\たった60秒で完了します/京都 webマーケティング 強い おすすめ 会社

SEO対策

【2021年最新版】コンテンツSEO完全攻略マニュアル【限定公開】

新井

始めまして。Web本舗代表の新井です。 我々は関西のWebマーケティング会社です。「事業者様の売上をアップすること」が我々の使命です。最新のWebマーケティング手法(Webサイト制作、SEO対策、MEO対策、LP制作、SNS運用など)でお客様の売上をアップいたします。 売上のお悩みなら、何でもお気軽にご相談ください。

コンテンツSEO
記事の書き方が分からないWeb担当者
「コンテンツSEOをやりたいけど、記事の書き方の手順がイマイチわかりません。どうすれば読まれる記事を書けますか?初心者なので、何もかも意味不明です。全部教えてください。」

こういった疑問に答えます。

コンテンツseo ブログ
コンテンツseo 事例
seoに強い記事
コンテンツSEO 考え方
コンテンツseo テクニカルseo
seo コンテンツマーケティング

 

 

===========2回表示の壁=================

seo対策
コンテンツSEOキーワード
コンテンツSEO会社
コンテンツseo
コンテンツseo 記事
コンテンツseoとは
SEO コンテンツマーケティング
SEO ブログ おすすめ
SEO 企業 とは
SEO 記事作成
SEOに強い
SEOに強いブログ
SEOに強い記事
SEO会社 評判
SEO対策 ブログ 効果
SEO対策 名前
SEO戦略
seo コンテンツ制作
seoに強いブログ
seoコンテンツ 作り方
seoコンテンツ 書き方
seoブログとは
seoマーケター
seoマーケティング 資格
seoマーケティングとは
seo会社 東京
seo対策 ブログ 効果
seo対策 ブログ 文字数
seo対策 ブログ 書き方
seo対策 会社 ランキング
seo対策 会社 一覧
seo対策会社 おすすめ
seo対策会社 大阪
seo対策会社 選び方
seo業者 比較
seo記事 書き方
seo記事作成
はてなブログ seo
コンテンツSEO ブログ
コンテンツseo ツール
コンテンツの制作
コンテンツマーケティング ランキング
コンテンツマーケティング 本
コンテンツマーケティングとは
ブログ seo対策 初心者
ブログSEO対策 初心者
ホームページ ブログ SEO

 

==========================h3: 目次
h3: コンテンツSEOとは?
なぜコンテンツSEOが注目されているのか?
h3: ブラックハットSEOの隆盛
h3: 小手先のテクニックを用いて順位を上げるブラックハットSEOが、ネット上を席巻していた
h3: ペンギンアップデートとパンダアップデートの実施で検索エンジンの性能が劇的に向上し、ブラックハットSEOの多くがペナルティを受けた
h3: 検索エンジンが高性能になった結果、訪問者の役に立つ情報を掲載していた良質なコンテンツが上位を占めるようになった
h3: ホワイトハットSEO・コンテンツSEOの台頭
h3: 現在は訪問者が求めている情報を積極的に発信していく、ホワイトハットSEOやコンテンツSEOが主流になっている
h3: ブラックハットSEO業者とくらべると圧倒的に労力と時間がかかるので、コンテンツSEOの業者は高額である
h3: コンテンツSEOを外注したときも、依頼者は丸投げするのではなく積極的な情報提供が不可欠
h3: それでも、ホワイトハットSEOやコンテンツSEOに専念したほうが安全
h3: コンテンツSEOはSNS連携とも相性がよい
h3: コンテンツSEOはSEO対策だけでなく、FacebookやTwitterなどのSNSとも結びつけやすい
h3: ブラックハットSEOはコンピュータープログラムである検索エンジンはだませても、人間の目でチェックされるSNSには無力
h3: コンテンツSEOではコンテンツが拡散されやすいうえに、SNS投稿のネタとしても活用できる
h3: 作成したコンテンツはWeb上だけでなく、商談や接客、プレゼンなどの場面でも活用できる
h3: 今後のSEO対策は、コンテンツマーケティングの視点から進めることが不可欠
コンテンツSEOのメリットとは?
h3: 集客効果が長期間維持される
h3: 新聞広告やテレビCM、リスティング広告では発信から時間が経つほど、集客効果が急速に薄れていく
h3: コンテンツSEOはマラソンランナーのように、長期間集客に貢献し続ける
h3: 長期的にみると、コストパフォーマンスが極めて高い
h3: リスティング広告や、新聞広告やテレビCMでは高額な料金が発生する
h3: コンテンツSEOでは、コンテンツを内製すれば人件費以外は無料で集客力を増加できる
h3: コンテンツが蓄積されるほど、集客力が貯金や投資のように大きくなっていく
h3: コンテンツが蓄積されるほど、集客力が貯金や投資のように大きくなっていく
h3: コンテンツSEOは集客力が安定しやすい
h3: ライバルサイトの出現やアルゴリズム変更による順位低下で集客力が落ちる可能性はあるが、コンテンツSEOは安定しやすい
h3: コンテンツSEOは小手先のテクニックを使わないのでペナルティを受ける確率が低く、キーワードに多様性があるので集客数も安定する
h3: 検索回数が多いビッグキーワードは、ライバルページの数も膨大なので検索上位を獲るのが困難
h3: 複合キーワードやニッチなキーワードなどの、スモールキーワードは検索回数は少ないものの、検索上位を獲りやすいので着実に集客できる
h3: 多様なキーワードで集客するコンテンツSEOでは、ひとつのキーワードの検索順位が落ちたとしても、全体のアクセス数へのダメージは少ない
h3: コンテンツSEOは分散投資のようなもので、コンテンツを増やすほど安定性が増していく
h3: ニーズを自覚していない潜在顧客とも接点が確保できる
h3: 新聞広告や折り込みチラシ、テレビCMなどの従来の広告媒体では、ニーズを自覚している顧客しか接点が持てないので枯渇のリスクがある
h3: コンテンツSEOは発信費用や維持費がかからないので、幅広い層との接点を積極的に作れる
h3: 公開したコンテンツは顧客育成(リードナーチャリング)を自動的に進めてくれる
h3: コンテンツを充実化していけば、営業・接客を担当する社員の業務効率化にもつながる
h3: 企業ホームページ上に必要な情報を公開しておくことで、お客様対応の手間を軽減できる
h3: コンテンツSEOの推進は社員の業務効率化や労働生産性の向上効果を与える
h3: 企業の信頼度がアップし、ブランディングに貢献する
h3: ホームページ内の情報を充実させるほど、プロフェッショナルとしての知識・経験が伝わり信頼感が醸成される
h3: 会社のブランド価値向上で受注率アップや、価格競争からの脱却が期待できる
h3: SNSでの拡散や、自然な被リンクを獲得できる
コンテンツSEOのデメリットとは?
h3: 即効性がなく、効果が出るまでに時間がかかる
h3: コンテンツSEOは集客効果が発揮されるまでが遅い
h3: 検索エンジンのクローラーの巡回や、順位決定に必要なデータが蓄積されるまでには、期間が必要
h3: 初期段階はコンテンツ数自体が少ないので集客数も乏しくなる
h3: コンテンツの作成に労力と時間がかかる
h3: コンテンツSEOを外注すると費用がかかる
h3: コンテンツSEOを外注すると月20万円以上かかることが多く、一流のマーケティング会社だと初期費用500万円と月額200万円にもなる
h3: さらに、コンテンツSEOを外注したときも、SEO業者に積極的に情報を伝える努力が必要
h3: 多少のデメリットはあるが、長期的に会社を成長させたいならコンテンツSEOに一刻も早く取り組むべき
コンテンツSEOの手順・やり方を解説!
h3: コンテンツSEOの主な作業は、検索ユーザーの要望・お悩み・疑問に対して、ページという受け皿を用意すること
h3: コンテンツSEOの作業の基本は、ひたすら良質なページを追加していくだけ
h3: 「こんなランチを食べた」などの自社の事業に関係ないページをいくら増やしても、SEO対策面では効果が薄い
h3: SEO対策の基本はQ&Aであり、自社のお客様の要望・お悩み・疑問を解消できる答えを用意するのが重要
h3: お客様の要望・お悩み・疑問を洗い出し、それに対する回答となるページを整備していけば、自然とアクセス数と売上げをアップできる
h3: コンテンツSEOの作業フロー図
h3: 1.自社の商品・サービスの分析
h3: 2.その商品・サービスを求める人々は、どんな要望・お悩み・疑問を抱えているのかを考察する
h3: その商品・サービスを求めている人を綿密に想定していく
h3: 3.これから作成するコンテンツを選択する
h3: 4.ライバルサイトのページのチェックと熟読
h3: 作成するコンテンツのキーワードで実際に検索し、上位を獲得しているライバルサイトを分析する
h3: 特に良いと思ったライバルサイトは、紙に印刷して熟読しよう
h3: 良質なライバルサイトを大量に読み込むほど、あとの原稿執筆がはかどるようになり、最終的に時間節約とクオリティアップにつながる
h3: 5.対策するSEOキーワードを選定する
h3: そのコンテンツ(要望・お悩み・疑問に対する答え)を求めている人は、どんなキーワードで検索するかを想定する
h3: Yahoo!やGoogleのサジェストキーワードを知ることで、複合キーワードの選定に役立つ
h3: ターゲットキーワードがどれだけ多く検索されているかもチェックする
h3: SEOツールで月間検索回数をチェックして、最も集客できるSEOキーワードを選択しよう
h3: 6.コンテンツの原稿の執筆
h3: 文字数が1000字~2000字を超えるときは、Wordやメモ帳に下書きしよう
h3: コンテンツの原稿は、お客様に実際に回答している場面を想像しながら書こう
h3: コンテンツ作成ではページの三部構成を意識しよう!
h3: ファーストビュー、本文、クローズ文&CTAとは何か? それぞれの意味を解説
h3: 7.コンテンツのページ化
h3: 原稿を書き上げた時点で、コンテンツ作成作業の80%が完了したも同然
h3: 文章の合間には画像を適宜挿入しよう
h3: ページ内にはバナーボタンや文字リンクなどの内部リンクをこまめに配置しよう
h3: 訪問者がさまざまなページにアクセスしやすくなり、ストレスなく移動できる
h3: 内部リンクを貼った先のページの検索順位が向上する
h3: titleタグやmeta descriptionタグなどのSEOの重要項目を設定する
h3: 8.公開が完了したら、次のコンテンツ作成に取りかかる
自社で更新・ページ追加ができない環境は、
コンテンツSEOとの相性が最悪
h3: 利用しているホームページサービスが古いなどの理由で更新作業が大変な場合は、コンテンツSEOの実施が困難になる
h3: 更新のたびに制作会社に依頼する必要があるのは、コンテンツSEOにとって最悪の環境
h3: 作業料金が発生するので、コンテンツSEOのコストパフォーマンスが損なわれる
h3: 3年後・10年後には集客力に圧倒的な差が生まれるので、コンテンツSEOは今すぐ始めるべき
h3: あわせて読みたい記事
h3: 中小企業・団体のホームページ制作・リニューアルなら、おりこうブログにお任せください!

