中古ドメイン

【使い方完全解説】中古ドメインの使い方は●●が大切です

中古ドメイン 使い方
今より売上アップさせるには何をしたらいいのか
1分で無料診断
しつこい営業はいたしません
  • STEP1
  • STEP2
必須 お問い合わせ内容

お問い合わせ内容をご記入してください。
必須 任意会社名

会社名をご記入してください。
必須 お名前

お名前をご記入してください。
必須 メールアドレス

メールアドレスをご記入してください。
必須 電話番号

電話番号をご記入してください。

新井

始めまして。Web本舗代表の新井です。 我々は関西のWebマーケティング会社です。「事業者様の売上をアップすること」が我々の使命です。最新のWebマーケティング手法(Webサイト制作、SEO対策、MEO対策、LP制作、SNS運用など)でお客様の売上をアップいたします。 売上のお悩みなら、何でもお気軽にご相談ください。

中古ドメイン 使い方
中古ドメインを使いたい人
「サイト運営を始めるために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどうやって使えば良いんだろう。使い方をしっかり理解しないうちは怖くて買えないな。中古ドメインの使い方を教えて下さい。」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

【使い方完全解説】中古ドメインの使い方は●●が大切です

Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインの使い方」について解説します。記事を読むことで、中古ドメインの本来の力を思う存分引き出すことが出来ますよ。

 

そもそも中古ドメインとは<定義を解説します>

中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。

ドメインとは: インターネット上の住所のこと

つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。
【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】

中古ドメインを使う目的とは<SEO対策に良い効果があります>

結論として中古ドメインを使う目的は「SEO対策をするため」です。 SEO対策とは「Google検索エンジンで自社のサイトを上に表示するための技術」です。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。

【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します

中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。

【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説を完全解説します

中古ドメインのメリット・デメリット

結論としては、下記のとおりです。

■中古ドメインを使うメリット
・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる
・Googleにインデックスされるスピードが速い
・ページランクの実績が引き継がれる
・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる
■中古ドメインを使うデメリット
・新規ドメインより価格が高い
・低品質な被リンクも引き継がれてしまう
・低品質コンテンツの公開履歴が残る
・ペナルティが引き継がれてしまう
・オリジナルのURLが取得できない

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。
【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

 

中古ドメインの見分け方・選び方

中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。

・運用履歴
・運用年数
・被リンクの質
・被リンクの本数
・ドメインの強さ
・ドメインの信頼性

 

中古ドメインの取得方法の種類

中古ドメインの取得方法の種類は下記のとおりです。

・ドロップキャッチ(期限切れを狙って再取得する事)
・バックオーダー(業者にドロップキャッチを依頼する事)
・オークション(競りによってドメインを取得する事)
・エスクロー(仲介業者に入ってもらい、ドメイン譲渡を受ける事)
・専門業者から購入(当店、中古ドメイン本舗のような業者から買う事)
・交渉(ほしいドメインの所有者と直接交渉する事)

結論としては「専門業者から購入」が最もおすすめです。理由は「一番効率がよくリスクが少ないから」です。他の方法だと、どうしてもドメインの目利きが必要になります。しかし、これは非常に難しく、専用のソフト/システム、長いドメイン調査経験が必要になります。初心者の方に多いのは、高額なドメインを買ったのに結果が出ないというケースです。

そのため、専門業者から購入するのがおすすめなのです。

 

中古ドメインの買い方

結論として、下記の手順で進めればOKです。

1.販売業者のサイトにいく
2.希望の条件からドメインを探す
3.ドメインを購入する

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。
【失敗ゼロ】これで安心!中古ドメインの買い方を徹底解説します

 

中古ドメインの価格・価格は何で決まるのか

結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。

・Majesticのスコアが基準値をクリアしている
・MOZのスコアが基準値をクリアしている
・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている
・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

順に解説します。

Majesticのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度
CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度

MOZのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標
PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標
SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す

Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー
DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量

アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

下記の条件をクリアしている必要があります。

ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。

 

