中古ドメイン

【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法を完全解説します

中古ドメイン サテライトサイト
今より売上アップさせるには何をしたらいいのか
1分で無料診断
しつこい営業はいたしません
  • STEP1
  • STEP2
必須 お問い合わせ内容

お問い合わせ内容をご記入してください。
必須 任意会社名

会社名をご記入してください。
必須 お名前

お名前をご記入してください。
必須 メールアドレス

メールアドレスをご記入してください。
必須 電話番号

電話番号をご記入してください。

新井

始めまして。Web本舗代表の新井です。 我々は関西のWebマーケティング会社です。「事業者様の売上をアップすること」が我々の使命です。最新のWebマーケティング手法(Webサイト制作、SEO対策、MEO対策、LP制作、SNS運用など)でお客様の売上をアップいたします。 売上のお悩みなら、何でもお気軽にご相談ください。

中古ドメイン サテライトサイト
中古ドメインでサテライトサイトを作りたい人
「サテライトサイトを作るために、中古ドメインがほしいです。でも、中古ドメインはどこで買えばいいんだろう....。それに、サテライトサイトは少しでも間違えるとすぐにメインサイトがペナルティを受けてしまう。ハイリスクな施策だから注意点を知りたいです。中古でサテライトサイトを作る方法を徹底解説してください。」

この記事では、こんな疑問にお答えします。

【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法を完全解説します

Web本舗代表の新井と申します。Webマーケティング事業を経営しています。今回はプロの立場から「中古ドメインでサテライトサイトを作る方法」について解説します。記事を読むことで、自分にあった中古ドメインをすぐに安く買うことができ、サイト運営に役立ちますよ。

 

「中古ドメインでサイトを伸ばす方法」について体系的に知りたい方は、下の記事をご覧ください。
>>【完全無料】中古ドメインでサイトを伸ばす方法

そもそも中古ドメインとは<定義を解説します>

中古ドメインとは「過去にサイト運用などを行っていた所有者が、なんらかの理由で手放したドメイン」です。   ここで、ドメインって何?と思った方もいるかもしれません。 結論としては、ドメインは「インターネット上の住所」を指します。

ドメインとは: インターネット上の住所のこと

つまり、中古ドメインとは「前の持ち主が手放したインターネットの住所」ともいえます。 もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。
【完全保存版】中古ドメインとは何なのか、解説します【意味・仕組みを解説】

中古ドメイン

中古ドメインのメリット・デメリット

結論としては、下記のとおりです。

■中古ドメインを使うメリット
・前所有者が取得してからの「ドメインエイジ」が引き継がれる
・Googleにインデックスされるスピードが速い
・ページランクの実績が引き継がれる
・被リンク(バックリンク資産)が引き継がれる
■中古ドメインを使うデメリット
・新規ドメインより価格が高い
・低品質な被リンクも引き継がれてしまう
・低品質コンテンツの公開履歴が残る
・ペナルティが引き継がれてしまう
・オリジナルのURLが取得できない

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。
【危険あり】中古ドメインのメリット・デメリットを完全解説します

 

中古ドメインを使う目的とは<SEO対策に良い効果があります>

結論として中古ドメインを使う目的は「SEO対策をするため」です。SEO対策とは「Google検索エンジンで自社のサイトを上に表示するための技術」です。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。
【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します

 

中古ドメインは、何年も運営されているため、その分だけたくさんの良質な被リンクを受けています。被リンクとは「他のサイトから設置されたリンク」を指します。Google検索エンジンに高い評価を受けているサイトから被リンクを受けると、受けたサイトの評価も上がります。例えるなら「有名な教授に紹介された本は高く評価される」といった現象に近いです。もっと詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。
【2021年】中古ドメインのSEO効果が高い理由を解説を完全解説します

 

中古ドメインはアフィリエイト・アドセンスで使えるのか

結論として、非常に効果的です。なぜなら、下のようなメリットがあるからです。

・最速で効果が出る
・上位表示されやすい
・コアアップデートに強い
・ブラックSEO手法が使い放題

もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。記事では主にアフィリエイトについて述べていますが、アドセンスについても同じことが言えます。
【2021年最新版】アフィリエイトで稼ぐなら中古ドメインを使うべき理由

