お役立ち情報

【結論】SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか【費用・値段・金額】

 

SEO対策

 

「新事業としてSEO対策を取り入れたいが、これってどれくらいの費用がかかるんだろう…。そもそも、SEO対策って本当に必要なのかな?」

こういった疑問に答えます。

1.  SEO対策の外注は月額いくらで出来るのか

SEO対策

最低でも月額10万円×3か月=30万円かかります。しかし、大切なのは料金ではなく、あくまでサービスの質です。安かろう悪かろう、サービスの質が低ければ現状よりも悪化するだけです。



10円のパック豆腐が売っていたら怪しいですよね。これと同じなんです。安すぎるSEO対策には裏があります。

 

また、高ければ高いほどいいというわけでもありません。有名企業ほど無駄に高い費用を提示してくることが多いですが、これはただのブランド料である可能性が高いです。

 

質の高い企業を選べば、同じサービスをより安い料金で受けられます。

 

大切なのは、費用の高さではなく、実績や活動、信頼度からSEO対策の外注先を選ぶことです。格安会社や、逆に高額すぎる会社は選ばないようにしましょう。

 

2.【悲報】SEO対策をしない会社は倒産します

会社

現代において、SEO対策をしない会社に未来はありません。

 

ユーザーは、以下の3つの経路のいずれかから企業のホームページに訪れます。

 

①検索
②広告
③SNS

 

このうち、一番多くのユーザーが利用する経路は検索です。ですから、SEO対策に力を入れることで、より多くのユーザーに会社の存在を認知してもらえるようになるのです。

 

逆に考えると、SEO対策をしていない企業は、大量の潜在顧客を逃していることになります。これはとてももったいないですよね。

 

もちろん、広告やSNSによる宣伝に効果がないわけではありません。この2つも、重要度の高い集客ツールです。

 

しかし、広告とSNSの集客力は一過性のものに過ぎません。継続的に集客するためには、大きなコストを持続的に投下していく必要があります。その点、SEO対策は効果に持続性があります。

 

以上の理由から、SEO対策をしない企業は倒産するといえます。誇張ではなく、ただの事実です。

 

これだけのメリットがあるのに、やらない理由はありませんよね。

 

下記の記事で、SEO対策の大前提となるサイトを持っていない企業の末路について解説しています。

 

【悲報】Webサイトがない会社が必ず倒産する理由【デメリット】

3. なぜSEO対策は大切なのか 

SEO対策をする理由

そもそも、SEO対策がなぜそこまで重要なのかをご存知でしょうか。


なぜSEO対策をする必要があるのか?その理由を以下の3つにまとめました。

 

①SEOは長期的なコストが安い
②SEOは能動的な顧客をキャッチできる
③コンテンツによる信頼感の育成

 

順番に解説していきます。

3-1 SEOは長期的なコストが安い

コスト

SEO対策は、非常にコストパフォーマンスがいい集客手段です。

 

たとえば、テレビCMが集客力を発揮するのは放映期間中のみです。一方でSEO対策は、一度作った記事はネット上にずっと残り続け、持続的に売り上げに貢献してくれるため、長期的に見たらコストパフォーマンスが高くなるのです。

 

ビジネスにおいて、長期的な目線を持っておくことは大切ですよね。目先の数十万円を惜しむ企業は倒産しますが、将来のために数十万を使える企業は生き残ります。

 

残酷ですが真実です。たとえ一時的に大きな損失が出てしまったとしても、それで企業の命が救えるのであればやるべきですよね。

 

3-2 SEOは能動的な顧客をキャッチできる 

顧客

S顧客の積極性とネットリテラシーの高さにも、SEO対策のメリットが見られます。



一般的に広告は、見たいと思わなくても目に入ってしまうものですよね。たとえば、動画が流れているときに突然表示される広告や、ブログを読んでいるときに合わられるものなどは、私たちの意思に関係なく目に飛び込んできます。

 


自分から調べようとしなくても、向こう側から半ば強制的に見せられるのが一般的な広告なのです。

 

しかし、SEOは違います。

 

SEO対策により上位表示された記事を読むのは、自分なりの問題意識を持ち、検索バーに関連キーワードを打ち込んだユーザーに限られます。興味のない人のもとに、SEO記事は届きません。

 

この「広告に対する姿勢」がなぜ重要なのかというと、検索によって該当記事にたどり着くユーザーには、以下のような特徴があるからです。

 

