Webマーケティング

【補助金・助成金】Webサイトを格安で制作する方法【2020年版】


Webサイトを格安で作りたい経営者・個人事業主
「自社のWebサイトを作りたいなぁ・・・。でも、あまり予算かけたくないし。補助金や助成金で作れたら一番いいのになぁ。補助金や助成金を使って、Webサイトを作る方法を教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

Webマーケティングコンサル会社を経営しています。今回は、プロの立場から「補助金や助成金でWebサイトを作る方法」 を解説します。この記事を読めば、お金をかけずに高品質なWebサイトを作る方法がわかりますよ。

 

✓もくじ
1.Webサイトを超格安で制作する方法を解説します
2.小規模事業者持続化補助金
3.自治体ごとの助成金・補助金
4.申し込み方法を解説します

 

順に解説します。

 

1.Webサイトを超格安で制作する方法を解説します

 

結論として、補助金や助成金を使えばOKです。

 

「面倒くさいのは嫌だ!」と思いましたか。ご安心ください。誰でもわかるように、わかりやすく解説します!

 

Webサイト制作で使えるのは、下の2つです。
・小規模事業者持続化補助金
・自治体ごとの助成金・補助金

 

順にみていきましょう。

 

 

2.小規模事業者持続化補助金

 

この制度を使えば、上限50万円まで、ホームページ制作費用の2/3が支給されます。

 

この補助金は、補助対象が「販路拡大等の取り組み」となります。なので、ホームページの制作・リニューアルに利用できるというわけです。

 

具体例:
「75万円」でホームページ制作を行った場合
50万円を超えているので、満額補助となります。
結果、補助額は「50万円」になります。

 

「45万円」でホームページを作った場合
50万円未満なため、「3分の2の補助」となります。
結果、補助額は「30万円」になります。

 

 

2019年度の実績は下のとおりです。

https://h30.jizokukahojokin.info/

 

2020年度もまもなく受付が開始する予定です。ただし、注意点として「補助金の受付は気付いた時には終わっている」というケースが多いです。チェックしておき、募集が始まったら即申し込むことを、おすすめしています。

 

最新情報があれば、すぐに更新いたします。

 

3.自治体ごとの助成金・補助金

 

他に、自治体ごとに助成金・補助金がもらえます。調べる方法は下記の通りです。

 

・「〇〇県 ホームぺージ 補助金 2020年」で検索
・「〇〇市 ホームぺージ 補助金 2020年」で検索

ご注意いただきたいのは、「古いホームページが検索結果に出る事」です。例えば、「2018年の補助金の情報」が出てきたりします。募集は終了してるので、お気を付けください。募集開始時期や内容の参考にはなりますね。

 

ぜひ、お住いの地域の補助金を調べてみてください。

 

4.申し込み方法を解説します

 

お近くの商工会議所・商工会でお申し込みください。所属していなくても申請可能です。

必要な書類は、経営計画書等に加えて、「補助事業計画書」です。

 

これは「補助金が必要な理由」を書く書類です。残念ながら、代理作成は禁じられています。ただ、アドバイスが可能です。ご相談ください。

 

Web本舗は小規模事業者持続化補助金の案件を多数扱っています。お気軽にご相談下さい。

 

よくある質問

 

 

よくある質問に答えます。

 

よくある質問①】個人事業主も申請できますか?

開業届が提出済でしたら可能です。

 

【よくある質問②】申請書も作成してもらえませんか?

申請書は事業者様ご自身でご用意いただく必要がございます。なので、代理作成はできません。ただ、何を書けばいいのかはアドバイスいたします。まずはご相談ください。

 

まとめ

 

今回は、プロの立場から「補助金や助成金でWebサイトを作る方法」 を解説しました。補助金や助成金を使えば、お金をかけずに高品質なWebサイトを作ることができますよ。

 

気になった方、ご質問がある方は、お気軽にお問合せください。

無料お問い合わせはこちら

 

-Webマーケティング

Webマーケティングによって、
お客様の売上を最大化を支援します

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