h3: コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い
h3: コンテンツSEOの目的
h3: コンテンツSEOのが必要になっている背景
コンテンツSEOのメリット
h3: 潜在的なニーズを持った見込み顧客にアプローチすることができる。
h3: 安定的に長期的に集客を行うことができる
h3: サイトが資産になっていく
h3: 拡散性が高い
h3: ブランディングになる
h3: 商談やプレゼンの場面でも活用可能
コンテンツSEOのデメリット
h3: 即効性のある施策ではない
h3: リライトなどのメンテナンスが必要となる
h3: コンテンツの作成に工数がかかる
コンテンツSEO成功事例
コンテンツSEOのコンテンツ作成手順
h3: 3C分析
h3: キーワード選定方法
h3: 記事構成案の作成方法
h3: コンテンツの作成方法
h3: 内部SEOを適切に施す
h3: 記事の校閲方法
h3: リライト
h3: コンテンツSEOを成功させるためのポイント
h3: 編集者を専任で1名つける
h3: 社内体制を構築する
h3: ツールを用いる
ツール『Keywordmap』を用いたコンテンツSEO~成果を出すためのヒント~
h3: キーワード選定
h3: 季節性のキーワードを発見する
h3: 記事構成案の作成方法
h3: 記事の校閲方法
h3: Keywordmapを用いたリライト手法
まとめ
h3: 人気記事
h3: 無料メルマガ登録Keywordmap ACADEMY
h3: 直近開催予定のイベント
h3: Keywordmapのカスタマーレビュー

コンテンツSEOの必要性
対策のポイント
h3: ポイント1.対策キーワードの選定
h3: ポイント2.コンテンツの質と情報量
h3: ポイント3.E-A-T
コンテンツSEOの事例と効果
h3: 既存記事のリライト事例
h3: 新規記事の作成事例
h3: 効果が出るまでの期間
メリットとデメリット
h3: コンテンツSEOのメリット
h3: コンテンツSEOのデメリット
コンテンツSEOサービスについて
twitter
facebook
h3: コンサルティングと製品
h3: 事例・実績
h3: スタッフ紹介
h3: コラム
h3: お知らせ
h3: 会社案内

