome」を右クリックして「シークレットウィンドウを開く」でOKです。     なぜシークレットモードを使うかというと、より正確な上位検索記事を特定するためです。普通の検索結果だとあなたの普段の行動をGoogleが分析して、おすすめな記事を出してきます。しかし、今回は読者のために記事を書く必要があるので、この機能は不要ですね。     「転職 おすすめ」の場合を例に挙げます。検索すると、下のようにずらっと記事が出てきます。ここで、「広告」以外の記事を全て開きましょう。     その上で、全ての記事の「タイトル・目次・記事内容」を全て目を通しましょう。WORDにまとめてしまい、分析するのがおすすめです。   ここでは一例として、motoさんの転職アンテナを例にとって説明します。   タイトルはこのような感じです。     目次はこんな感じですね。     記事内容はこのような感じ。     この作業を、検索上位10記事について行いましょう。   これで、あなたが書こうとしているキーワードの「日本最強クラスの記事」が何を書いているのかがわかります。これを参考にして、もっと良い記事を書くようにすればOKです。 5.記事を書く【Webサイトの記事内容】 ここまでの作業が終わった段階で初めて、記事を書きましょう。先ほど調べた上位10記事の「タイトル」「目次」「記事内容」をもとに、それらを上回るオリジナル記事を書きましょう。   ポイントは下記です。「そのキーワードで検索した読者のためになるかどうか」を基準に、下の3つを行いましょう。   ・情報を足す:あなたの経験・知識をもとに情報を追加する ・情報を削る:読者にとって不要な情報・誤った情報・冗長な表現を削除する ・情報をまとめる:被った情報をまとめてさらに分かりやすくする   6.よくある質問に答えます【Webサイトの記事内容】 ここでは、よくある質問に答えます。   【よくある質問】こんな大変な作業を毎回やるんですか? 結論としては、下記のようにお考え下さい。   1回だけでOK ⑴ブログのジャンルを決める ⑵狙うキーワードを決める 毎回やりましょう ⑶キーワードのリサーチをする ⑷記事を書く   つまり、以下のような理解でOKです。   ブログのジャンルを1度決めたら狙うキーワードも自然と決まる。 それぞれのキーワードについて、毎回リサーチをしてから記事を書く。     【よくある質問】他の人のツイートをWebサイトに転載しても大丈夫ですか? Twitterは引用OKです。というのは、ツイートには著作権が発生しないからです。ただし、本人に「やめてください」と言われたら削除するのが倫理的に正しいとは思います。そのあたりは自己判断ですね。   ツイートに著作権が発生しない法的根拠: ユーザーは、ご自身が必要な許可を得ているまたはその他の理由により素材を投稿しTwitterに上記のライセンスを許諾することができる法的権限を有している場合を除き、当該コンテンツが著作権その他の財産権の対象となる素材を含むものではないことに同意するものとします。(引用元:Twitterサービス利用規約)     ただしテキスト化はNGです。というのは、Googleがコピーコンテンツとして低評価を行うからです。あなたのブログが丸ごと低評価される場合もあるので、絶対にしてはいけません。   【よくある質問】完璧な記事が書けないなら書かない方がましですか? そんなことはありません。はじめは誰でも初心者なので、まず書くことに意義があります。あなたの生の体験が、世界中から必要とされている場合だってあります。まずは記事を書いて、世の中に出してみましょう。   まとめ 今回は「Webサイト制作で記事内容が出てこない時の対処法」を、実体験をもとに解説しました。この記事を参考にしつつ、記事を1本書いてみてください。スラスラかけるようになっているはずです。   今回の記事は以上となります。ご参考になれば幸いです。 【初期費用無料】超強力なSEO対策サービスを見てみる