中古ドメインを購入した後にやるべきこと

結論としては、下の2つをやりましょう。

・ネームサーバーを変更する
・サーチコンソールで手動ペナルティの確認

もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。
中古ドメインを取得したあとでやるべきことを解説します

 

おすすめの中古ドメイン販売業者を紹介します<アクセス中古ドメイン/お名前ドットコム>

結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。

もっと詳しく知りたい方は下のページをご覧ください。
中古ドメインのおすすめの販売業者を紹介します

 

【使い方完全解説】中古ドメインの使い方を完全解説します

結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。ただし、下の3つのポイントを絶対に抑えて下さい。これだけで、競合に差をつけることが出来ますよ。

 

1.自分がやりたいことにあったドメインを選ぶ
2.メインかサテライトかを明確に決める
3.中古ドメインであることを隠すかどうか決める

 

順に解説します。

 

1.自分がやりたいことにあったドメインを選ぶ

結論として、自分のサイトと同じ言語・ジャンルのドメインを選びましょう。というのは、その方がより高いSEO効果が得られるとされているからです。例えば、あなたが健康食品レビューサイトを作りたいなら、同じように健康食品に関してサイト運営していたドメインを使うのが良いでしょう。

ジャンルは一致しないが、汎用性のあるドメイン名を使う

仮にジャンルが一致するドメインがなかった場合、汎用性のあるドメイン名のものを使いましょう。なぜなら、ドメイン名はサイトの看板になるからです。ここが不自然なものでは、さすがに運営上よろしくありません。

汎用性のあるドメイン名というのは、下記のパターンがあります。

①特定の意味を含まない文字列
②特定の意味を含むがそれが意味するところが広い文字列

 

2.メインかサテライトかを明確に決める

結論として、中古ドメインを使う場合は「メインサイトかサテライトサイトか」をしっかり決めましょう。なぜなら、それによってサイトに入れるべきコンテンツが全く変わってくるからです。

メインサイトとして使う

メインサイトとして使う場合、新規ドメインのときと同じように、中古ドメイン本体に主要コンテンツを入れていくことになります。

サテライトサイトとして使う

サテライトサイトとして使う場合、複数の中古ドメインから伸ばしたいメインサイトに対して、定期的に被リンクを打つことになります。これにより、中古ドメインのもつドメインパワーをメインサイトに集約させるのです。なお、この被リンクの打ち方にはコツがあります。間違った打ち方をすると、最悪の場合Googleから手動ペナルティを受けるのでご注意下さい。

 

また、被リンク対策をしたい場合は、下のサービスがおすすめです。

>>【初期費用無料】SEO対策サービスを見てみる

今ならかなりお安くなっていますので、サテライトサイト用に複数の中古ドメインを買うぐらいなら、こちらのサービスを使うほうが良いでしょう。

3.中古ドメインであることを隠すかどうか決める

これは少し裏技です。中古ドメインであることがオープンにしていい場合は、見なくて大丈夫です。ただ、例えば企業が運営するサイトが中古ドメインであることが明白だと、少し支障をきたすかもしれません。

そこで、中古ドメインであることを隠す方法をご紹介します。

結論として、新規ドメインにコンテンツを載せてから、中古ドメインを新規ドメインにリダイレクトすればOKです。これにより、中古ドメインのドメインパワーは享受しながら、見た目上は新規ドメインにすることが出来ます。

中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか

結論として、下記のとおりです。

1.価値のある記事を大量に追加する
2.サイト全体を改善する
3.3ヶ月待ってみる

これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。

まとめ

今回は「中古ドメインの使い方」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?

Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

     

    次へ
    • この記事を書いた人

    新井

    始めまして。Web本舗代表の新井です。 我々は関西のWebマーケティング会社です。「事業者様の売上をアップすること」が我々の使命です。最新のWebマーケティング手法(Webサイト制作、SEO対策、MEO対策、LP制作、SNS運用など)でお客様の売上をアップいたします。 売上のお悩みなら、何でもお気軽にご相談ください。

    -中古ドメイン

    © 2021 Powered by AFFINGER5