Webマーケティング

【完全保存版】Webサイトが必ず失敗する9個の原因と対処法


Webサイトで失敗したくない人
「Webサイトを始めてみたけど、稼げるかどうか不安です。先に失敗する原因を調べておいて、早めに対処しておきたいです。Webサイトが失敗する原因について教えてください。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

✓もくじ
1.Webサイトが失敗する原因と対処法
2.ブログで失敗しても全然OKです

 

1.Webサイトが失敗する原因と対処法

 

Webマーケティングコンサル会社を経営しています。今回は「Webサイトが失敗する原因と対処法」について、実体験をもとに解説します。

 

 

私自身、これまでに何回もWebサイトで失敗してきました。そのたびに、対処法を自分で調べて解決してきました。

 

 

この記事を読めば、Webサイトで失敗しにくくなりますよ。また、仮に失敗しても、すぐ対処できるようになります。

 

 

「Webサイトが失敗する9個の原因」は下記のとおりです。

 

✔Webサイトが失敗する9個の原因:
①Webサイトの方向性を決めていない
②記事を書いていない
③読者に貢献していない
④無料ブログを使っている
⑤SNSを本気でやっていない
⑥SEO対策をしていない
⑦テーマを使っていない
⑧情報に振り回されている
⑨複数のWebサイトを始める

 

 

 

順に解説します。

 

 

①Webサイトの方向性を決めていない

結論として、まずはWebサイトの方向性を決めましょう。具体的には、下の項目を埋めてみてください。

 

 

Webサイトの方向性の決め方
・誰に
・何を
・どんな風に

 

 

例えば、下のような感じです。

 

 

転職サイトの場合
誰に:30代前半の転職希望者
何を:大手日系メーカーへの転職方法
どんな風に:転職初心者でも実践できる形式で

 

 

大枠は、この3つ埋めればOKです。「WEbサイトの方向性」については、下の記事でさらに詳しく解説しています。

1738

 

②記事を書いていない

Webサイトは、記事を書かないと始まりません。少しずつでもいいので、記事を書き続けましょう。

 

 

習慣化して、コツコツ記事を書くのが大切です。

 

毎日更新じゃなくてもOKです

結論として、Webサイトは毎日更新じゃなくても良いです。というのは、会社によってWebサイトに使える時間は違うからです。自社のペースでコツコツ続けたらOKです。

 

 

③読者に貢献していない

Webサイトは、読者のために記事を書きましょう。つまり、読者の課題を解決すればOKです。具体的には、下のとおりです。

 

 

キーワード:40代 薄毛 心配
検索意図:40代に差し掛かり、薄毛が気になる。
記事:薄毛の予防法、対策、隠す方法を解説。

 

 

簡単に言うと「読者が求めている記事を書きましょう」ということです。下のようなパターンはNGです。

 

・自分の書きたいことを書く
・思い付きで記事を書く
・適当な内容を書く

 

「Webサイトは、自分の好きなように書いたらダメなの・・・?」と感じたかもです。気持ちはわかります。とはいえ、売上を伸ばしたいならなら、読者のために書きましょう。理由は下記の通り。

 

 

事業者(お金をもらう側):
商品を提供して、顧客の課題を解決する。
代わりにお金をもらう。顧客(お金を支払う側):
商品を受け取り、自分の課題を解決する。
代わりにお金を支払う。

 

 

お金をもらう側に回るなら、顧客目線で行動しましょう。

 

 

④無料ブログを使っている

結論として、無料ブログはイマイチです。すみません。結論として、「WordPress+エックスサーバー+独自ドメイン」に乗り換えた方がいいです。詳細は下の記事で解説しています。

 

1623

 

 

⑤SNSを本気でやっていない

結論として、SNSは本気でやりましょう。おすすめはTwitterです。テキストなので、ブログとの相性もいいですよ。代表的なSNSは下記のとおりです。

 

Twitter
Facebook
Instgram
Tumblr
Pinterest
TikTok

 

 

ぶっちゃけ、SNSは向き不向きが分かれます。自社に合ったものを集中的に伸ばすと良いですよ。そして、投稿も自動化していけばOKです。「Webサイトの記事をSNS投稿を完全自動化すべき理由」は下の記事で解説しています。

 

1589

 

⑥SEO対策をしていない

結論として、SEO対策は必須です。SEOとは、「検索エンジン最適化」のことです。つまり、「WebサイトをGoogle検索エンジンで上位表示するための技術」です。詳細は、下の記事で解説しています。

1445

 

⑦テーマを使っていない

結論として、テーマは絶対に入れましょう。というのは、テーマが入っていないWordPressは「裸で街を歩くようなもの」だからです。テーマを入れないと、非常に危険ですよ。

 

 

⑧情報に振り回されている

具体的には下記のとおりです。

 

・どの情報が正しいのか分からない
・情報をインプットしすぎて、混乱する
・不安を解消するために、情報を探す

 

 

その気持ち、わかります・・・。おすすめの対処法は「情報を絞ること」です。ぶっちゃけると「圧倒的に良い情報」以外は全て切っていいですよ。なぜなら、質の低い情報をいくら集めても意味がないからです。

 

 

質のいい情報を見分けるポイントは、下記のとおりです。

品質の高い情報の特徴:
・一次情報が明確である
・実績が明示されている
・整理されている

 

⑨複数のブログを始める

結論として、複数のWebサイトを開設するのはおすすめしません。というのは、時間や労力が分散して、全て中途半端になるからです。「これが自社の全てなんだ!」と言えるような、最強のWebサイトを1つ作った方がいいでですよ。

 

 

2.Webサイトで失敗しても全然OKです

 

ここまで読んで、「自社は全然できてない・・・」「失敗してばかりだ・・・」と感じた方もいるかもしれません。

 

 

とはいえ、Webサイトで失敗しても全然大丈夫です。何度失敗しても、改善してあげればOK。それを繰り返すうちに、いつの間にかレベルが上がっています。失敗しても、問題なしです。

 

まとめ

今回は「Webサイトが失敗する原因と対処法」について解説しました。この記事の内容を正直レベルが高いかもしれません。

 

 

なので、完璧にできれば、もう初心者は余裕で卒業です。

 

 

ゆっくりと、着実に山を登っていきましょう。

 

ご相談があれば、下のリンクからお気軽にどうぞ。

無料お問合せしてみる

-Webマーケティング

Copyright © Web本舗, 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