・ネットリテラシーが高め
・購買意欲が最初から高め

 

順に解説していきます。

 

3-2-1 ネットリテラシーが高め 

 

従来の自動表示型広告は、悪く言えば「ユーザを騙して商品を購入させることも可能」というものなんですよね。
というのも、自動表示された広告から購入に進むような人は、自分の軸を持って物事を判断する能力に欠けている場合が多いからです。



「欲しくもないのに、人気があったからつい買ってしまった」
「友達に勧められたから、つい買ってしまった」



みなさんにも、上記のような経験に心当たりがあるのではないでしょうか?広告の力を利用すれば、ネットリテラシーの低い人を騙すことは簡単です。



対して、SEOによって流入してくるユーザーは、比較的ネットリテラシーが高い傾向があります。しっかりと検索して様々な情報を精査・比較検討をする癖がついている人が多いからです。

 


そして、ネットリテラシーが高いということは、ユーザーの質に比例します。



たとえば、リテラシーの低い人に商品を売るとすぐに返品されたり、クレームを入れられたりします。そのような事態を最小限に防げるのは嬉しいですよね。自社のサービスを選んでもらうのは大切ですが、自社が顧客を選ぶという態度も忘れてはいけません。

 

3-2-2 購買意識が最初から高め 

 

検索からメディアに流入してくる人は、購買意識が高めであることが多いです。

 


たとえば、「冷蔵庫 おすすめ」と検索する人は、すでに冷蔵庫の購入を検討している可能性が高いですよね。そのような人に適切な冷蔵庫を紹介してあげれば、すぐに成約に至ることが予想されます。

 

当然ではありますが、購買意欲の高い人は、成約までのスピードが早いです。

 


SEO記事は、「特定の誰かの悩みを解決し、背中を押してあげる」ために作成されるものです。SEO対策により、購買意欲の高いユーザーの背中を後押しすることで、企業のファンを効率的に増やせます。

 

3-3 コンテンツによる信頼感の育成 

信頼感

読者の悩みを解決するコンテンツを発信し続けることで、会社の信頼感を効率的に高められるのもSEO対策の特徴の1つです。



基本的に、WEBに掲載されている記事は無料で閲覧できます。
有益な記事の発信を続けることで、読者は「この会社はこんなにためになる情報を無料で発信しているのか」と思ってもらえるのです。

 

どんな人でも、出会ってすぐの段階で商品を売り込まれたら、不信感を感じてしまいますよね。


たとえば、仲良くなったばかりの友達に「うちにこんな商品があるんだけど、どう?」と売り込みをかけられたら、「それが目的で近づいたの?」と思ってしまうはずです。

 

逆に、見返りなしにいろいろなことを手伝ってもらったら、「なんだか申し訳ないな」と思いますよね?それと同じです。

 


商品を売る前に、有益なコンテンツを継続的に見てもらうことで、顧客の信頼感を大きく高められます。「無料でこんなにためになる情報をもらってしまって、なんだか申し訳ない」と思ってもらえれば、自社の製品への成約まであと一歩です。

 

4.   SEO対策を種類別に解説

SEO対策

SEO対策には様々な種類がありますが、大きく分けると下記の6種類があります。



①SEOコンサルティング
②サイト設計コンサルティング
③内部SEO対策
④外部SEO対策
⑤WEBライティング
⑥サイト制作


種類によって、対応範囲や費用に差があります。
それぞれの特徴をしっかりと把握して、適切なものを選べるようにしましょう。

 

それでは、順番に解説していきます。

4-1 SEOコンサルティング 

コンサルタント

SEOコンサルティングは、現状のWEBサイト・メディアから伸び悩んでいる原因を洗い出し、ピンポイントで対策をしていくというものです。

 


原因を絞って対策をしていくため、短期間で効率的にサイトを改善できるのが特徴です。



費用はやや高いものの、スピード感のある対策が期待できるので、「SEO対策っていわれても、何をすればいいか全くわからない」という人にはSEOコンサルティングがおすすめです

 

4-2 サイト設計コンサルティング 

サイト設計

競合の分析や、メディアの企画を行うのが「サイト設計コンサルティング」になります。サイトを運用する前段階に力を入れるイメージです。



どんなに良質な記事を作っても、誰も興味を持たない内容だったら意味がありません。

 


たとえば、「納豆」専門のメディアを作ったとしても、テーマがニッチすぎて、どんなに対策を施しても伸ばすのは難しいです。このような場合は、まずは需要の高いテーマを選ぶ必要があります。