コンテンツSEOのメリット
h3: 予算を掛けずに実施出来る
h3: サイトが資産になっていく
h3: 拡散性が高い
h3: ブランドの認知度を高める
コンテンツSEOのデメリット
h3: 即効性が無い
h3: 定期的なメンテナンスが必要
h3: マイナス要素となる可能性がある
Googleとユーザーに認められる記事を書こう
h3: Googleからみたコンテンツの質
h3: ユーザーにとってのコンテンツの質
コンテンツの質はどうやって判断するの?
【Google評価目線】コンテンツSEOを意識したブログ・記事の書き方
h3: 適切な文字数は?
h3: コンテンツに盛り込むキーワードの割合は適切か?
h3: 画像の使い方はどうすればいい?
h3: 独自性、網羅性のある内容を記事にしよう
h3: E-A-Tの3要素を満たそう
h3: 内部リンクで関連記事を載せてみよう
h3: blockquote(引用タグ)を使用しよう
【ユーザー目線】コンテンツSEOを意識したブログ・記事の書き方
h3: ペルソナ設計はできているか
h3: ユーザーの検索インテントに沿った記事を書こう
h3: 内容が充実したブログ・記事を書こう
h3: タイトルを適切につけよう
h3: ディスクリプションを設定しよう
h3: 誤字脱字・文法には気をつけよう
コンテンツSEOで上位を狙うならリライト(加筆・修正)を続ける
【番外編】コンテンツSEO的にやってはいけないこと〜コピペ〜
【番外編】アイディアが枯渇してしまった時のために
【Google評価目線】SEOのためのブログの基本的な内部設定
h3: サイトを使いやすくしよう
h3: 同じ内容の記事はなくそう
h3: 画像の最適化を行おう
【ユーザー目線】SEOのためのブログの基本的な内部設定
h3: 404エラーページを作ろう
h3: サイトのページ表示スピードをあげよう
Googleの理念を改めて確認しよう
まとめ
h3: コンテンツライティングチェックシート【30項目】
百々 雅基
RELATED POSTS
h3: 5分で分かるcanonicalタグとは?URL正規化を知らないと評価が落ちる
h3: 404 not found(404エラー)とは?|5分でわかる原因と解決方法・効果的な404エラーページの作り方とは?
h3: SEOとは?SEO対策でGoogleの上位表示を狙う!【基礎から学ぶ】
h3: 【基本から】Googleサーチコンソールの使い方・設定を徹底解説!
h3: 誰でも簡単に使える!サイトの「リンク切れチェックツール」5選
h3: Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方を完全解説
h3: https化(常時SSL化)とは?メリットや導入方法を画像付きで詳しく紹介【Xサーバー・ロリポップ編】
h3: モバイル検索結果にサムネイル画像を表示させる方法について
h3: meta refreshって何?リダイレクトとの関係も解説!
h3: Googleが嫌う重複コンテンツって?重複を避けてサイト運営する方法
サービス

h3: 無料でHubSpot CRMを試してみる
h3: 統合型CRMプラットフォーム
h3: アプリマーケットプレイス
メルマガに登録する
h3: メルマガに登録する
コンテンツSEOとは?
▼コンテンツSEOとは▼
h3: コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い
h3: コンテンツSEOの効果
h3: SEO = コンテンツ力の時代へ
コンテンツSEOを成功に導く8つのステップ
h3: 1. コンテンツマップを作る
h3: 2. キーワードツールを利用してターゲットキーワードを設定する
h3: 3. 検索キーワードに向けてコンテンツを最適化する(オンページSEO)
h3: 4. SEOに強いタイトルをつける
h3: 5. SEOに強いメタディスクリプションをつける
h3: 6. SEOライティングでブログ(記事)を書く
h3: 7. SEOに有効な内部リンクの貼り方
h3: 8. 検索順位を確認しながらSEO対策の効果を測る
まとめ:質の高いコンテンツを継続的に作成しつづけられるかが成功のカギ
h3: いかがでしたか?お気に召したのであればシェアはこちらから。
h3: 関連記事
h3: 【2022年版】SEOとは?初心者が上位表示を目指す14の対策
h3: HubSpotのコンテンツ戦略担当が解説する、 SEO改善のコツ
h3: 「Core Web Vitals」とは? 定義と具体的な改善方法を解説

h3:
h3: Download for Later
主な機能
無料ツール
会社情報
サポート関連
パートナー

h3: コンテンツSEOとコンテンツマーケティングとの違い
h3: コンテンツSEOの目的
h3: コンテンツSEOが必要になった背景
h3: コンテンツSEOでは、良質なコンテンツが大切
コンテンツSEOのメリット
h3: 検索流入が増えやすい
h3: 見込み客にアプローチできる
h3: サイトが資産になる
h3: ブランディングになる
コンテンツSEOのデメリット
h3: 効果が出るまで時間がかかる
h3: コンテンツのメンテナンスが必要になる
h3: コンテンツ作成に時間がかかる
コンテンツSEOの成功事例
コンテンツSEOのやり方
h3: TOPページのSEO対策を実施します【事前準備】
h3: 作成するコンテンツのテーマを考える
h3: 実際にコンテンツを作成する
h3: 作成したページの順位計測を行う
まとめ:コンテンツSEOの基礎を理解して、戦略的なサイト運用をしよう
h3: 最近の投稿
h3: カテゴリ一覧
h3: タグ一覧
h3: おすすめコンテンツ一覧

h3: コンテンツSEOはユーザーの悩みに応えること
h3: テクニカルSEOの違い
h3: コンテンツマーケティングとの違い
h3: コンテンツSEOが重視される背景
コンテンツSEOのコツ
h3: コンテンツSEOに文章力は必要ない
h3: どんな「人」のどんな「悩み」を解決するのか?
h3: 読者が記事を読むゴール"を考える"
h3: 検索意図に応えないコンテンツは高品質でも意味なし
コンテンツSEOの手順
h3: 上位表示させたいキーワードをリストアップする
h3: 検索の背景にある意図を分析
h3: 検索上位に表示する競合サイトの研究
h3: オリジナリティを加えて価値を高める
h3: メンテナンスで情報の正確性と鮮度を保つ
コンテンツSEOの成功事例3選
h3: 動画幹事
h3: 経営ハッカー
h3: サイボウズ式
コンテンツSEOの費用
h3: コンテンツSEOの費用・相場
コンテンツSEOにおすすめのツール
h3: 【無料】Google Search Console
h3: 【有料】Ahrefs
コンテンツSEOのメリット
h3: 長期的に高いコストパフォーマンスを発揮する
h3: 潜在顧客へのリーチが可能になる
h3: メルマガ・営業・SNS・展示会で二次利用できる
h3: 被リンク獲得につながる
コンテンツSEOに取り組む前に覚えておくこと
h3: 作成や結果が出るまでに時間がかかる
h3: 独自ノウハウが必要になる
コンテンツSEOまとめ
h3: SEO対策をプロに任せたい方へ
関連する記事

h3: コンテンツSEOの必要性
h3: 検索クエリとコンテンツの関係
h3: コンテンツマーケティングとの違い
h3: SEOライティングとは
コンテンツSEOの効果と費用
h3: 費用の目安(1記事あたり)
h3: 効果の事例
コンテンツSEOの始め方
h3: (1)製品・サービスと見込顧客像(ペルソナ)を描く
h3: (2)カスタマージャーニー設計
h3: (3)検索ニーズ調査とテーマ一覧の作成
h3: (4)コンテンツ制作
h3: (5)分析改善
コンテンツSEOの成功事例
h3: 「グロービス経営大学院」様の事例
h3: カオナビ 様の事例
コンテンツSEOを始めるか迷っている方へ
関連記事
世界で1,500社超が利用し、成功しています。
運営会社