中古ドメイン

【朗報】中古ドメインでサテライトサイトを作る方法

結論として、下の原則を守って作成しましょう。

1.良質な中古ドメインだけ使う
2.メインサイトのジャンルと同じドメインを優先的に使う
3.中古ドメインの過去の運用歴に沿ってサイトを作る
4.被リンクを打つ際には人為的に行う

 

順に解説します。

 

1.良質な中古ドメインだけ使う

まず、これは中古ドメインを使うときには絶対に守りたいことです。品質の低いドメインは、メインサイトにもサテライトサイトにも使うべきではないです。なぜなら、SEO効果が少ないばかりか、スパムや犯罪サイトの運用歴があることで、ペナルティを食らう可能性があるからです。そのため、専門の販売業者が厳選した良質なものだけを使いましょう。

2.メインサイトのジャンルと同じドメインを優先的に使う

結論として、ジャンルは一致させましょう。理由は、その方がSEO的に高い効果が得られるからです。

Googleはそれぞれのサイトの権威性を、被リンクから判断しています。そのため、同じジャンルのサイトから被リンクを受けていれば、それだけ高い権威性を認めやすいのです。

権威性の概念は少し特殊なので、例をあげます。

■権威性の解説
ここにAさんという人がいます。この人はある日突然「自分は熱帯魚の専門家になりたい」と思いたちました。そこで、Aさんは熱帯魚に関する論文を書きました。

このとき、どんなことが起きれば世界中から認めてもらえるでしょうか。

結論は、熱帯魚の専門家が何十人も揃いも揃って「あの人は熱帯魚の専門家だ!」と言ってくれればいいですよね。しかし、農業の専門家や建築の専門家に「あの人は熱帯魚の専門家だ!」と言ってもらっても意味はありません。

このように、同じジャンルの専門家から認めてもらうことが、高い権威性の獲得につながるのです。

 

実は、Googleも全く同じ考え方でサイトを評価しています。なので、あるジャンルでサイトを伸ばしたければ、同じジャンルで強力なドメインを複数探してきて、それらから被リンクを飛ばせばいいのです。

3.中古ドメインの過去の運用歴に沿ってサイトを作る

これは、プロしか知らない特殊なテクニックです。結論として「中古ドメインに自分で記事を入れるのは悪手」です。

なぜなら、中古ドメインの過去の運用歴を無視しているからです。これにより、Googleは「ああ、このサイトは所有者が変わって別の内容になったんだな」と認識します。すると、サテライトサイトであることがバレバレになりますよね。

そこで、とっておきの方法があります。

それは「中古ドメインの過去の運用歴を確認して、その運用歴に沿って過去のサイトを復元すること」です。これにより、サテライトサイトであることを隠蔽できます。このやり方なら、ペナルティを極めて受けにくいのです。

もちろん、サイトを復元するとはいっても、被リンクはしっかり打ちましょう。

4.被リンクを打つ際には人為的に行う

結論として「被リンクを打つ行為は慎重に行うべき」です。

なぜなら、自演で打った被リンクは場合によってはペナルティの対象になるからです。そして、これは簡単にバレます。例えば、同じIPアドレスから同じ時間帯に打たれた被リンク。そして同じ日に大量に打たれた被リンク。これらはどう見てもサテライトサイトで自演をしたことがバレバレです。

そこで「人為的に被リンクを打つことが大切」なのです。具体的には、下記を行いましょう。

・異なるIPアドレスから打つ
・異なる時間帯に打つ
・打つ間隔をランダムにする

ちなみに、弊社では人為的な被リンクを取得できるサービスを展開しています。実際、このサービスは弊社のメインサイトにも使っており、高いSEO効果を受けてます。ご興味のある方は下のリンクからどうぞ。

【初期費用無料】SEO対策サービスを見てみる

 