 

そのような、メディアを始める以前の段階でつまずいていないかを確認するのがサイト設計コンサルティングです。

4-3 内部SEO対策 

内部SEO

内部SEO対策は、サイト内部の要素について施策・改善を実行していくというものです。

 


例えば、以下の要素について手を入れていきます。



・タグ…コードを記述する際に用いる記号
・コンテンツ…サイト内にアップされる記事
・ディスクリプション…検索したときに、ページタイトルの下に掲載される2~3行の文章

 

 


内部対策では、コンテンツのテーマから、タグや内部リンクの位置のような細かいものまで徹底的に見直していきます。やや専門性の高い分野であるため、質の高い企業に外注するのが重要です。

 

4-4 外部SEO対策 

外部SEO

外部SEO対策とは、被リンクとサイテーションを集める施策のことです。

 


被リンクは、他のWEBサイトに自社サイトのURLを引用してもらうことを指します。被リンクの数によって、どれだけ第三者から自社サイトが評価されているかをGoogleのロボットが確認できるというわけです



また、サイテーションとは、サイトの文章が他のサイトやSNSによって引用されることです。被リンクはサイトによるもののみであるのに対して、サイテーションはSNSや広告などのどんな媒体でも有効です。



被リンク、サイテーション共に、コントロールするのが難しい要素であるため、外部対策はSEOのプロフェッショナルに任せてしまうのがおすすめだといえるでしょう。

 

4-5 コンテンツマーケティング 

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、サイト内のコンテンツを重視したSEO対策のことです。質の高い記事をサイトに大量に入れることで、ユーザーの流入数を増やしていきます。



コンテンツマーケティングには、記事を大量に執筆してくれるWEBライターが欠かせません。そのため、外注するWEBライターのスキルがたいへん重要になってきます。



コンテンツマーケティングは効果的である一方、WEBライターのスキルをしっかりと見極めないと、記事のクオリティにバラつきが出てきてしまう恐れがあるので注意です。

4-6 サイト制作 

webサイト

「そもそも自社サイトを持っていない。これからSEOで集客をしていきたい」と考えている場合は、まずはサイト制作を外注しましょう。

 

サイト制作の外注先は、SEO専門会社である必要があります。特に、サイトを納品してもらった後もある程度サポートしてくれる企業を選ぶのがポイントです。

 


たとえば、いきなり原因不明のバグが発生してサイトが開けなくなってしまったのに、会社から何のバックアップも受けられなかったら不便ですよね。



フリーランスや実績のない会社ではなく、サポートが手厚く実績も十分な企業に制作を発注しましょう。

 

5. SEO対策を自社で行うことは可能か

自社でSEO対策

 

SEO対策を自社内で行うことも、不可能ではありません。なぜなら、個人で成果を出しているブロガー、アフィリエイターもたくさんいるからです。



ですが、SEO対策を自社で行うのはおすすめできません。

 

というのも、SEO対策は広告やSNS運用に比べてかなり難易度が高いのです。加えて、SEO対策の効果が出始めるのは、早くてもスタートから半年〜1年後です。成果が出ない中で、長期間対策を続けるのはかなり大変ですよね。



以上の理由から、SEO対策はプロに外注してしまうのがおすすめだといえるでしょう。繰り返しになりますが、目先のコストを惜しむ企業に未来はありませんよ。

 

ちなみに、下記の記事で、SEO対策の基礎知識について解説しています。

 

【完全解説】SEO対策とはなにか?分かりやすく解説します

6. SEO対策は長期的な対策が必要

長期間

 

前述の通り、SEO対策は基本的に長期戦になります。

 


「効果が出るまでに時間がかかるくせに、成功するかは不透明。普通にお金を出して広告出稿した方が良くない?」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、広告はギャンブルです。代理店は人の金だと思って適当に運用します。お金が湯水のように溶けるわりには成功する保証がないのが広告の最大のデメリットなんです。

 


しかし、SEO対策が成功したときの、ビジネスへの影響力は計り知れません。持続的なビジネスを展開していきたい人は、絶対にSEO対策を実行しましょう。

 

7.SEO対策の契約形態とは

契約

SEO対策には、月額契約型と成果報酬型があります。

 


月額契約型は、成果に関係なく月額を固定で支払っていくというものです。成果が出ていない段階でもある程度の金額を支払う必要がありますが、いくら集客力が高くなっても料金の変動はありません。