h3: SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」
目次
SEOとは?わかりやすく解説
h3: SEOの目的
h3: SEOのメリット
h3: SEOのデメリット
SEO対策で、最も重要なこと
h3: SEO対策の種類
SEO対策の基本となるGoogleの考え方を知ろう!
h3: Googleが最重要視する3つの評価基準 E-A-T
h3: YMYLとは?
検索順位が決定される仕組み
SEOにおいて欠かせないツール
h3: Google Search Console(Googleサーチコンソール)
h3: Google Analyitics(Googleアナリティクス)
h3: 検索順位チェック&SEO分析ツール
h3: SEOのノウハウを詰め込んだ、高機能SEOツール「Gyro-n SEO」
上位表示のための具体的な5つのSEO、内部対策の方法
対策1.コンテンツの品質を上げる施策(コンテンツSEO)
h3: 検索キーワードを調査・選定する
h3: キーワードの検索ボリュームを確認する
h3: コンテンツ評価を得るための品質とトピック
h3: コンテンツの信頼性、オリジナル性を担保する
対策2.正しく評価してもらう施策(サイト設計とHTML記述)
h3: ページタイトルを最適化する
h3: meta description(メタ ディスクリプション)を最適化する
h3: 見出しタグを最適化する
h3: W3Cのガイドラインに即した正しいコーディングで作成する
h3: オリジナル性の高い良質な画像を使用し、最適化する
h3: 内部リンクを最適化する
対策3.ユーザー体験の向上する施策(ページスピードや操作性)
h3: ページエクスペリエンスを改善する
h3: ページスピードを改善する
h3: モバイルフレンドリー(レスポンシブデザイン)にする
h3: 構造化マークアップを追加する
対策4.正確にインデックスさせる施策(インデクサビリティの促進)
h3: モバイルファーストインデックス(MFI)を理解する
h3: 低品質コンテンツをインデックスから除外する
h3: URL正規化でインデックスページの重複をなくす
対策5.クロール頻度を上げる施策(クローラビリティの促進)
h3: XMLサイトマップ(sitemap.xml)を設置する
h3: 新規コンテンツの追加やページの修正後は、クロールリクエストする
h3: 良質な外部リンクの獲得
h3: パンくずリストや内部リンクなどナビゲーションリンクを最適化する
h3: サイトの更新頻度を上げる
SEO対策で気をつけるべきこと、やってはいけないこと
h3: SEOで気をつけるべきこと
h3: SEOでやってはいけないこと
まとめ
SEO対策の関連ページ
h3:

コンテンツSEOとは?
コンテンツSEOのメリット
h3: サイトにアクセスを継続的に集める効果がある
h3: 広告以外の集客効果が見込める
h3: 新たなコンテンツに出会う機会を作ることができる
h3: サイトや運営企業に対する信用・信頼度が上がる
h3: SNSで拡散されやすくなる
コンテンツSEOのデメリット
h3: SEOの効果が出るまでに時間がかかる
h3: 1つのコンテンツを作るのに労力・時間を要する
h3: 良いコンテンツを作ってもSEOの効果が出るとは限らない
コンテンツマーケティングとの違い
コンテンツSEOで成果を出すために必要なこと
h3: 自社及び競合商品・サービスの分析
h3: コンセプトの設計
h3: ビジネスの成果に繋がるキーワード選定(プランニング)
h3: SEOを意識したコンテンツの骨子・タイトルの作成
h3: SEOを意識したライティング
h3: コンテンツの順位チェック
h3: タイトルの見直し・リライト
コンテンツSEO おすすめツール
h3: キーワードマップ
h3: tami-co
h3: ミエルカ
コンテンツSEOで成果が出ない時
h3: 再度リサーチする
h3: 関連コンテンツを追加する
h3: 内部施策を見直す〜テクニカルSEO〜
コンテンツSEOにかかる費用は?
h3: 1人でコンテンツSEOに取り組む場合
h3: コンテンツ作成を外注化する場合
h3: コンテンツSEOの支援企業に依頼する
まとめ
Related関連記事
Seminarセミナー
Ranking人気記事ランキング
Service Siteサービスサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツSEO

 

 

【2021年最新版】コンテンツSEO完全攻略マニュアル【限定公開】

コンテンツSEO

 

Webマーケティング会社を経営しています。今回は「コンテンツSEOにおいて読まれる記事を書く方法」を解説します。この記事を読めば、読者に読まれる記事を効率よく書くことができますよ。

Webサイトの記事の書き方の全手順:
①執筆する記事のジャンルを決める
②キーワードボリュームを調べる
③執筆キーワードを決める
④決めたキーワードで、シークレットモードを利用して検索
⑤読者の課題を見つける
⑥上位1〜5記事を参考にして記事構成を作成(見出しタグを参照)
⑦入稿
⑧CVリンク作成
⑨装飾、画像挿入
⑩公開

 

上から順に、解説していきます。

 

①執筆する記事のジャンルを決める<コンテンツSEO>

Webサイト運営において、サイトのジャンルを決定することは重要です。Googleの方針を顧みれば、多すぎるジャンルを扱うWebサイトの評価は低くなりやすいのです。ジャンルを決めないと、思い付きで記事を書くことになります。結果、読者もついてこずに、収益にもなりません。

 

まずは真っ先にWebサイトのジャンルを決めましょう。特に理由がない限り、Webサイトのテーマは絞りましょう。

 

ジャンルの例:
・育児ブログ
・転職ブログ
・筋トレブログ

 

今回は、VODジャンルのWebサイトを構築する前提で話を進めていきます。

 

ウェブサイトの構成を作る

ジャンルを決定させたら、どのような記事で収益を発生させて、どのような記事でアクセスを呼び込むか、大体の大枠を決めます。

 

 

例えばVODのウェブサイトを作る際には、執筆する記事の種類を大きく2つに分類することができます。

 

1.VODそのものの紹介記事(評判、価格、タイトル、比較)
2.VODにて配信されている映画や漫画の記事(作品タイトル)

 

VODの場合はどちらのケースでも収益化が可能です。

 

 

前者ならVODについて解説した後にアフィリエイトリンクを貼り、
後者なら作品タイトルについて紹介した後にアフィリエイトリンクを貼り付けます。

 

 

また、それぞれの作品タイトルには「①VODそのものについて紹介した記事への内部リンク」を貼り付けます。
そうすることで様々な恩恵を得ることが可能になるのです。

 

 

コンテンツSEO
画像中段のコンテンツ部分には、「VODそのもの」についての紹介記事を置き、画像下段のコンテンツ部分には、「VODが配信している作品タイトル」についての紹介記事を置いて、内部リンクさせます。

このようにすることでウェブサイトの構成が明確化され、Googleから評価されやすくなったり、ウェブサイトの滞在時間が伸びたりするのです。

 

必ず構成を練ってから記事の執筆に入ってください。

 

 

 

②キーワードのボリュームを調べる

 

ウェブサイトのジャンルを決めて、サイトの構成も決まったら、執筆するべきキーワードのボリュームを調べます。

 

 

ボリュームとは、月間検索数のことです。
今回はVODサービスの1つである「Hulu」を例に解説します。

 