中古ドメインの探し方とは<お名前ドットコム/アクセス中古ドメイン>

結論として、下の専門サイトを探せば、一番ぴったりな中古ドメインが見つかります。

ちなみに、中古ドメイン本舗はWeb本舗が運営しています。他の2つのお店と違うのは「母体がWebマーケティングコンサル事業を行っているので、ドメインを買ったあとも、必要ならアフターサポートやコンサルが受けられる点」です。

 

実際に、中古ドメイン本舗で買っていただいた企業様に、Web本舗からサイト運営のご提案をさせていただくケースは多数ございます。中古ドメインは買って終わりではありません。むしろ買ってからが本番です。ぜひ中古ドメイン本舗をごひいきくださいませ。

中古ドメイン

中古ドメインの価格・値段は何で決まるのか

結論として、複数のスコアによって価格が決定されます。具体的には、下記のとおりです。

・Majesticのスコアが基準値をクリアしている
・MOZのスコアが基準値をクリアしている
・Ahrefsのスコアが基準値をクリアしている
・アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

順に解説します。

Majesticのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

TF(トラストフロー) :被リンクの信頼度
CF(サイテーションフロー) :被リンクの数による影響度

MOZのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さを表した指標
PA(ページオーソリティ):ページの強さを表した指標
SPAM SCORE(スパムスコア):スパムドメインである可能性を表す

Ahrefsのスコアのスコアが基準値をクリアしている

下記の指標をクリアしている必要があります。

UR(URLレーティング):URLに対する被リンクの質やパワー
DR(ドメインレーティング):ドメインに対する被リンク量

 

アダルト歴、スパム歴、犯罪歴がない

下記の条件をクリアしている必要があります。

ウェイバックマシンでアダルト歴、スパム歴、犯罪歴がないこと。

 

中古ドメインの見分け方・選び方について解説します

中古ドメインは何よりも品質が重要です。見るべきポイントは下記のとおりです。

・運用履歴
・運用年数
・被リンクの質
・被リンクの本数
・ドメインの強さ
・ドメインの信頼性

中古ドメインの当たりについて解説します

中古ドメインの「当たり」とは「同ランクの他の中古ドメインに比べても、より順位がつきやすく、順位が落ちにくいドメイン」のことです。 結論として、「当たり」は下記の特徴を持っています。

・ドメインパワーが高い
・被リンクの質が高い
・被リンクの数が多い
・ペナルティ履歴がない

ちなみに、中古ドメイン本舗はこの「当たり」を優先的に仕入れております。 そのため「当たりドメインだけほしい!」という方は、ぜひ中古ドメイン本舗をご活用ください。

中古ドメインの使い方を解説します

結論として、通常の新規ドメインと全く同じ使い方でokです。 ユーザーの課題を解決できる記事をコツコツ入れていきましょう。 考え方は、新規ドメインも中古ドメインも変わりません。

中古ドメイン

中古ドメインが上がらない時はどうすれば良いのか

結論として、下記のとおりです。

1.価値のある記事を大量に追加する
2.サイト全体を改善する
3.3ヶ月待ってみる

これは、新規ドメインのときと全く同じです。SEO的に正しいことをやって、効果が出るまで待ちましょう。

まとめ

今回は「中古ドメインでサテライトサイトを作る方法」を解説しました。アフィリエイトもWeb事業も、ドメインは超重要な要素です。中古ドメインで上位検索を狙ってみませんか?

Web本舗の中古ドメインは、完全オーダーメイドで仕入れを行っています。ご希望のドメインがある場合は、下のフォームから『こんなジャンルのドメインが欲しい!』とお申し付けください。

    【任意】 会社名
    【必須】 お名前
    【必須】 メールアドレス
    【必須】 電話番号
    【必須】 お問合せ内容

     

    次へ
    • この記事を書いた人

    新井

    始めまして。Web本舗代表の新井です。 我々は関西のWebマーケティング会社です。「事業者様の売上をアップすること」が我々の使命です。最新のWebマーケティング手法(Webサイト制作、SEO対策、MEO対策、LP制作、SNS運用など)でお客様の売上をアップいたします。 売上のお悩みなら、何でもお気軽にご相談ください。

    -中古ドメイン

    © 2021 Powered by AFFINGER5