一方、成果報酬型は、成果に応じて料金が変動する形態。成果が出づらい対策序盤は、費用を抑えられます。一方、成果が出始めたらどんどん金額は上がるため、月額契約の方がお得になる場合もあります。

 

8.SEO対策に強いおすすめの会社【国内ランキング】

SEO対策

1位 ナイル株式会社
2位 株式会社フルスピード
3位 ディーエムソリューションズ株式会社
4位 株式会社PLAN-B
5位 株式会社ウィルゲート



全て大手企業ですが、ぶっちゃけ高いかもしれません。コスパ良くSEO対策をしたいなら、むしろ有名じゃないが技術力はある会社に発注されることをおすすめします。

 

冒頭でも説明した通り、高ければ高いほどいいというわけではありません。正直、大手企業と同じレベルのサービスを、より安い料金で行ってくれる中小企業はたくさんあります。

 

ですので、「オススメの会社ランキング」のような口コミを盲信しすぎることなく、自分自身の目で外注先を選定するようにしましょう。

 

手前味噌ですが、Web本舗は高い技術力の割にかなりお得なご提案が可能です。

 

「SEO対策に強いオススメの会社」についての詳細は、下の記事で解説しています。

 

【注意点あり】Webマーケティングに強い企業一覧【選び方も解説】

9.SEO対策専門の大手企業の評判が悪い理由

大企業

ぶっちゃけ、SEO対策専門の大手企業は質が低いところが多いです。ネットで調べてみると、大手企業の悪い評判がたくさん見つかります。なぜ、大手であるにもかかわらず、施策の質が低くなってしまうのでしょうか。

 

結論は【プロが社内にいないから】です。SEO対策は職人芸なので、会社ではなく担当者で決まります。そして、優秀な担当者はすぐに独立します。

 


だから大手企業からはプロが流出して、値段の割に低品質な現象が起きるのです。レベルの高いSEO対策をする業者を知っているのは、われわれSEO対策業者だけです。

 


SEO対策を依頼するなら、会社ではなく人で選んでください。
有名かどうかより、本当に信頼できるかでご判断下さい。

 

10.SEO対策の費用の相場は何で決まるのか

金額

基本的には、人件費+利益です。

 


SEO対策に精通したプロ人勢の給料に利益を載せて請求しています。しかし、大手企業はオフィスがあるので固定費が高いです。発注する側には関係のないところに、お金が発生してしまっているのです。

 


そのため、言葉を選ばずに言えば、ぼったくりな見積もりが飛んでくることも多いです。特に有名大手企業は同じことをしても桁が1つ違います。あまり良い選択とは思えません.....。

 

また、他にも、SEO対策の費用に影響を与える要素が3つあります。

 

①メディアや企業の規模
②対応業務範囲
③コンテンツの内容

 

順に解説していきます。

10-1 メディアや企業の規模

規模

メディアや企業の規模によっても、かかってくる値段は大きく変わります。

 

たとえば、10記事投下しただけで売り上げがアップするようなメディアがある一方で、1000記事以上投下して初めてユーザーの流入数に変化が出るものもあります。

 

10記事と1000記事では、値段に差が出てくるのも当然ですよね。

 

一般的には、規模が大きければ大きいほど費用は高くなります。予算に対してあまりにもコストが大きい場合は、メディアのテーマや人的なリソースを調整する必要があるでしょう。

 

10-2 対応業務範囲 

業務

対応業務範囲の広さによっても、外注料金は変わってきます。すでに説明した通り、SEO対策には様々な種類がありましたね。


そして、対策には一部をピンポイントで対策するものから、サイト制作〜SEO対策を一貫して行うものまで様々です。どの領域まで任せるかが、値段に大きく影響してくるのです。

 

なるべくコストを抑えたいという場合は、自社で対応できる対策は自力で行い、それ以外の部分のみ外注するといいでしょう。

 

たとえば、記事の執筆は自社のライターに任せ、サイト設計や内部・外部施策を専門会社に代行してもらうなどが考えられます。

 

予算がないからといってSEO対策をやらないのはリスクが大きすぎます。今の自分たちにもできることに全力で取り組んでいくという姿勢を持ちましょう。

 