【追記】

検索ボリュームを調べることで、そのキーワードで検索上位結果表示される難易度を調べることが出来ます。
基本的にアフィリエイトで収益を得るためには、出来る限り難易度の低いキーワードから記事を執筆していき、時間経過に応じて難易度の高いキーワード(競合サイトが多く、強いキーワード)を執筆していきます。

 

難易度を図る一つの指標こそが「検索ボリューム」です。
月間検索数の多いキーワードほど、競合サイトが多く、上位表示難易度は高いです。戦略的に記事を書く必要があります。

 

 

さて、さっそく検索ボリュームを調査しました。

 

 

【調査に利用したウェブサイト】
Ubersuggest-無料キーワード調査ツール-

 

コンテンツSEO

 

ご覧の通り、「Hulu 料金」というキーワードの検索ボリュームは9900回/月ほどありますね。
このキーワードはビッグキーワードと呼ばれる、検索キーワードの中でも月間検索数が多いものです。それゆえ、SEO難易度は高いので、最初のうちはアクセスを見込むことができないでしょう。

 

対してこちらのキーワードは、

コンテンツSEO

480回/月と、先ほどと比べると検索ボリュームは少ないです。
かなり上位表示させやすいキーワードになっていて、記事の書き方次第ではすぐにでも上位結果表示を狙えるキーワードになっています。

 

 

このようなキーワードのことをスモールキーワードと呼び、
サイト立ち上げ期はこのキーワードを狙って執筆していくべきです。

 

補足:ロングテール戦略とは
スモールキーワードを狙って執筆し続けて、
ウェブサイトのアクセス数の底上げを狙う手法を「ロングテール戦略」と呼びます。

 

執筆するべきキーワードをあらかじめリストアップしておく

キーワードによって検索ボリュームが異なることが理解できたと思いますので、「ユーザーによって検索されることが想定できる」全てのキーワードをリストアップしておき、それぞれについて検索ボリュームを調べておきましょう。

 

 

あらかじめ調査した検索ボリュームをリストアップしておくことで、次に書くべき記事の優先度が目に見えるようになります。

 

 

キーワードのリストアップは、人間の脳だけでは無理があるので、ここでも便利なツールを利用します。

 

【キーワードのリストアップに便利なツール】

ラッコキーワード

 

 

 

上記リンクを開いたら、自分が執筆したいキーワードのうち、最も抽象的な概念を調査させます。(今回は Hulu 一語を調査)

 

調査結果がこちらです。

コンテンツSEO

 

何やらたくさん出てきましたね。

 

ここでは、画面右側真ん中の、「全キーワードリスト」を参考にします。

 

全キーワードリストに書いてある語というのは、ユーザーが検索したhuluに関連する全ての検索語です。
このリストを利用して、それぞれについて検索ボリュームを調査し、リストアップしておくことで、ウェブサイトのコンテンツを底上げすることができます。

 

かなり大変な作業ですが、一度やっておけばあとは記事を書くだけになるので、初回だけ頑張りましょう。

 

ちなみに僕は、iphoneのメモアプリで執筆記事の管理を行っています。

 

コンテンツSEO

 

 

こんな感じです。便利ですね。

 

 

③キーワードを決める【Webサイト】

 

ジャンルが決まったら、キーワードを決めましょう。キーワードとは、「検索エンジンで、ユーザーが検索スペースに入力する語句」です。例えば、下記のとおりです。

 

 

・「神奈川 ラーメン おすすめ」
・「スマホ 格安 2019年」
・「中古車 買取」

 

コンテンツSEO

なぜキーワードを決めないといけないのか

結論として、「読者を満足させるため」です。具体的には下記の通り。

 

 

例:「神奈川ラーメンのおすすめ20選」について記事を書く場合

・キーワードを認識したうえで、記事を書く:
読者が満足しやすい。なぜなら、そのキーワードで検索してくる読者のために、記事を書いているから。

・神奈川ラーメンについて、思ってることを書く:
読者が満足しにくい。なぜなら、読者ではなく自分のために、記事を書いているから。

 

 

なぜ読者を満足させる必要があるのか

結論として、ブログのお客さんだからです。例えば、お客さんを大切にしないレストランは潰れますよね。ブログも同じです。自分ではなく、読者の満足のために書きましょう。

 

 

 

 

④決めたキーワードで、シークレットモードを利用して検索

キーワードの調査が終わったら、実際に記事の作成に入ります。

 

記事の作成の際に考えて欲しいのは、「どのような記事がGoogleによって好まれるか」です。

 

結論としては、Googleの検索結果に上位表示されるためには、Googleに好まれる記事を執筆する必要があります。

 

 

それでは、Googleに好まれる記事とはどのような記事でしょう?

 

 

それは、検索結果に全て書かれている記事です。

 

 

検索結果に上位表示される記事=Googleから好まれる記事なのです。

 

それならば、上位表示されているすべての記事を「参考に」すればいいのです。

 

なぜシークレットモードで検索する必要があるのか

わざわざシークレットモードにブラウザを設定する必要がある理由は、Googleの検索アルゴリズムが原因です。

 

Googleの検索結果は、「検索ユーザーが好む(であろう)情報をピックアップして」表示されています。

 

したがって、シークレットモードでないブラウザの検索結果は、あなたの検索履歴や、インターネットの利用履歴に基づいて最適化されているのです。

 

そのような一種のバイアスがかかっている検索結果を参考にしたところで、Googleの検索上位結果に記事が表示されることは難しいと言えます。したがって、シークレットモードに設定して、キーワードのリサーチを行いましょう。

 

【シークレットモードの設定方法】

Safari:MacのSafariでプライベートでブラウズする
Chrome:プライベート ブラウジング

 

⑤読者の課題を見つける<コンテンツSEO>

 

キーワードが決まったら、読者の課題を見つけましょう。簡単にいうと、「そのキーワードを検索した読者が何で困っているのか」を特定すればOKです。

 

この時、1つのキーワードから可能な限り深く、多くの課題を抽出出来たら良いです。例えば、下記の通り。

 

「20代 転職 不安」というキーワードの場合
・そもそも20代で転職してもいいのか?
・20代で転職して良い会社に行けるか?
・20代で転職したら将来のキャリアはどうなるのか?