Webサイト ジャンル

2022/3/1

【初心者OK】Webサイトのジャンルについて解説【タイプ/テーマ】

Webサイトを作りたい経営者 「よし、売上を伸ばすためにWebサイトを作ろう。でも、何について書いたらいいんだろう。Webサイトは好きなことを書くだけでいいの?それとも、ある程度書くことは決めた方がいいの?何もわかりません。教えてください。」   こういった疑問に答えます。   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※ 【初心者OK】Webサイトのジャンルについて解説【タイプ/テーマ】 Webマーケティングコンサル会社を経営しています。今回は、「Webサイトのジャンル」について解説します。 本題に入る前に、Webサイトの目的/役割について解説します。   結論として、Webサイトの目的/役割は、サイトのタイプによって異なります。例えば、売上を伸ばすサイト、求職者を集めるサイト....などです。より詳細は下の記事をご覧ください。特に「売上を伸ばすためのサイト」に絞って解説しています。 【読んで納得】なぜ必要?Webマーケティングの目的を解説します   そもそもWebサイトの「ジャンル」は2つの意味を持ちます。   本当にわかりづらいので、確実に理解してください。 ■Webサイトの「ジャンル」という言葉が持つ2つの意味 1.タイプ:目的別に分けた際の種類 2.テーマ:どんな事柄について書くか   それぞれ、順にみていきましょう。   ①タイプ:「目的別に分けた際の種類/分類」という意味での""ジャンル"" ・商品サイト ・ブランドサイト ・コーポレートサイト ・リクルートサイト ・キャンペーンサイト ・ポータルサイト ②テーマ:「どんな事柄について書くか」という意味での""ジャンル"" 副業:アフィリエイト、ポイントサイト、クラウドソーシング 投資:株式投資、FX、仮想通貨、投資信託、運用アプリ 節約:格安SIM、ネット回線、クレジットカード 転職:就活、転職、アルバイト 学習:英会話、留学、資格 恋愛:結婚、婚活、恋愛、出会い 悩み:ダイエット、肌荒れ、スキンケア、薄毛   わかりにくいですよね......。 ただ、これがわかれば、すっきり整理できますよ。 今後は、混同を避けるために 「目的別に分けた際の種類/分類」を言いたいときは「タイプ」 「どんな事柄について書くか」を言いたいときは「テーマ」 という言葉を使います。 1.Webサイトのタイプについて <ジャンル> 結論として、下記のタイプが存在します。   ■ブランドサイト:ブランドを広めるためのサイト   ■リクルートサイト:求職者を集めるためのサイト   ■キャンペーンサイト:キャンペーンを行うためのサイト   ■ポータルサイト:様々なサイトを集めた「中継地点/まとめ/ハブ」となるサイト   ■コーポレートサイト:会社を紹介するサイト・会社案内サイト ・IRサイト:株主・投資家向けに特化したコーポレートサイト ・採用サイト:求職者向けに特化したコーポレートサイト   ■サービスサイト:商品サービスを紹介するサイト ・商品紹介サイト:商品紹介を行うサイトのうち、一般的なもの ・検索サイト:サイト内で検索をしながら、必要な情報を見つけられるサービスサイト ・ECサイト:商品をWebサイト上で販売することができるサービスサイト   ■オウンドメディア:自社で所有・運営していくメディア全般   ■ランディングページ:広告から来た人が、最初に訪れる『受け皿』のページ   これらをふまえて、本題に入っていきます。   2.Webサイトはテーマを決めましょう <ジャンル> 結論として、Webサイトをやるならテーマは必ず決めましょう。とはいっても、難しいことはしなくてOKです。下の2つを行いましょう。   ⑴テーマを決める ⑵「誰に何をどんな風に伝えるか」を決める   順に解説します。   ⑴テーマを決める まず、テーマを決めます。具体的には、「何について書くのか」を決めるということです。例えば、実際のお店でいえば同じラーメン屋でも「魚介ラーメンがおいしいお店」や「豚骨ラーメンがおいしお店」があります。Webサイトでも、「うちはこれで勝負するぞ!」というテーマを決める必要があります。   ⑵「誰に何をどんな風に伝えるか」を決める テーマが決まったら、伝え方を考える必要があります。具体的には、下記を決めましょう。   ・誰に ・何を ・どんな風に     例えば、転職情報サイトなら下記のとおりです。   具体例 誰に:20代の仕事に悩んでいる人に 何を:転職ノウハウを(転職の始め方、エージェントの使い方、サイトの使い方) どんな風に:「私も昔はダメだったけど、転職したらこんな良い未来を掴むことができた」というサクセスストーリー風に伝える。親しみを持ってもらうために、手書きのイラストでイメージキャラクターも作成する。     これはあくまで一例ですが、この「誰に・何を・どんな風に」が具体的であればあるほど、より価値の高いサイトを作ることができ、売上が上がります。 3.なぜWebサイトはテーマを決めないといけないのか     Webサイトの目的とは「売上を最大化すること」です。もしも、テーマを明確に定めないと、下のようなことが起きます。   Webサイトのテーマを決めなかった場合に起きること: ・どれだけ書いても売上が伸びない ・何を書けばいいかわからない ・思い付きで記事を書き、読者が増えない     世の中には、「100記事書いたけど売上が伸びない」「これだけ努力してるのに報われない」といった方が沢山いらっしゃいます。