Webマーケティング

【完全保存版】損したくない!Webサイト制作の相場を完全解説します


Webサイトを作りたい経営者
「Webサイト制作を依頼したいな。でも、業界のことをわかってないから、不安です。悪質な業者に騙されて損をするかも…。まずWebサイト制作の相場が知りたいです。その上で、自分が今サイトを作ったらいくらかかるのか、という費用も知りたいです。全部教えてください。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

【完全保存版】損したくない!Webサイト制作の相場を完全解説します

 

 

Webマーケティング会社を経営しています。今回はWebマーケティングのプロの立場から、Webサイト制作の相場を解説します。この記事を読めば、損をすることなく「売上があがるWebサイト」を作ることができますよ。

 

✔もくじ
1.Webサイト制作の相場を種類別に解説します
2.よくある質問に答えます

 

 

1.Webサイト制作の相場を種類別に解説します

結論として、相場は「Webサイトの種類」によって違います。具体的には下記のとおりです。

 

モール型サイトのページ制作:10万円~20万円
企業サイト(5ぺージ):20万円+管理費用1万円
予約システム付き企業サイト:50万円+管理費用2万円
ECサイト:50万円~100万円

 

 

順に解説します。

 

 

モール型サイトのページ制作:10万円~20万円

まず、下記の費用が「必ず最低限発生」します。これはWeb制作会社ではなく運営側に支払う費用です。

楽天市場:初期費用60,000円、月額費用19,500円
Yahoo!ショッピング:初期費用無料、月額費用無料
Amazon:初期費用無料、月額費用4,900円、販売手数料

 

別途、Web制作会社への費用が発生するとご理解ください。その価格が10万円~20万円です。

 

例えば、楽天だと下のようなサイトになります。

https://item.rakuten.co.jp/sakano/o-yk/?iasid=07rpp_10095___es-k93vrvr5-2t-0b3e2a9c-0987-4721-b743-f889a1c6a373#o-yk

このサイトの場合は「毎日お肉が売れていく状態」になっています。例えば、「肉の卸屋さんがふるさと納税専用サイトを作って、年商2億を半年で実現したケース」などがあります。凄いですよね。

 

企業サイト(5ぺージ):20万円+管理費用1万円

必要最低限のWebサイトを作りたい場合はこれです。基本的には、下記を制作することとなります。

 

・トップページ
・事業紹介ページ
・採用ページ
・お問合せページ
・プライバシーポリシー

 

「なんだかボリュームが少ないな」と思いましたか。しかし、Webサイトは量より質です。実はこの5ページは「人間でいえば心臓」に当たるんです。この5ページさえ高品質にすれば、それだけで成果が出ますよ。

 

 

具体的には、この5ページを作り込むだけで、商談の問い合わせ、人材の応募、協業の打診が毎日山のように届きます。

 

 

 

予約システム付き企業サイト:50万円+管理費用2万円

結論から言うと「ホットペッパービューティ」のような、リアルタイムでお客様が予約できるWebサイトです。自社の予約をWebサイト1つで管理できれば楽です。そして、例えば美容院なら「ホットペッパービューティへの掲載費」が高すぎて経営難に陥るケースも多いです。

 

『ホットペッパービューティの掲載料金が高すぎる問題』を解決します

 

 

そのため、自社で予約機能付きサイトを作るニーズがあるのです。予約システムの構築、セキュリティ対策、保守管理には高度なプログラミングスキルが必要です。そのため、価格は少しお高めです。

 

 

特にセキュリティ対策は重要です。このタイプのサイトを作る場合はケチらない方が良いでしょう。仮に個人情報が流出すれば、大変なことになります。

 

 

ECサイト:50万円~100万円

自社の商品をWebサイト経由で販売したい場合は、ECサイトを作りましょう。

 

 

フルスクラッチといって、0から作る場合は「新しくシステムを構築」することになるので、かなりのお金がかかります。

 

 

一方で、BASEなどのASPを利用する場合は、もっと安く制作できます。

 

 

ECサイトは企業様の状況(規模、社内システムとの連携など)によって、全く異なってきます。

 

 

2.よくある質問に答えます【Webサイト制作の相場】

 

ここからは、よくある質問に答えていきます。

 

格安業者ってやめた方が良いですか?【Webサイト制作の相場】

結論として、おすすめしません。理由は「安かろう悪かろう」だからです。というのも、格安だけをアピールするWeb制作会社は技術力やWebマーケティング力が低い会社が多いのです。

 

 

例えば、「ホームページ制作テンプレートで見た目だけまともなWebサイトを作る」などです。これの問題点は、「WordPressなどの世界的標準CMSではないので、サポートが終了したらサイトが消滅する点」です。危険ですよね。なので格安業者はお勧めしません。業者を調べたいときは「WordPressで作ってくれるんですか?」と聞くと良いですよ。

 

 

SEO対策って大切ですか?【Webサイト制作の相場】

結論として、非常に大切です。ぶっちゃけ「SEO対策をしないならWebサイトを作る意味はない」です。なぜなら、SEO対策をしないと「あなたのWebサイトが検索上位に表示されることは一生ないから」です。

 

 

そして、残念ながら、ほとんどの「ホームページ制作会社」はSEO対策ができないです。見た目がそれっぽいWebサイトを作ってそれで終わり。SEO対策は何もしてくれませんよ。これだと、売上は絶対伸びませんよね。Webサイト制作をするなら、SEO対策に精通した会社に依頼した方が良いですよ。

 

 

たかがWebサイトで高すぎませんか?【Webサイト制作の相場】

結論として、「Webサイトに投資しない会社は、必ず失敗する」と考えています。なぜなら、Webサイトは武器だからです。戦国武将で例えるなら、刀や槍です。軍隊なら、銃や戦車です。武器に投資せずに勝てると思う方が間違いなのです。実際、圧倒的に業績が高い会社ほど、Webサイトに多額の投資をしています。

 

 

例えば、ベイジという会社は「日本で最高級のWebサイト制作会社」です。この会社の主な相場は数百万円で、それ以下の案件は断っているようです。そのくらい、Webサイトは奥が深いものだということをご理解ください。

 

 

自分でWebサイトを作るのはどうですか?【Webサイト制作の相場】

ぶっちゃけ最悪の選択肢なので、やめた方が良いです。自分で作ろうとしていた方、すみません・・・。気持ちは凄くわかります。でもダメなんです。確かに無料ツールで「それっぽいWebサイト」は作れます。しかし、こういったツールはSEO対策が不完全な場合がほとんどです。その上、ツールの提供会社がサービス終了すれば「Webサイトごと消滅」します。例えば、下の2つは大手サービスでしたが、ひっそりと終了しています。

 

yahooブログ終了
KDDIホームページサービス終了

 

自分でサーバーを契約してWordPressを勉強して作れる人もいるかもしれませんが、率直に言って時間の無駄です。Webサイトは我々のようなプロに外注して、その時間で本業に注力した方が売上を伸ばせますよ。

 

まとめ

正直、価格を聞いて「高すぎる・・・」と感じた方もいるかもしれません。しかし、実は「Webサイトを作るだけで飛ぶように売上が伸びるケース」は山ほどありますよ。少しでも気になった方は、下のリンクからご相談ください。

 

無料で相談する

-Webマーケティング

Webマーケティングによって、
お客様の売上を最大化を支援します

Copyright © , 2019~2020 All Rights Reserved

お問い合せ