 

 

このように、「20代 転職 不安」というキーワードの裏側に、複数の種類の課題が隠れています。これらを全て丁寧に拾って、記事で解決してあげましょう。

 

 

⑤記事構成を決める<コンテンツSEO>

 

次に、記事構成を決めてあげましょう。記事構成とは、「記事の設計図」です。具体的には、下の4項目を書けばOKです。

 

記事構成:
①記事タイトル
②導入文(リード文)
③目次
④見出し2

 

 

順に解説します。

 

 

①記事タイトルを決める【記事構成】

読者の課題を見つけたら、それに合わせて記事タイトルを決めましょう。

 

 

この記事だと「【初心者OK】Webサイトの書き方の全手順をまとめました【完全解説】」にあたります。記事タイトルは超重要なので、しっかり書く必要があります。もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。

 

【朗報】Webサイトの記事タイトルを作る方法を解説します【保存版】

 

②導入文(リード文)【記事構成】

導入文を書きましょう。結論としては、下記の手順で書けばOKです。

・読者のペルソナを書く
・読者の課題を書く
・記事で課題を解決する旨を書く
・課題を解決できる根拠を書く

「ペルソナって何?」と思った方向けに、少し解説します。

 

【補足】ペルソナ(persona)とは:
ユーザー像のことです。年齢、性別、居住地、職業、役職、年収など、その記事の読者にあてはまる特徴を簡潔にまとめましょう。
(参考元:https://ferret-plus.com/8116)

 

 

要するに、「記事のターゲットはこんな人です」と示せばOKです。ちなみに、この記事の場合は「Webサイトを始めた人」です。これを書くことで、読者が「自分のことだ!」と感じて記事をじっくり読んでくれるようになります。

 

 

 

導入文の書き方に話を戻します。例えば、20代向け転職ブログで「20代 転職 不安」について書く場合は、下のとおりです。

 

20代向け転職ブログで「20代 転職 不安」について書く場合:

20代で転職したい人(読者のペルソナ)
「はぁ・・・疲れた。今の会社は上司が最悪だし、将来性もないなぁ。早く転職したいけど、20代で転職しても上手くいくのかな。すごく不安です。どうしたらいいですか? (読者の課題を書く)

 

こういった疑問に答えます。(記事で課題を解決する旨を書く)

 

 

私は外資系大手企業で働いています。20代で2回転職しましたが、実際に有名大手企業から多数の内定を頂きました。(課題を解決できる根拠を書く)

 

今回は「20代で転職できるかどうか不安に感じる理由とその対処法」を解説します。(記事で課題を解決する旨を書く)

 

 

 

ざっくりこんな感じです。他にもいろんな導入文がありますよ。自分で書きやすい型を覚えればOKです。

 

 

③目次【記事構成】

目次をつけましょう。結論として、下の3パターンがあります。

・テーマの目次機能を使う
・プラグインを使う
・自分で作る

 

 

順に解説します。

 

 

テーマの目次機能を使う

結論として、テーマには目次を自動で設定する機能が付いています。COCOONの場合は、管理画面の「cocoon設定⇒目次」でOKです。見出しのどのレベルまで表示するか、なども決められますよ。

 

 

プラグインを使う

結論として、「Table of contents plus」がおすすめです。入れて設定するだけですぐ使えます。

 

 

自分で作る

この記事だと「✔もくじ」と書いた後に、手書きしています。

 

【補足】目次の使い分け

「結局どれを使えばいいの?」ってなった方向けに解説します。結論は、「読者にとって最適なもの」を選びましょう。例えば、5000文字までの記事なら手書きの目次、それ以上はプラグインで作る、といった感じです。

 

 

自分なりに決まりを作っておくと楽かもです。

 

④見出し2【記事構成】

最後に、見出し2を作成しましょう。

 

「見出し」とは:
記事を小さな文章の塊ごとに分けたときに、それぞれの塊を説明したもの。

 

 

ブログ記事というのは、複数の見出しから成立しています。WordPressで見出しを書く時のポイントは下記のとおりです。

 

 

⑴見出し1は使わなくてOKです。
なぜなら、記事タイトルがH1として設定されているからです。
⑵数字の小さい見出しの下に、数字の大きい見出しを置きましょう。
例えば、見出し2の下に見出し3が収納されます。
⑶見出しの数字を連続させましょう。
例えば、見出し2の下に見出し4を置いてはいけません。

 

 

 

分かりにくいと思うので、画像で解説します。サンプルとして使うのはこの記事です。

【完全保存版】中小企業が参考にしたいWebマーケティングの成功事例

 

下の赤線部分は記事タイトル(見出し1)です。

コンテンツSEO

 

 

下の赤線部分は見出し2です。

 

 

 

下の赤線部分は見出し3です。

 

コンテンツSEO

 

記事構成の実践編

ここまで記事構成の作り方を解説しました。具体的には、下の4項目です。

①記事タイトル
②導入文
③目次
④見出し2

 

それでは、1つ具体例を挙げてみます。例えば、先ほど例に挙げた「20代 転職 不安」なら、下記のような記事構成になるでしょう。

 

 

 

例:「20代 転職 不安」というキーワードで書く場合の記事構成

 

【完全保存版】20代の転職が不安な理由と解決方法を解説【体験談あり】

20代で転職するか迷っている人「今の会社をもう辞めたいです・・・。早く転職したい。でも、転職できるかどうかが不安です。どうしたらいいですか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

私は、大手外資金融で働いています。20代で2回転職し、今の仕事に就きました。今回は「20代の転職が不安な理由と解決方法」について実体験をもとに解説します。

 

✔もくじ
・そもそも20代で転職してもいいのか?
・20代で転職して良い会社に行けるか?
・20代で転職したら将来のキャリアはどうなるのか?

 

見出し2:20代の転職が不安な理由と解決方法を解説
見出し2: そもそも20代で転職してもいいのか?
見出し2: 20代で転職して良い会社に行けるか?
見出し2: 20代で転職したら将来のキャリアはどうなるのか?
見出し2:まとめ

 

このように、記事構成をしっかりと決めてしまえば、あとは文章を入れていくだけです。

 

④上位1~5記事を参考に、記事の枠組みを作成する

それでは実際に、上位表示されているウェブサイトを「参考に」します。

 

ただし、丸パクリは絶対にNGです。

重複コンテンツとみなされ、そもそも検索結果に表示されません。

 

【競合記事のリサーチに便利なツール】

ヘッドラインチェッカー

 

 

⑤入稿

枠組みをもとに、記事を書いていきます。

 

この時、SEOに沿ったライティングを行ってください。詳しくは下の記事で解説しています。

【2020年最新版】Webマーケティングの手法「SEO」を徹底解説しました

 

 

⑥CVリンク作成

最後にCVリンクを挿入していきます。ポイントは下の3つです。

①無料をアピール
②リンクは青い太文字で
③CVしやすい場所に張る

この基本を必ず守ってください。

 

⑧公開

記事を公開しましょう。その後、Google Search Consoleでフィッチさせましょう。

 

 

 

 

⑸実際に記事を書く

 

次に、記事を書きましょう。「やっとか・・・」と感じた方もいるかもです。とはいえ、もうほとんど完成したようなものです。というのは、ここまでで下準備は終わっているからです。後は、記事構成に沿って記事を書きましょう。

 

 

⑹記事を装飾する

いよいよ仕上げです。見出しを整えて、画像を入れていきましょう。

 

注意点としては、「著作権フリーの画像を使うこと」です。

 

Google画像検索でコピペするのは、著作権侵害になりますよ。

 

その結果、記事が上位表示されなくなるケースが多いです。注意しましょう。対処法として、著作権フリーの画像サイトを利用しましょう。例えば、下のサイトはおすすめです。

https://o-dan.net/ja/

 

また、アイキャッチ画像については、Altタグを挿入しておきましょう。

 

具体的には、下記の2つを行えばOKです。

・見出しを付ける
・画像を入れる

 

見出しは、記事投稿画面から設定できます。具体的には、下の画像のとおりです。記事構成で決めたとおりに見出しを設定しましょう。

 

コンテンツSEO

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

【注意点①】読者のために記事を書く<コンテンツSEO>

結論として、自分ではなく読者のために記事を書きましょう。

なぜなら、自分のために書く記事は、読者にとっては価値がないからです。具体的には、下記のとおりです。

読者のために書く:ブログ
自分のために書く:日記

 

逆の立場で考えてみてください。他人の自己満足な記事を、あなたは読みたいでしょうか。多分、読みたくないはずです。

 

【注意点②】読者の課題を解決する【Webサイトの記事の書き方】

読者の課題を解決しましょう。

ここでいう課題とは、悩み事や困りごとを指します。例えば、下のような感じです。

 

課題:
30代男性会社員です。近ごろ、抜け毛が気になります。抜け毛に気づくのは、髪を洗っているときや、起床時の枕を見たときです。20代ではありえないほどの毛が抜けており、愕然としました。前髪から少しずつ髪が薄くなってる気もします。どうしたらいいですか?