残念ながら、その大半の原因が「テーマを決めないままWebサイトを始めてしまったこと」にあります。     Webサイトで記事内容がバラバラだと売上伸びません【統一しよう】 <ジャンル> わかりやすくするために、自動車保険会社を例にして解説します。   売上が伸びないWebサイト(雑記ブログ): 1日目:「今日は従業員の勤務態度について書こう」 2日目:「今日は経営者に必要な能力について書こう」 3日目:「今日は取引先へのお礼について書こう」   このサイトは、100記事書いても売上が伸びないです。なぜなら、「集まってくる読者層が違うため、効率が下がるから」です。   記事内容がバラバラすぎる、いわゆる雑記サイトはおすすめしていません。売上拡大から遠のくので、避けましょう。   売上が伸びるWebサイト(特化ブログ): 1日目:「今日はマイカーの手入れについて書こう」 2日目:「今日は事故の対処法について書こう」 3日目:「今日はガソリン税について書こう」   これが自動車について関心の高い読者が集まるように、記事の内容を「自動車」に絞っています。当然、自動車を愛する人なら自動車保険にも入ってくれやすいと思いませんか。     このサイトは、100記事書くころには「自動車を愛する人のサイト」として完成度が上がっているでしょう。そして、売りたかった自動車保険は、サイト経由でどんどん売れていきます。         結論として、「Webサイトはテーマを選ぶ必要がある」 ということだけはしっかりと覚えておいてください。     3.Webサイトのテーマの選び方 <ジャンル>     次に、テーマの選び方について解説します。下の2つの条件をみたせばOKです。   ⑴稼げるテーマである ⑵自社が「価値の高い記事」を書けるテーマである   順に解説します。   ⑴稼げるテーマである <ジャンル> 結論として、下の7つのテーマがおすすめです。 副業:アフィリエイト、ポイントサイト、クラウドソーシング 投資:株式投資、FX、仮想通貨、投資信託、運用アプリ 節約:格安SIM、ネット回線、クレジットカード 転職:就活、転職、アルバイト 学習:英会話、留学、資格 恋愛:結婚、婚活、恋愛、出会い 悩み:ダイエット、肌荒れ、スキンケア、薄毛   ちなみに、「医学系、健康系」はおすすめしません。理由は、初心者では絶対に稼げないテーマになってしまったからです。イメージとしては、「医師が実名顔出しで書いて、やっと記事が評価される」ような難易度です。ここまでの難易度は、他では求められません。   さらに詳細な解説が知りたい方は、下の「参考」をお読みください。 参考: WELQ事件で「医学系、健康系」に関する情報の信頼性が社会問題となった。他にも、医学的根拠のない情報メディアが乱立する中、Googleは「健康アップデート」を行った。これにより、「医学系、健康系」に関する情報は厳しくチェックされ、専門家以外の記事は評価されなくなった。 ・健康アップデートとは ・WELQ事件とは     【補足】「とりあえず100記事書こう」について: 界隈では、「まずは100記事書こう」という風潮があります。しかし、実際には稼げるテーマだったら30記事でも稼げる一方で、稼げないテーマだったら100記事書いても稼げません。記事を書く前に、まずは稼げるテーマ選びをしましょう。   ⑵あなたが「価値の高い記事」を書けるテーマである <ジャンル> 次に、あなた自身が「価値の高い記事」を書けるテーマであることが大切です。具体的には、下の条件を満たせばOKです。   ・経験がある ・得意である ・興味がある     具体例を下に挙げておきます。   「転職で必ず成功する方法」をテーマに書く場合 Aさん: 同じ会社でずっと務めており、転職経験がない。「転職は稼げる」という安易な発想でテーマ選びをする。ネットで調べた情報や友達からの噂をもとに、それっぽく記事を書く。 Bさん: 実際に3回の転職経験がある。中小企業⇒日系企業の課長⇒外資系企業のマネージャー⇒ベンチャーの経営者という輝かしい経歴を持つ。しかし、その経歴の裏では転職をめぐる「成功と失敗」があった。   さて、ここで質問です。あなたなら、どちらの転職ブログを読みたいですか?どちらのブログに高い価値がありそうだと感じましたか?   おそらく、大半の方がBさんのブログだと感じたのではないでしょうか。それは、先ほど挙げた「価値の高い記事が書ける条件」を満たしているからです。   ・経験がある ・得意である ・興味がある   まとめ<Webサイトのジャンル>   今回は、「Webサイトのジャンル」について解説しました。少し難しい内容だったかもしれませんが、かなり重要です。 Webサイトの種類を理解したうえで最適なものを選択し、そのうえでジャンル選びにも真剣に取り組みましょう。   「売上を伸ばしたいけど、何したらいいか分からない・・・」「Webサイトのジャンル選びも含めて相談に乗ってほしい・・・」という方は、ぜひ下のリンクから無料お問合せください。 https://web-honpo.com/inquery/   \本当にそのホームページで売上が伸びますか?/ >>【完全無料】ホームぺージ診断を受ける ※無料診断は『期間限定サービス』となります※

自社バナー

    【必須】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

    次へ 次へ

    © 2022 Powered by AFFINGER5