10-3 コンテンツの内容 

コンテンツ

コンテンツのテーマによっても、値段は変わります。一般的に、競合が多いキーワードほど、SEO上位表示の難易度は上がります。


たとえば、「クレジットカード」についてのメディアはかなり競合が多く、上位表示は至難の業であるといえるでしょう。その分、どうしても費用はかさんでしまいます。

 

しかし、費用が高くなってしまう一方で、難易度の高いキーワードで上位表示ができるようになった時の恩恵は計り知れません。集客はもちろん、そのメディア自体から巨大な利益を発生させることも可能になります。

 

そのため、多額の費用を投下して難しいキーワードを狙うのも、戦略としては全然問題ありません。将来に大きなリターンが期待できるのであれば、短期的な損失を惜しむのはもったいないです。

 

11.SEO対策に月額契約が多い理由を解説します

月額契約

結論は、【短期間のSEO対策は無意味だから】です。SEO対策の効果を数週間で出すのは、どんな企業でも不可能です。

 

そもそも「Googleのロボットに評価される」ことを目指すのがSEO対策の本質なんです。Googleのロボットから高評価を受けて初めて、ホームページのコンテンツは上位表示されます。

 

そして、ロボットからの高評価は、短期間では受け取れません。いくらSEOに対する知識があっても短期で成果を出せないのは、SEOにこのような背景があるからです。

 

時々、「たった数週間であなたのサイトを上位表示できます!」と訴求する企業がありますが、これは間違いなく詐欺です。SEO対策には、どんなに短くても3ヶ月はかかると覚えておきましょう。

 

 

12.SEO対策は大手も個人もやること一緒です【裏話を暴露】

 

企業

実はSEO対策は、大手企業でも個人でもやることは同じです。大きい企業だからといって、特別なことしているわけではありません。

 

なぜやることが同じなのかというと、どんなメディアにとっても「Google」という勝負の土俵は変わらないからです。勝負する場所が同じである限り、SEO対策に裏技は存在しません。

 

どこの会社、個人でもやるべきことが変わらない以上、大手企業に大金をつぎ込むのは決して正しい方法とはいえません。もちろん、質の高いサービスを運営する大手企業はありますが、だったら同じクオリティでより安いサービスを選んだ方がお得ですよね?

 

SEO対策を発注する際は、厳しい目を持って会社を選びましょう。

 

13. SEO対策とリスティング広告はどちらがいいのか

広告

有名な広告出稿に、リスティング広告があります。リスティング広告とは、何かを検索したときに、上から2~3個表示される広告のことです。対して、リスティング広告の下に表示される、SEO上位の記事を「オーガニック検索」と呼びます。



SEO対策とリスティング広告には、それぞれ別の良さがありますが、長期的な視点で見るとSEO対策の方が効果的だといえるでしょう。

 

なぜなら、SEOに強いメディアは、人が寝ているときでも自動的に働いてくれる「集客部隊」になってくれるからです。


そのような意味では、リスティング広告はあくまで「短期間の間になるべく多くの人を集める」施策です。その効果はあくまで一過性のものに過ぎません。

 

ですので、現状リスティング広告で成果が出せている企業でも、SEO対策を始めるメリットはあります。

 

SEOや広告などのWebマーケティングについて、下記の記事で解説しています。

 

【完全保存版】「Webマーケティング」とは何か?わかりやすく解説しました【2020年最新版】

14.SEO対策を外注するならWeb本舗で決まりです【コスパが最強】

コスパ

Web本舗は、質の高いサービスを適切な値段で提供できます。「大手企業は高すぎるし、かといって安い企業に依頼するのも不安…」という人に、Web本舗はぴったりです。

 

下のフォームから無料で問合せください。1年後の売上をアップさせるには今すぐ行動することが必要ですよ。



  

 

お客様に一番合ったオーダーメイドプランをご提案いたします。

 

15.【小さく始める】今すぐスタートしたい方向けです【特別ご案内】

始める

新製品のパワーリンクをお試しください。すぐに注文出来てバツグンの効果を発揮しますよ。
  

まるごとプロに任せられるお得なパックになっております。下のリンクからお気軽にお申し付けください。

    

 

今回の記事に関しまして、何かご質問がございましたら、下のフォームからお願いいたします。また、SEO対策についてのご相談もお受けいたします。お待ちしております。

 

 

 

 

    任意会社名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須質問内容

      任意会社名
      必須お名前
      必須メールアドレス
      必須電話番号
      必須質問内容

      次へ
      次へ

      -お役立ち情報

      © 2021 Powered by AFFINGER5