 

「うわ・・・生々しい」と感じましたか。でも、これが人間です。こういった生々しい課題を、自分の記事で解決してあげましょう。すると、価値が生まれます。その価値が回りまわって収益につながります。

 

読者の課題を解決するには、下の3つを考えればOKです。

 

⑴だれの
⑵どんな悩みを
⑶どうやって解決するのか

 

先ほどの課題について記事を書くと、例えばこういった感じです。

 

⑴だれの:
30代男性会社員

⑵どんな悩みを:
抜け毛と前髪の後退

⑶どうやって解決するのか:
・頭皮をいたわるシャンプー方法を紹介
・髪に優しいシャンプーを紹介
・効果抜群な育毛剤の紹介

 

ここまで分かれば、あとはスラスラ書けそうですよね。

コンテンツSEO

【注意点③】結論をまず書く<コンテンツSEO>

 

 

結論をまず書きましょう。

 

なぜなら、その方が読者のためになるからです。

 

 

日本人は忙しいです。なので、ブログ記事を読む時間は奪い合いになります。結果、「冗長な記事」「何が言いたいのか分からない記事」は読まれません。

 

 

そして、結論から書くには訓練が必要です。参考として、「冗長な文章」を「結論から書く文章」に修正してみます。

 

 

冗長な文章(BEFORE)
先日、家電量販店で炊飯器を選んでいました。やっぱりシャープの炊飯器は最高ですね。以前から、保温機能が使いやすいものが欲しかったんです。それと、見た目がシンプルです。値段もそう高くいないので、良い感じですね。本当は別のメーカーのものも考えてました。実際、店舗で見たらびっくり。どれも大きすぎでした。その点、シャープは程よい感じでした。炊飯器を探している方には、シャープの炊飯器がおすすめです。

結論から書く文章(AFTER)
炊飯器はシャープがおすすめです。理由は下の4つです。
・保温機能が使いやすい
・見た目がシンプル
・値段がお手頃
・サイズが程よい

 

 

多分ですが、下の方が読みやすいはずです。文字数は3分の1になってます。

 

 

結論から書くときの注意点

ここで1つ注意です。結論から書くのは効果的ですが、弱点があります。それは「冷たい印象を与えやすい点」です。対処法としては下記のとおりです。

 

 

・やわらかい表現を使う
・ブログのデザインを丸くする
・ブログのアイコンを笑顔にする

 

 

正しいことを書いても、読者に煙たがられては損ですよね。バランスを大切にしましょう。

 

コンテンツSEO

【注意点④】理由を書く<コンテンツSEO>

 

 

理由を書くことで、文章に説得力を持たせましょう。

 

使いやすいのは下の表現です。
・「なぜなら」
・「その理由は」
・「というのは」

 

間違った理由を書かない

当たり前ですが、間違った理由は書いてはダメです。というのは、理由が間違っていると、他の文章全てが怪しくなるからです。例えば、下記の通り。

 

 

オーク杉で作られたベッドは安眠できます。なぜなら、オーク杉から「安眠ホルモン」が出るからです。

 

 

結論として、2文目は完全な嘘です。確かに、読者の一部は信じるかもです。しかし、この嘘の理由に気づいた読者は二度と戻ってこないでしょう。

 

 

なぜなら、他の文章から他の記事にいたるまで、全ての信頼性がなくなるからです。

 

 

無茶苦茶な理由を書くくらいなら、理由を書かない方が好印象です。

 

【注意点⑤】具体例を示す<コンテンツSEO>

具体例を使いましょう。

 

「言ってることは何となくわかるけど、100%の理解や納得に繋がらない」という場合は、具体例が足りない場合が多いです。

 

例えば、下記のとおりです。

 

具体例がない文章:
地盤が割れることで地震が起こることがあります。

 

具体例がある文章:
地盤が割れることで地震が起こることがあります。例えば、クッキーにフォークを差し込んだら、全体にひびが入って真っ二つに割れたことはありませんか?それと同じ現象が、地面でも起きるのです。

 

 

下の文章の方が、納得感がありますよね。

 

 

情報元を示す(引用・参考・出典)<コンテンツSEO>

情報元を明確に示しましょう。

 

というのは、読者とGoogleの両方からの信用につながるからです。

 

 

読者は、記事の情報が正しいかどうか、常に不安です。実際、「この情報は根拠あるの?」という記事がネットには多いですよね。だからこそ、情報の根拠を示してあげると良いです。すると、信用してもらえます。

 

 

そして、Googleからも信用されやすくなります。発リンクにSEO効果があるとは明言されていませんが、SEOの専門家たちは「ある」と判断しています。私も同意見です。

 

なぜなら、質の高い引用資料・参考資料を使うことは、明らかに読者に貢献しているからです。(参考:発リンクのSEO効果)

 

コンテンツSEO

【注意点⑥】情報の質を上げる【コンテンツSEO】

情報の質を上げましょう。

 

結論として、下を行えばOKです。

・読者の知りたい情報を網羅する
・最新の情報を書く
・追記する

 

 

自己紹介で権威性を示す<コンテンツSEO>

自己紹介で権威性を示しましょう。

 

権威性とは:
他人に「この人の言ってることは正しい」と思わせられる性質の事
(参考:Google公式資料

 

 

権威性があると、読者は記事の内容を信じてくれやすくなります。例えば、下の記事のどちらが信用に値するでしょうか。

 

権威性がない記事:
今回はダイエットのやり方について解説します。

権威性がある記事:
管理衛生士です。健康的で効果抜群のダイエット手法を12年間研究しています。実際、このやり方で6か月で20kg痩せました。今回はダイエットのやり方について解説します。

 

 

おそらく、下の記事の方が納得しやすいはずです。

 

権威性を示すときのポイント

結論として、下記を守りましょう。
・記事に関連する権威性を示す
・記事の冒頭で示す

 

記事に関連する権威性を示す

記事に関係する権威性を示しましょう。例えば、ダイエットの記事で「弁護士です」というアピールをされても困りますよね。

 

なぜなら、ダイエットと弁護士には関係がないからです。記事に関係のある分野で権威性をアピールしましょう。

 

記事の冒頭で示す

真っ先に示すことが大切です。なぜなら、読者は権威性がないとわかると、すぐに離脱するからです。真っ先に権威性を示して、読者の信頼を勝ち取りましょう。

 

【注意点⑦】スマホでも読みやすく書く<コンテンツSEO>

結論として、スマホでも読みやすい記事を意識しましょう。というのは、Googleがスマホ対応したコンテンツを推奨しているからです。

 

 

Google ではモバイルフレンドリーなコンテンツを引き続き推奨しています。
(引用元:Googleウェブマスターライン)

 

 

対処法としては、下記のとおりです。

 

・長文を書かない
・文章のかたまりを作る
・適度な余白を作る

 

 

【注意点⑧】1つのキーワードで1記事書く<コンテンツSEO>

結論として、1つのキーワードに対して1記事書きましょう。というのは、カニバライゼーション(共食い)を防ぐためです。

 

 

カニバライゼーション(共食い)とは:
複数の記事が、同じキーワードをめぐって競合することです。
(参考:https://webtan.impress.co.jp/e/2019/06/17/32978)

 

 

つまり、下のようなパターンはNGです。

・複数のキーワードについて1記事を書く
・同じキーワードについて複数記事を書く

 

 

カニバライゼーション(共食い)がNGな理由

結論として、SEO的に悪影響だからです。Google検索エンジンが混乱してしまい、どの記事を検索上位に上げるか混乱してしまいます。やめましょう。

 

【注意点⑨】キーワードを含ませる<コンテンツSEO>

結論として、狙うキーワードを下の3つに含ませればOKです。

 

⑴記事タイトル:必ず含ませる
⑵見出し:可能なら含ませる
⑶本文:少し意識すればOK

 

 

これにより、そのキーワードでの検索順位が上がりやすくなります。ただし、注意したいのはバランスです。具体的には、下記の通り。

 

 

・キーワードを入れまくる:読者は読みにくい
・キーワードを入れない:Googleが認識しない

 

丁度良いバランスを見つけて、読者の読みやすさを維持しましょう。

 

ちなみに、「記事タイトルの書き方」については下の記事で詳細に解説しています。

【朗報】Webサイトの記事タイトルを作る方法を解説します【保存版】

 

コンテンツSEO

【注意点⑩】良い見出しを書く<コンテンツSEO>

見出しにはこだわりましょう。なぜなら、見出しで記事の質がほとんど決まるからです。具体的には、下のポイントを守りましょう。

 

 

・見出しだけで記事全体が把握できる
・見出しだけでも文章が成り立つ
・見出しにキーワードが含まれている

 

 

【注意点⑪】文章以外も使う(画像・動画・表・ツイート)<コンテンツSEO>

結論として、下記の使い方でOKです。

 

画像:イメージを伝えたいとき
動画:解説動画を用いたいとき
表:複雑な事柄を説明したいとき

 

 

Youtube動画の埋め込み方を解説します

結論として、下記の手順でOKです。

 

⑴Youtube上の操作:「共有」⇒「埋め込む」⇒「コピー」
⑵WordPress管理画面上の操作:「テキスト」から貼り付け

 

ツイートの埋め込み方を解説します

ツイートを埋め込む方法も解説します。

 

⑴Twitter上の操作:
「右上のマーク」⇒「ツイートを埋め込む」⇒「copy code」

⑵WordPress管理画面上の操作:
「テキスト」から貼り付け

 

コンテンツSEO

【注意点⑫】管理画面で記事を書かない<コンテンツSEO>

 

管理画面の保存し忘れで記事が消滅するからです。私は1万文字消えた経験があります。対処法としては、記事制作ソフトを用いて、記事毎に保存しておきましょう。

 

 

私の場合はこんな感じに、記事毎にフォルダ保存しています。これなら、万が一サーバー上のデータが消えても、記事は残ります。

 

記事制作ソフトは何を使ってもいいですが、私はWORDを使っています。定番ですね。

 

 

ここで注意です。WORDだけ使いたい場合は、サブスク版よりもパッケージ版がお得ですよ。なぜなら、パッケージ版は「だましだまし古いバージョンを使う」という作戦が使えるからです。一方、サブスク版は支払いを辞めたら即使えなくなります。

 

私はパッケージ版を愛用しています。

WORD(パッケージ版)

 

 

よくある質問に答えます<コンテンツSEO>

コンテンツSEO

ここでは、よくある質問に答えていきます。

 

 

よくある質問:ぶっちゃけ手順を飛ばしたらダメですか?

結論としては、手順は飛ばしちゃダメです。厳しいことを言ってしまい、すみません・・・。その気持ちは私もわかります。1つの記事を書くたびに、こんなに大変なことをするのは、面倒くさいですよね。

 

 

ただ、手順を踏まないのは実は非効率なんです。というのは、下記の通り。

 

 

⑴手順を踏まずに適当に書く
⑵記事の質が低いので読まれない
⑶やる気がなくなる

 

 

「さすがにそこまでは・・・」と感じましたか?

 

 

しかし、実はよくある話なんです。何を隠そう、私も初心者の頃は思いつくままに記事を書いては、読まれずに苦しんでいました。

 

 

慣れてきたら自然と脳内でできるかもです。ただ、初心者の内は全ての手順を踏んで書いた方がいいです。適当な記事を1時間で書くより、良い記事を8時間で書いた方が良いですよ。その努力は絶対に報われます。

 

 

よくある質問:読者のために記事を書くのが辛いです

下の2パターンのどちらかだと推測します。

⑴もっと自分を出したい
⑵読者のためを思えない

 

⑴の場合は、徐々に出していけばOKです。まずは読者のために書きつつ、たまに自分の個性を出しましょう。読者に対する貢献が十分にされていれば、認めてもらえるはずです。

 

 

⑵の場合は、ジャンルを変えた方がいいかもです。心のどこかで、「読者と自分は違う」とおもっていませんか?

 

 

私は、読者に対して「全力で貢献させてください」という気持ちで書いています。なぜなら、Webサイトが大好きで、それを頑張ろうとしている人たちを尊敬しているからです。

 

 

「読者と自分の心の距離を近づけたい。こんな読者だったら友達になりたい。」と思えるような、自分に合ったジャンル選びがおすすめです。

 

 

まとめ<コンテンツSEO>

コンテンツSEO

 

お疲れ様です。今回は「コンテンツSEOにおける記事の書き方の全手順」を解説しました。

 

 

ここまでの内容は、実はかなりレベルの高い内容を書いています。手順に沿って書けば、読者に読まれる記事を効率よく書くことができますよ。ぜひ実践してみてください。

 

Web本舗では「Webマーケティングに関する記事」を書ける方を募集しています。品質が良ければ、高単価で継続発注させていただきます。特に、収入を安定させたいアフィリエイターさんにおすすめです。下のリンクから、お気軽にお問い合わせください。

https://web-honpo.com/inquery/

 

コンテンツSEO

 

 

 

 

\たった60秒で完了します/京都 webマーケティング 強い おすすめ 会社

次へ

-SEO対策

© 2022 Powered by AFFINGER5